やりたくない仕事を我慢してやってる人は既に才能の塊を持ってるよ!

こんにちは、森昇/Shou Moriです!

 

心の底からやりたい事をしたいけど自分には才能がないから、やりたくない事を我慢して続けてる人は多いのではないでしょうか。

 

僕もむかしは

「心の底からやりたい事が出来る人は才能がある人だけだ!」と思ってたし

「仕事はやりたくない事もあって辛くても我慢するものだ」と本気で思い込んでました。

 

コーチングと絡めて情報発信をやって3年目になり、最近では新しくサイトを移転させてブログを書いたりしてますが、多くの方から質問や相談をいただくようになりました。

 

質問や相談を受けている中で多いのが

私は心の底からやりたい仕事をしたいけど、能力がないから行動に移せない。だからやりたくない仕事でも我慢する必要があるんです。

ということです。

 

確かにぼくも2015年まではやりたくない仕事を我慢してやり続けて毎日憂鬱な気分で生きてたので、その気持ちは痛いほど分かります。

 

でも実は、やりたくない仕事を我慢してやり続けてる人は既に「才能の塊」を持ってるんですよね。

 

 

やりたくない仕事を我慢して出来るくらい精神力が高い

嫌々働いている人って、メチャクチャ忍耐力というか精神力が高いんですよね。

 

なぜかと言うと、ぼくたちの脳には「苦痛を避けて快楽を求める」という性質がDNAレベルで備わってるからです。

 

つまり、ぼくみたいに(社会的に)忍耐力がない人間はどんどん会社を転職したり、一つの事を極めにくいため、技術の習得に時間がかかったりします。

ちょっと上手くいかないとすぐに投げ出してしまうのも特徴です。

 

だけど忍耐力がある人は、一度決めたことをこなそうとします。

確かに「周りの目を気にして~」という他人依存はあるかもしれません。

だけど、苦痛を避けるという本能を抑え込むくらい前頭前野を働かせることができるし、忍耐力が強いわけです。

 

そして技術の習得というのは結局のところ

どのくらい長く実践したのか?という「費やした時間」が重要なので、みかたを変えると忍耐力がある方が長い目で見ると大成しやすいんです!

 

そして長い間(だいだい3年以上)やりたいくない仕事をして我慢してる人は、間違いなく高い忍耐力と精神力が備わっています。

 

なぜなら、忍耐力がない人はさっさと見切りをつけて中途半端に辞めてしまうから。

 

人間って、あと少し続けてれば結果が出たのかもしれないのに、我慢が出来ないから成果が出る直前で辞めてしまうことが結構あるんですよね。

 

そういう意味でも、「苦痛を避けて快楽を求める」という脳の性質にあらがって、長い間イヤイヤ働くことが出来る理由は

能力が低いわけではなくて、あなたの忍耐力・精神力が高いから

ということをまず知っておいてください。

 

 

やりたくない仕事を我慢しつづける高い忍耐力と精神力を既に持ってるから、やりたい事・好きな事を仕事にすると一気に開花する

何か成果を出そうとしたときに、必ず最初は思った通りに結果が出ないものです。

 

どの分野も最初は継続と忍耐が必要不可欠。

モノゴトはやった分だけ成果が出るような気がしますが、それはファンタジーの世界だけです。

実際は↑上の図のように、しばらくは低飛行し続けます。

だけどやり続けていくと、ある時に一気に成果がでる瞬間が来る。

それはゲシュタルトの再構築が行われた時であり、コンフォートゾーンが新しいゴールに移行した時とも言えますが、必ずタイムラグがあるということです。

 

つまりあなたが持っている忍耐力は、「成果を出そうとする時に必要な要素であり土台」です。

 

そして土台となる力を、あなたは既に持っています。

 

確かに愚痴を言ったり、気持ち的に沈むこともたくさんあると思いますが

土台の部分はしっかりとしているため、

嫌々働く職場でもなんとか耐えることが出来るし、素質としては十分な物を持っています。

 

だけどあなたは、自分の能力を発揮できないように、自分自身を束縛しているんですよね。

 

なぜかと言うと、ぼくたちの脳は自分がやりたい(Want to)と思った事にしか、能力を開花できないようになっているからです。

 

同じ仕事でも、「あの人すげぇ!」って人がいると思いますが、そういう人はやりたい事だから圧倒的な成果を出すことが出来ているわけです。

 

