コーチングでエフィカシー(自己能力の自己評価)を高める3つの方法まとめ

こんにちは!森昇/Shou Moriです!

エフィカシーが上がらなくて自己否定や自己嫌悪に陥り、悩みが解決できなくて落ち込んでしまう人は多いのではないでしょうか?

 

今回の内容はコーチングの重要な要素である「エフィカシー」についてです。

 

エフィカシーとは「ゴールに対する自己能力の自己評価」のことで、自分で自分の能力や評価を勝手に決める事を言います。

近いニュアンスでは「根拠のない自信」であり「確信」、「自己肯定感」だと思ってください。

 

例えばエフィカシーが上がると、

します。

 

今までクライアントさんや質問者から出てきたエフィカシーの話題は、大きく2つに分けることができます。

  1. エフィカシーの上げ方がわからない
  2. エフィカシーを他人に下げられて困っている

 

今回はこの2つを解決して、あなたのエフィカシーが上がるポイントについてお伝えをします!

セルフコーチング実践上達への道

★セルフコーチング実践入門ロードマップ★ 

そもそもエフィカシーの定義とは何ぞや

僕の近くに教科書があったのでそこから引用します。

エフィカシーとは、「自己能力の自己評価」のことだ。

社会的に成功しているかどうかは全く関係なく、「自分が自分の能力をどう評価しているか」が重要なのである。

ノーマルな人は、自己能力の自己評価が常識の範囲内に収まっている。いわゆる、フツーの人だ。 (P.156)

 

要するに

森昇/Shou Mori
エフィカシーを上げるのも下げるのも、あなた自身で決めていいんだよ!

ってことです。

 

他人からの評価(客観的な価値基準)なんて全く関係ないということ。

 

例え客観的な評価では低いと判断されても、「オレはすげぇヤツだぜっ!」って思えば、エフィカシーは高いということです。

 

なんでも祈り求めることは、すでにかなえられたと信じなさい。そうすれば、その通りになるであろう。

『新約聖書』-マルコによる福音書(マルコ伝)・第11章24節

未来を確定させることです。そしていまを生きること。それがエフィカシーです。

 

エフィカシーの高い人は、オレじゃなくて社会(現実)が間違っていると思う

もっと言うなら、例えば就職で不採用になったとしたら

森昇/Shou Mori
あの会社は自分の本当の価値を理解できていないなんてものすごい利益を上げるチャンスを失ったな。オレの価値を本当に理解できる会社をまだ探すことができる!

とか

好きな人に振られたら

森昇/Shou Mori
自分の魅力に気付くかずに振るなんてなんて奴だ!付き合わなくてよかったわ。もっと素敵な人と付き合おう!

とか

結果が出ない時は

森昇/Shou Mori
オレの結果をちゃんと評価出来ない社会の価値基準が間違っている!

など、

 

エフィカシーを上げるならこれくらい「オレはすごい奴だ!」って思っていいってことです。

 

もちろん現実逃避の言い訳に使うんじゃないですよ?

 

出来なかった理由や上手くいかなかった理由をちゃんと把握した上で、「それでも現実は間違ってる!オレのゴールの方が正しい」と本気で思ってもいいということ。これが大切です。

エフィカシーを上げるのも下げるのも、あなたしかできない

なぜなら僕たちは、普通の価値基準がぶっ壊れている時代に生きてます。

そして他人からの押し付けや脅迫じゃなくて、自分なりの幸せ、価値基準を自由に創ることができる社会に生きているからです。

嫌々働けず好きな事しかできない社会になるけどあなたはどんな生き方をしたい?

2017.08.09

 

そこを理解できないと「エフィカシーが他人に下げられた!」と思ってしまうわけです。

なのでまずは、エフィカシーを上げるのも下げるのもあなたしかできないということをまず理解しておきましょう。

 

エフィカシーを上げるのは大企業に入るよりもはるかに簡単!

