なぜコーチングを取り入れると今の悩みや過去の囚われがなくなり思い出せなくなるのか?

こんにちは、森昇/Shou Moriです!

 

ゲシュタルトについての話ですが、コーチングあるあるです。

 

いま悩んでいる事や過去の出来事に囚われてる部分が誰しもあると思いますが、コーチングを愚直に行ったりセッションを受けると、自分がそもそも何に悩んでたのか思い出せなくなるんですよね。

 

コーチングを自分の中に取り入れててマインドをアップデートすると、そもそもの問題が思い出せなくなるんですけど、「なぜか?」という部分をゲシュタルトと絡めて話をしていきます。

 

※この記事は下の動画の加筆修正になります。なのでぜひ動画もみてください!

 

僕たちは自己イメージによって人生を決めている

ゲシュタルトとは何か?というと、知識の集合体です。

別の言い方をすれば、ゲシュタルトとはセルフイメージです。

あなたの自己イメージのことをゲシュタルトといいます。

 

そしてゲシュタルトは、一つしか選択されません。

例えば、会社員(サラリーマン)として働いているゲシュタルト(自己イメージ)と経営者として仕事に携わっている自己イメージは両立できるか?

って言われると両立できませんよね。

 

サラリーマンの視点と経営者の視点は混在できません。

必ずどっちかの視点で仕事や業務、経営について考えます。

 

英語と日本語で性格が変わるように見えるのも、あれもゲシュタルトが一つしか選択できないからです。

 

なのでぼくたちは、世の中を観たり、目の前の人を観たり、ビジネスを観たりするときは、かならずゲシュタルト(自己イメージ)を一つ選んで情報を取捨選択します。

 

つまり、あなたが選ぶゲシュタルトによって見える情報が変わります。

そして見える情報が変わるという事は、「人生そのものが変わってしまう」ということなんですよね。

 

コーチングとは何をするのか?と言った時に、内部表現の書き換えという話をしましたが、

人生を変える内部表現の書き換え方法とコーチングが効果ある理由とは?

2018.07.06

つまり内部表現を書き換えるとは、あなたのゲシュタルト(セルフイメージ)を根本から変えるともいえます。

 

僕たちの現実はリアリティ(臨場感)を基準にする

で、ゴールを設定してその達成しているセルフイメージをいろいろ作っていくわけです。

 

なぜセルフイメージを作るのか?というと、僕たちの脳が現実だと判断する基準は臨場感があるかどうか?にかかってるからです。

つまりリアリティの問題というわけです。

 

そしてコーチングでは、あなたが心からやりたいゴールを達成した自己イメージのリアリティを高める手法を使います。

  • アファメーション
  • ビジュアライゼーション
  • セルフトークのコントロール

を意識して実践することで、

 

あなたの脳に、過去に囚われてたり何かしら悩んでいるあなたのセルフイメージよりも、ゴールを達成した幸せなセルフイメージの方がふさわしいと勘違いさせます。

理論的に脳を騙すのがコーチング的手法

人間の脳は面白いもので、ゴールのゲシュタルトのリアリティが高まれば、ゴール側の自分の世界観の方が自分らしいと思いこみます。

例えば映画や小説に没頭した時に、その世界観が現実だと錯覚しますが、それと感覚的には似ています。

そしてあなたのリアリティに合わせて、コンフォートゾーンという快適な領域がゴール側の世界観に出来ます。

 

過去に囚われてたり何かしら悩んでいるあなたではなくて、ゴールを達成したあなたのリアリティを高めていくと、コンフォートゾーンがゴール側に移行します。

 

そうすると無意識は「あ、今の現実違うな」って錯覚して、

元の自分(ゴール側の世界)に戻るために、

モチベーションを湧き上がらせられたり、達成方法をクリエイティブに創るようになります。

つまりゲシュタルトを1回壊してるんですね。

今のセルフイメージをガラガラと崩して直すの繰り返し

ゴール設定して自己イメージのリアリティを高める過程で、皆さんの無意識にある過去に囚われたり現在悩んでるゲシュタルトを壊します。

ガラガラと崩す感じ。

そうすると人間には必ず、ホメオスタシスという恒常性維持機能が働くので、壊れたものを再構築しようとします。

そうして僕たちは日常を演じ続けてるわけです。

 

崩して直す、崩して直す。それの繰り返しなんですよね。

 

なぜコーチングではゴールとリアリティが大事なのか?