だからこそあなたに必要なのは、能力を手に入れる事ではなくて自分自身が身を置く場所を変える事です。

 

あなたは無能じゃない!仕事が辛くて憂鬱で苦しい理由は身を置く場所を間違えているからだ!にも書きましたが、能力や精神力・性格じゃなくて、身を置いてる環境に問題があるだけです。

 

必要な能力や才能は、やりながらついてくるもの

ぼく自身、会社を辞めて独立しましたが、最初は何もビジネススキルを持っていませんでした。

マーケティングも
ライティングも
セミナーやイベントの集客方法なども

なにも持っていない状態からスタートしましたが、

やっていくうちに覚えることが出来たし、人に教えることが出来るくらい上達もしています。

 

会社を辞める前に、マーケティングの本やライティングの本を読んでもちんぷんかんぷんでした。

だけどいまでは使うことが出来ています。

 

出来るからやりたい事になるわけじゃなくて、やりたい事をやり続けた結果出来るようになるわけです。

 

いままでぼくが実感をしたのは、どんなに事前に準備をしても、実際にやって身につける事には全くかなわないということです。

 

そしてコーチングセッションを受けたクライアントさんの行動も見ていると、最初は知識もスキルも十分じゃなかったし人によっては全くなかったけど、やっていくうちに自然と見についてるんですよね。

 

いろんな人が変わる瞬間をまじかで見て、必要な物はやってると勝手に身につくんだなあという確信を持っています。

 

そして知識やスキルを習得する時に大事なのが、「どんなに成果が出なくても、やり続けることができるのか」ということです。

 

つまりそもそも前提として、やりたい仕事をしてもちょっと上手くいかなくて辞めるくらいじゃ上手くいかないってこと。

 

そういう意味でも、高い忍耐力と精神力を得ているあなたは前提条件をクリア済みということです。

 

あなたはすでに、大きな可能性を持っている

嫌々働いている人は高い忍耐力と精神力を持っているし、最初はどんなに上手くいかなくても続ける事が大事。

 

周りの人や社会の仕組みに才能がないと思わされているだけで、あなたはすでに高い能力を持っているいます。

 

嫌々働こうが、好きな事で働こうがどっちみちストレス(やりたい事で出るストレスは良いストレス)はあるし、忍耐力は必要なんです。

 

ぼくが「嫌々働くなら1日でも早くやめろ!」って言ってるのは、せっかく素晴らしい才能を持っているけど、それを腐らせるのはもったいないからです。

 

というわけでまずは一歩を踏み出す意味でも

あなたは既に才能を持っていて、心の底からやりたい事を仕事にしたほうが、

今の自分とは比べ物にならないくらい成果を出すことが出来るし、

人生を楽しく生きることが出来ることは覚えておいたほうがいい。

 

そしてあなたの中にある才能の塊を腐らせることが

あなたの人生はもちろんのこと、日本社会全体から見ても大きな損失だ!

ということも覚えておいてください。

 

もう一度書きますが、あなた自身で自分を蔑まなくていいですよ!

あなたは既に才能の塊ですから!正しく目標設定をして、身を置く環境を変えていきましょう!

↓記事の解説動画↓

動画:コーチング 嫌な仕事をしてる人はすでに才能を持っている

 

以上、やりたくない仕事を我慢してやってる人は既に才能の塊を持ってるよ!…でした!
森昇/Shou Moriより

 

仕事が憂鬱な毎日を解消するヒントを得たい方はこの記事がおススメ!
仕事が憂鬱で眠れなくて辛い人がコーチングで解決する方法まとめ(19記事+4つの動画で解説)

 

↓次におススメの記事はこちら!↓

慣れない事で体調崩す理由と無限に才能を広げるコーチングのコツ。コンフォートゾーンを広げてチャンスと可能性を増やそう!

2018.06.06

▼いつもシェアありがとうございます!今回もぜひ▼

マインドを上手に使えるようになりたい人向けコーチングLINE@です。気楽に登録してください!

パーソナルコーチング

私が「コーチングを使って、好きな事だけする人生を生きる!」と言った時、みんなに笑われ否定されました。

でもコーチングを実践し続けて、生き方そのものを変えると、、、

あなたも、今の悩みを全て解消しながら、未来に確信が持てるようになり

100%Want toで自由に楽しく生きるマインドを手に入れたくありませんか?