大企業に入ることは難しいと言われています。

 

だって偏差値が高い関東の大学生を対象としている会社がほとんどだし

ウン万人いる就活生の中から内定を勝ち取らないといけなし

何よりそこまで行くのに莫大な教育費を費やさないといけないから

ある程度両親が稼げる人が対象となってきます。

 

ほとんどの人からしたら無理ゲーじゃないでしょうか。

 

だけどエフィカシーは大企業に入るのと違って超簡単!

 

なぜなら自分自身の能力を自分で評価すればいいからです。

 

今この瞬間から

森昇/Shou Mori
オレはすげぇ奴だぜ!

って思うだけでいいわけです。

 

ねっ。超簡単でしょ?

 

たったこれだけで、自分のエフィカシーを上げることができるんですよ。

 

そしてエフィカシー(自己肯定感)低い天才は凡人に成り果てる。どんなに高い能力がある人でも例外はないにも書きましたが、僕たちは既に天才的な才能を持ってますが、エフィカシー(自己肯定感)を下げされてる状態です。

まずはそのことに気づき、現状を正しく認識するところから始めましょう!

 

エフィカシーの高さは何で決まる??

今までの中で、エフィカシーを上げるのも下げるのもすべて自分自身だという話をしました。

 

じゃあ自分自身のによって上げ下げが決まるのかというとぼくたちのゴールでありセルフトークによって決まります。

 

なぜならエフィカシーとは「ゴールを達成するための自己能力の自己評価」だからです。

 

なのでもし「エフィカシーが上がったけど、気づいたら同じ日常を送ってた、、、」という人は、ゴールが低い今の自分を変えなくても達成できる現状維持のゴールなので、今すぐゴールを設定し直す必要があります。

 

 

あなたが使う言葉は、ゴールよって決まる。

そしてセルフトーク(自分自身に語り掛ける言葉)は、ゴールによって変わってきます。

 

ここでいうゴールは、あなたが「こうしたい!」という理想世界だけではありません。

 

あなたの無意識が正しいと思っている、臨場感が高いゴールが、あなたにとって正しいゴールです。

なぜなら僕たちの脳は、「臨場感が高い方を現実だ」と判断するから。

 

そしてあなたが認識できる言葉は「ゴール」によって決まるので、

「どんな言葉を受け入れ・使うのか?」をコントロールすることが、ゴールの臨場感を上げるコツでもあります。

 

つまりはゴールの高さはもちろんの事、ぼくたち自身がどんな言葉を自分自身に認めているか?

これが「エフィカシーの上げ下げを決める根本でもある」ということです。

 

注意:傲慢・自己中=エフィカシーが高いじゃない!

「エフィカシーを高くしましょう!」というと、傲慢になったり自己中心的な人になったりしますが、これはエフィカシーの認識を間違えています。

 

さっきもお伝えしたように、エフィカシーの高さとはゴールの高さによって決まります。

 

コーチング的なゴールについては、絶対抑えたい5つのコツ!苫米地式コーチングゴール(目標)設定のやり方をプロコーチがまとめました!にまとめてありますが、

ゴールの高さとは、抽象度の高さによって決まります。

 

抽象度が高いゴールは、より多くの人を幸せにするものです。

つまりゴールを高くするほど、自己中ではなく利他的な行動をとるようになります。

 

エフィカシーが高い人とは、自分の幸せにするけど周りの幸せも考えて行動できる人のことを言います。

 

もちろん、抽象度の高いゴールを目指すと

「そんなん出来るわけないじゃん!」

「夢見過ぎ」

などと批判する人が出てくるし、そういう人達からは自己中なり傲慢に見えるかもしれません。

 

だけど大切なのはゴールです。

批判してくる人達からの評価が必要であれば受け入れればいいけど、そうでない場合は評価されないくらいがちょうどいいです。

 

