コンフォートゾーンを移行させて現状を変える

 コンフォートゾーンとは、自分の能力の限界値であり、心地良く感じる空間のことです。年収500万だと、「自分は年収500万が当然」というコンフォートゾーンを持っているし、年収1億だと「自分は年収1億が当然」というコンフォートゾーンを持っています。つまり「どのコンフォートゾーンを持つかで、能力が決まる」ということです。コーチングを使う上で大事なのは、ゴール側の臨場感を高め、コンフォートゾーンを移行させることで、脳に「ゴールが自分らしい」と思わせることです。