仕事が憂鬱で眠れなくて辛い人がコーチングで解決する方法まとめ(19記事+4つの動画で解説)

この記事は仕事が憂鬱で眠れなくて辛い現状を打開したい人向けのページです。

 

当サイトは仕事が憂鬱な人達がコーチングを使って現状を打破して人生を楽しむコツを19記事+4つの動画で分かりやすくまとめてます。

コーチングを使って人生を変えるための「準備編」、「具体策」、「解説動画」の3つのカテゴリーに分けたので、それぞれ好きなカテゴリーから気になる記事や動画をタップしてください。

 

➡気になるところから読む

仕事が憂鬱で眠れなくて辛い人がコーチングで解決するポイント:準備編

仕事が辛い毎日を変えたい場合、正しいマインドの使い方が出来ることは必須です。

なぜなら僕たちの人生(思考、行動、選択)はマインドの状態で決まるからです。

そしてまずは準備としてあなたが身を置いてる状況を把握することから始めることが大切になります。

現状を把握することで、こらから自分が何をすべきか?が明確となり、現状を打開するための具体的な行動に移しやすくなるからです。

仕事が憂鬱な人が嫌々働き続けて失うもの

コーチングではまずは「現状把握」が大事になります。

「なぜ憂鬱で辛い仕事を解決する方向に動けないのか?」というと、「イヤイヤ働き続けたらどういう人生になってしまうのか?」という未来が見えないからです。

つまり知ることが出来れば、これから自分が取り組んでいくべきことは何か?が明確になります。なのでまずはいまの生活を続けた結果、起こりうる未来を把握することから始めましょう。

仕事が憂鬱な人ほど捨てるべき3つの価値観

コーチングを使う上で大切なのは「意識に上げること」です。つまりあなたが仕事が憂鬱だと思うようになった根本的な原因を把握することで、解決策を取る事が出来るようになります。

仕事が憂鬱な人ほど無能感を感じて生きてることが多いです。なぜ無能感を感じて仕事が辛くなるのか?というと、間違った価値観を正しいと思いこまされてるからです。

なのでまずは仕事が憂鬱になる人ほど持ってる「捨てるべき3つの価値観」を把握しましょう。

サラリーマンはモチベーションが上がらないのが当然である理由

「職場で働くモチベーションが上がらない」と悩む方もたくさんいると思います。ですが、サラリーマンはモチベーションが上がらなくて当然なんです。

そもそもモチベーションとかやる気は自然と湧いてくるものなので、サラリーマンが仕事やりがいを考えた時点でアウトです。

なのでこの記事では仕事をするうえでモチベーションを上げるよりも重要な視点についてお伝えします。

仕事が憂鬱で辛い人はいまいる環境が間違ってる可能性が高い

人は大きな可能性を秘めています。だけど才能が発揮できるかどうか?は環境に左右されます。

つまり仕事が憂鬱で眠れないくらい辛いと悩むあなたがやるべきことは、いま身を置いてる場所を疑い、才能を発揮出る場所に移る事です。

そしてそれが出来るのは過去の実績やいまの能力ではなく、「私は環境を変えることが出来る人間だ」という評価を自分にする事です。

この記事ではコーチングを使う上で、あなたが今いる環境を変えるためのポイントについて解説しました。

仕事行く前の朝の憂鬱な気分を克服する4つの方法

仕事で憂鬱な気持ちになって落ち込んでいる事にあなたに対して「物事は悪く考えれば悪くなるし、良く考えればよくなるよ!」と言葉をかけてくる人がいると思いますが、根本的な解決にならないのが困りどころです。

とはいえ、そのまま朝の憂鬱感に襲われたままでは心が不安定になり、精神的に参ってしまう事になりかねません。

なのでそういうときこそ、脳機能をフル活用して、元気を取り戻してほしいと思い、「仕事行きたくない・・・」と憂鬱な気持ちになっていた時に、実際にやってみて効果があったものを動画解決もつけて4つ書きました。

社会のレールに乗る真面目な人ほど人生が辛くなる

僕たちが「正しい」「正しくない」と判断するときは、かならず自分自身の中に「正しい価値基準」が存在しています。そして人生が辛くなる人の特徴はマジメな人です。

真面目とは自分の中に軸がなく、世間的な正しさや価値観を鵜呑みにして消耗してる人のことです。

そして世間的な正しさや価値観は幻想となり、社会のレールはぶっ壊れてる世の中で僕たちは生きています。なのでコーチングを使って真面目な自分を変えることが、仕事が憂鬱で眠れない毎日を打開するために必要な事になります。