エフィカシーを上げるには、身の程を知る

動画:コーチング入門 まず最初にやるべきは現状把握と意識に上げる事

 

なにごとも第一歩は現状を把握することから始まります。

 

エフィカシーを上げる上で大事なことも、まずは現状把握であり身の程を知ることです。

 

  • ネガティブなら、ネガティブな思考を把握する
  • 無職なら、無職な自分を把握する
  • デブなら、体重計載って現在値を把握する
  • 借金返済に苦しんでるなら、その状況を把握する
  • 結婚生活が苦痛なら、その気持ちと状況を把握する

 

これこそ上達するためのシンプルな方法であり、現状把握する瞬間は辛くて苦しいですが、あなたはまだまだ良くなるってことです。

 

そうして本音に向き合いつつ現状を把握しつづけていくと、あなたの本音を押し込めていた蓋がぶっ壊れて自分に対して素直になれます。

現実から目を背ける方がエフィカシーが低い

ちなみに現状把握はエフィカシーを下げる行為ではないです。

 

「いまの自分の現状と本当の自分を知ることが怖くてできない」という方がエフィカシーが低い。

 

だけどあなたは恐、いかもしれないけどいまよりもハッピーになる為に前に進もうとしているから、たとえ目の前に広がる現実世界が幻想だとしても、それはゴールに向かう為の過程にすぎません。

自分にはこれが足りないと正しく認識することは、ゴール達成の確率を上げる

ちなみに「身の程を知る」というのは大事です。

それだとエフィカシーが下がるとか言う人は、エフィカシーの定義から学び直したほうがいいです。

 

盲信はエフィカシーではありません。

 

自分にはこれが足りないと正しく認識することは、ゴールに向かうためには必須であり、ゴールを達成する確率を上げます。身の程を知れば、改善の方向性が見えてきます。

まさにMasteryの道です。

 

 

どんな人でも1日4~6万回、耳元でネガティブな言葉をかけられたらエフィカシー下がるよね?

  • 「自分なんて能力のない人間だ」
  • 「私はこの程度の人間」
  • 「自分の好きなことをして生きてはいけない」

 

こういう言葉を何気なく受け入れると、それがセルフトークとなってあなたの身体の中をぐるぐると回っていきます。

 

人間は1日4~6万回もセルフトークを行っていると言われていますが

もし、4~6万回の多くをネガティブなセルフトークを回しているとしたらどうでしょうか?

 

間違いなく、エフィカシーは低い状態です。

 

そしてどんなに周りが励ましたり、目の前にチャンスがあったとしても

「私には無理だよ」
「そうは言っても、才能がないから」

と諦めたり、一歩を踏み出せなくなってしまいます。

 

これが多くの人が陥っている現象です。

 

批判社会に生きているから「言葉」は注意深く選ぶ必要がある

なぜなら、ぼくたちは生きている間の多くを他人から批判にさらされているからです。

 

「あなたには才能がない」
「そんなことをしても無駄だ」云々

 

ぼくたちが生きている社会は常にエフィカシーを下げる言葉で充満していて、「どの言葉を選んでいくのか?」を注意深く意識しない限りは、ほぼ100%エフィカシーが下がります。

 

あなたはもっともっと出来るはずだし、もっとやりたいことをやってもいい。

 

だけど他人の無責任な言葉によって、あなたの人生を狂わされているわけです。

 

こんなに無責任で悲しいことはないけど、事実として僕たちは他人によって無自覚に支配されています。

 

セルフトークのコントロールは自己防衛である

なのでまずは、セルフトークを意識的にコントロールしていくことが大事です。

 

つまりは「あなた自身で受け入れる言葉を選んでいく」ということです。

 

  • ネガティブなセルフトークをコントロールする
  • ネガティブな言葉を受け入れない

まずはこれを徹底して行ってください。

 

確かに今までの生きて無自覚にネガティブなセルフトークをしていたわけなので、最初はなかなか変化を感じないと思います。

 

だけどこればかりは根気よくやると決めて最低でも3か月はコントロールを続けてください。

 

こうやって意識して変えていかない限り、マインドのプロであるコーチでさえも「気が付いたらネガティブなセルフトークを回してエフィカシーを下げていた!」なんてことになるケースも意外と多くあります。

 

なのでエフィカシーを上げたいのであれば、セルフトークのコントロールは意識して行ってください。

 

まだムダな自己啓発にお金を払っているの?

よく自分に自信がないからといって、高額な自己啓発のセミナーにお金を払う人がいます。

 

1回くらいなら勉強にもなるしいいとは思いますが、何度も何度も中には借金までして、高額な自己啓発セミナーに足を運んでしまう人がいます。

 

そういう人は100%エフィカシーが低い状態であり、自分以外の価値基準で物事を考えてしまっているから、時間もお金も消費してしまって辛い思いをすることになるわけです。

 

僕は自己啓発は心のビタミン剤と言っていますが、いい気分になれるのはその時だけ。

 

あなたが気持よくなれるような言葉を浴びせされるけど、根本的にエフィカシーの低さは変わっていないから、時間がたてば元の自分に戻る。

 

「あんな高額なセミナーを受けたのに変わらなかった。自分ってだめな奴なんだ」って落ち込んでしまう。

 

これが非常に残念でもったいない!
はっきりいって時間とお金が無駄になっています!

 

そんなものにお金を払わなくても、今まで話てきた通り

  • 「俺ってすごい奴だ!」って自分の能力を自分で決める。
  • 他人の評価や言葉ではなく、セルフトークをコントロールして自分で自分を褒める。

 

これがエフィカシーを上げるただ一つの方法であり、もっとも手軽な方法です。

 

さぁエフィカシーをあげていこう!

3つの方法をまとめると

  1. ゴール設定
  2. 現状把握
  3. セルフトークのコントロール

 

ここまで読んでくれた人ならエフィカシーについて理解してくれたと思いますが

 

もう一度いいます。

森昇/Shou Mori
エフィカシーを上げるのも下げるのも自分自身で決めていい!

他人の評価なんて気にしなくてもいい!

これを忘れないでください。

ここまで読んでくれているあなたなら、絶対にエフィカシーを上げることが出来ますから。

再生リスト:エフィカシー(自己能力の自己評価)を上げる方法&コツ

以上、コーチングでエフィカシー(自己能力の自己評価)を高める3つの方法まとめ…でした!
森 昇/Shou Moriより

 

セルフコーチング実践上達への道

★セルフコーチング実践入門ロードマップ★ 

 

↓次のおススメ記事はこちら!↓

絶対抑えたい5つのコツ!苫米地式コーチングゴール(目標)設定のやり方をプロコーチがまとめました!

2017.09.11

人生を変える内部表現の書き換え方法とコーチングが効果ある理由とは?

2018.07.06

エフィカシーに根拠はいらない!コーチング受けて気付いたら個人事業主になってた話!【コーチングを受けた感想】

2017.09.23

▼いつもシェアありがとうございます!今回もぜひ▼

マインドを上手に使えるようになりたい人向けコーチングLINE@です。気楽に登録してください!

パーソナルコーチング

あなたは他人の顔色を窺って、自分を騙して生きなくていい。

もし、あなたが以前の私と同じように、人生を模索しているのであれば、コーチングマインドを身につけることで打開することができます。

なぜなら、日常の全ての問題はマインドから来ているからです。マインドの使い方に問題がある場合、どんなにいい方法論やノウハウを学び、チャンスが目の前に来たとしても活用できず、時間とお金を浪費するだけの人生になります。

パーソナルコーチングでは、あなたが6回のセッションを受けてマインドを根本から変えることで、何年も悩んだ問題・しがらみを解決して、エネルギーに満ち溢れ、充実感のある幸せな人生を送ることができます。