現状維持は楽だといわれるけど、実はメチャクチャしんどい

「同じ毎日を繰り返している人は楽をしている!」というのは、世間の常識だしよく耳にします。

確かに無意識が「今の自分の環境が居心地がいい!」と思ってるから現状維持を選ぶけど、それは「単に慣れてるだけ」でエネルギーは使ってます。それもメチャクチャ浪費して。世の中激変してるのに、流れに逆らって生きるのは案外しんどいんですよね。

なのでコーチングの観点から解決するための糸口について解説しました。

給料が低い原因は資本論に既に書いてある

仕事で憂鬱になる人の中には「給料が低い」という悩身を持ってる方も多いですが、「給料は労働力を生み出すコスト」という視点で考えるといいです。

そして給料が低くなる理由は、既にマルクスが残した資本論に書かれてるので、資本論を読み解きながら、やりたくない仕事で消耗出来ない社会において年収を上げるコツについて説明しました。

サラリーマンはどんなに頑張っても搾取されると知れば働き方を変えることが出来る

仕事が憂鬱になる原因として「どんなに仕事を頑張っても給料に反映されない」という悩みを持ってる人は多いのではないでしょうか。大切なのは、ルールであり構造を知ることです。そして労働者になるという事は搾取とセットであり、搾取は合法です。(サービス残業などの労働基準法違反は除く)

資本主義において経済が回っている日本で、あなたがサラリーマンとして会社にやりがいを持って働くのはいいと思いますが、「どんなに優秀であっても」「どんなにやりがいがあっても」「どんなに会社に貢献しても」結局のところ、サラリーマン(労働者)は「会社に搾取されている」ということは理解したほうがいいです。

やりたくない仕事で我慢してる人は既に才能を持っている

「いまの生活を改善してやりたい事をするには元々才能をもってないと無理だ」と悩む人もたくさんいますが、実はやりたい事をやる才能は既に持ってます。とくに仕事が憂鬱で眠れない毎日を過ごしてる人ほど高い能力を獲得しています。

この記事では「やりたくない仕事を我慢してやってる人は既に才能の塊を持ってるよ!」というテーマでまとめました。

仕事が憂鬱な毎日を打開した後の世界を知ると解決するモチベーションが湧く

働きたくない仕事をするのはデメリットでしかない時代において、仕事が憂鬱で眠れない毎日を送るのはすごいもったいないです。

コーチングではゴールを達成した自分のリアリティを高めることがマインドを正しく機能させる重要なポイントになりますが、現状を打開できないと悩む人の多くは、辛い毎日を変えた未来象にイメージが持てないという事です。

なので今回の記事ではぼく自身が仕事が憂鬱で辛い状態を打開して手に入れた6つの大切なものについて書きました。あなたの未来にたいするイメージを高められればと思います。

仕事が憂鬱な毎日解決するコーチングの方法:具体策

ここからはコーチングを実践して仕事が憂鬱な毎日を解消するための具体的なポイントについて詳しく書いてある記事をまとめました。

ゴール設定

あなたがどういう人生を歩むのか?はゴールによって決まります

僕たちは「自分のゴール(目標)にとって必要なものしか選択できない」という絶対条件があります。スコトーマ(心理的盲点)という必要なモノ以外を見えなくする機能が存在します。

意図的にゴールを設定しないと、昨日までの現状を維持し続ける事になります。そしてつまり仕事が憂鬱で眠れない毎日を送る事になるという事です。

なので脳の働きから考えた「正しいゴール設定」の5つのポイントをマスターすることで、あなたの人生を根本から変化させていきます。

エフィカシーを上げる

エフィカシーとは「ゴール達成の為の自己能力の自己評価」と言います。近いニュアンスだと「根拠のない自信」「確信」です。

つまり「仕事が憂鬱で眠れない毎日を打開して楽しい人生を創る能力がある」という評価を自分にする事であり、「私なら最高の未来を実現できる」という確信を持つことです。

ほとんどの人は手段や方法に執着しますが、そんなものはどうでもよくて、あなたが未来を確信できるかどうか?にすべてがかかっています。

なのでコーチングでは過去や現状に縛られない柔軟な発想が出来るようになり、想像が使いないほど人生を変えることが出来るようになるわけです。

自尊心を高めて主体的になる

コーチングを使って「ゴールを設定してやりたい事だけやる」「エフィカシーを高めて最高の未来に確信を持つ」。頭では分かるけど、なかなかやりたい事も分からないし未来思考になれない。。。

そんな場合は自尊心を高めて主体的になれるマインドに整える必要があります。この記事では自尊心の高め方について解説しました。

やりたい事が分からないなら、やりたくない事&辞めたい事を明確化する

「やりたい事を考えましょう」と言われても、そもそも自分が何がやりたいのか分からないと悩む方も多いと思います。いままで自分の本音にフタをして我慢して生きてきたので、いきなり真逆の発想をしろと言われても出来ないのはしょうがないです。

なので僕がクライアントさん達にお伝えしてる方法は、「やりたくない事&辞めたい事」をとにかく書き出すことです。そうすることによって徐々にやりたい事が明確化してきます。

コーチングから考える三日坊主になる2つの原因と正しい克服方法まとめ

仕事が憂鬱で辛い毎日からコーチングを使って新しいことに挑戦しようとするけど続かず三日坊主になることがあると思います。実はコーチングから考えると三日坊主は根性や性格ではなく、単にマインドの使い方が間違っていただけなんです。

ということでこの記事では三日坊主の原因とコーチング的解決策について解説しました。

無気力状態を克服するマインドのコツ

コーチングを使って憂鬱な毎日から理想的な未来に向かって歩む続ける最中に、無気力状態になる場合もあるかもしれません。

そういう時は世間では「気合いが足りない!」「根性がない!」「精神が脆い!」と怒られますが、やる気が湧かない原因も実はマインドの使い方を変えるだけで無気力状態から脱出することが出来るようになります。

この記事では「無気力状態を克服するためのゴール更新の重要性とゴールを捨てる大切さ」について書きました。

仕事が憂鬱で辛い毎日から逃げてはダメだと悩む人へのアドバイス

「今の辛いけど、大の大人が逃げるなんてダメかもしれない」と悩む方も多いと思います。だけど「戦略的撤退」という言葉もあるように、逃げるのは適切な行動です。むしろ働き方も価値観も多様化している現代社会おいて、逃げることは恥ではなくなりつつあります。

この記事を読む事で、あなたの中にある「逃げてはダメだ」という思い込みがなくなり、自分を責めることなくやりたい事に向かえるようになれば嬉しいです。

批判や悪口が怖い人が知るべき事実

やりたい事をすると必ず悪口を言ったり批判してくる人が出てきます。そして今の日本では、ちょっとしたことでも異常に叩く人達が目立っています。

「他人に批判ばかりする人や自分への悪口が怖くてやりたい事に踏み出せない」と悩んでいる人多いと思います。ほとんどの人は批判に対して「自分が悪い」と思いがちですが実際はちがいます。なぜなら批判や悪口というのは言っている本人の防衛反応だからです。

なのでこの記事では「悪口を言ったり批判して来る人に負けない為の2・6・2の法則」についてまとめました。

 

仕事が憂鬱な毎日を解消するコーチング動画

僕のYouTubeではコーチングに仕事を合わせた内容も配信していますが、ここでは仕事が憂鬱な毎日を解消するコーチング動画ということで紹介します。

この職場が続かないとどこ行っても通用しないは嘘。世の中そんな狭くない!

「いまの仕事を辞めたらどこ行っても通用しない」という常識は嘘だ。ということを解説しています。

苦節10年 嫌な会社の仕事を続けてもスキルは身につかないい事実

「嫌な仕事を我慢して働いても何も手に入らない」ということを解説しています。

仕事で失敗続きで落ち込み憂鬱で辛い人が知るべき事&挫折を乗り越える方法

「失敗した!」と思って落ち込んでる人が挫折を乗り越えるコーチング的な考え方を解説しています。

仕事を続けるか悩む人は職業と仕事を分けて考えてみよう

コーチングではゴールが大事ですが、「仕事を続けるか悩む人は職業と仕事を分けて考えてみるといいよ!」ということを解説しました。

※ほかの3つの動画より音量が大きいです。

セルフコーチング初心者向けページはこちら

※セルフコーチングをこれから始める方に向けて入門ページを作成したので、コーチングを実生活に落とし込みたい方は下のページをクリックしてください。

▼いつもシェアありがとうございます!今回もぜひ▼

マインドをアップデートする動画コンテンツで週1配信。詳しくは下のリンクから登録してください。

→詳細が気になる方はこちらをクリック

パーソナルコーチング

私が「コーチングを使って、好きな事だけする人生を生きる!」と言った時、みんなに笑われ否定されました。

でもコーチングを実践し続けて、生き方そのものを変えると、、、

あなたも、今の悩みを全て解消しながら、未来に確信が持てるようになり

100%Want toで自由に楽しく生きるマインドを手に入れたくありませんか?



ABOUTこの記事をかいた人

森昇/Shou Mori

のべ数十万人に読まれてるブログの著者&YouTubeチャンネル運営者。岐阜県生まれ岐阜在住。社畜奴隷解放クリエイター。マインドコーチ、中小企業コンサルコーチ、陸上短距離100m200m実業団・プロ・指導者向けの専門マインド&テクニカルコーチ、プロコーチ養成講座の講師とサポートなどしてます。
⇒詳しいプロフィールはこちら!

⇒LINE@はじめました!