で、人間の面白いのが、直す時に基準になるのがゴールでありリアリティなんです。

 

コーチングでいう現状の外のゴール(非現実的なゴール)を設定して、そちら側のリアリティを高めておくと、バラバラになったゲシュタルトがゴール側に集約されます。

 

※ほとんどの人が持ってるゴールのイメージと、僕たちコーチのゴールのイメージはコインの裏表くらいの差があります。ここでいうゴールとは、科学的であり認知ベースのゴールです。詳しくは下のリンクを参考にしてください。

絶対抑えたい5つのコツ!苫米地式コーチングゴール(目標)設定のやり方をプロコーチがまとめました!

2017.09.11

つまりあなたがコーチングを取り入れると、新しいゲシュタルト(自己イメージ)を獲得できるようになるわけです。

 

そしてあたらしいゲシュタルトと何か?というと

あなたがいま悩んでる事や過去に囚われているそのセルフイメージを根本からなくして、問題を解決してる状態が当たり前のものであり、やりたい事を目いっぱい楽しんでるセルフイメージになります。

 

つまりあなたが最高に人生を楽しんで生きてる世界観のことです。

そして僕たちの脳は、そちら側にリアリティがあると現実だと認識します。

 

そうすると、そもそも悩んでいた事や囚われてる事がスコトーマ(心理的盲点)に隠れて認識できなくなるんですよね。

 

リアリティがないから認識できなくなっちゃうわけですよ。

新しいゴールを設定することによって。

 

なのでセルフコーチングを愚直に実践したり、

コーチングを受けてコーチに無意識を思いっきり変えてもらうと、

そもそもその何で自分が悩んでたのか?が思い出せなくなります。

 

そしてそれは魔法でもなんでもなくて、脳の機能を利用しただけであり、新しいゲシュタルトが作られたからです。

悩んでる事とか過去の囚われていることよりも、心からやりたいゴールの方が大事になるから。

 

つまり悩んでる暇がないっていう感じになるんですよね。本当に。

ゴールが大事すぎて、

昔のことなんかどうでもよくね?

ってな感じになるんです。

 

だからこそあなたがコーチングを人生の中に取り入れてもらうと、本当にいまの悩みや囚われが意味で解消できるし、

いまのあなたから考えると「ちょっと無理でしょ」「ちょっと面白そうだけど無理でしょ」

っていうゴールの方が大事になるから、

脳がクリエイティブに働いて、気がついたら思いっきり現場変わってるんですよね。

 

どっちのリアリティ(臨場感)を基準にしているのか?を吟味して選ぶことがコーチング上達の秘訣

僕のコーチングの感想動画とか見てもらった人は分かると思いますが、まったく別のことやってたり、活躍するステージそのものが変わってたりします。

 

もちろんあなたも全く違う自己イメージが持てようになるので、コーチングは非常に強烈なツールということを知ってほしいなと思います。

 

そしてコーチング理論通りにゴールを設定して、そっち側の自己イメージにリアリティーが持ちにくい状態の時は、

  • ソワソワしたりとか
  • イライラしたりとか
  • 不満になったりとか
  • 不安になったりとか

世間的に見たらネガティブだと思われる状況に陥ることがあるけど、実は非常に良い状態なんですよね。

 

コーチングを使ってゲシュタルトを壊すと、あなたの無意識が「今の自分」か「ゴールの自分」のどっちを選択しようかな?と揺らぐ状態になります。

そしてリアリティがある方を選択して、そこに現実を合わせていきます。

 

だからこそあなたがコーチングを取り入れた中で、ネガティブ状態に陥ることが普通にあると思いますが、

それはあなたの無意識が根本から変化してる過程なので心配しなくて大丈夫だし、

「よしよし、私は変化してるな!素晴らしい!」と歓迎してほしいです。

 

「あぁ、来たよ来た」みたいな感じ(笑)

 

病気じゃないし、別の言い方をすれば成長痛みたいなものなので、ネガティブなモノが出てきたら変化してるあなたを素直に認めてあげてください。

 

その上で「元の自分に戻るか?それとも理想的な自分になるのか?どっちに行きたいのかな」とあなた自身で方向性を選択してみてください。

 

あとはコーチングセッションを受けてるならコーチに委ねて、ゴール側のセルフイメージとリアリティを創るお手伝いをしてもらう。

そうしてゴール側にリアリティが高まってくれば、あなたの脳は勝手に新しいゲシュタルトを作るようになります。

 

コーチングを使えば使うほどあなたのマインドは変わりゲシュタルトが新しいものに変わり、現実が変わる。

 

なのであなた自身、楽しんでコーチングに浸ってほしいと思って、この動画を終わりにします。

ぜひ参考にしてみてください。それでは!

※この記事は下の動画の加筆修正になります。なのでぜひ動画もみてください!

以上、なぜコーチングを取り入れると今の悩みや過去の囚われがなくなり思い出せなくなるのか?…でした!
森 昇/Shou Moriより

 

↓次のおススメ記事はこちら!↓

【コーチング3か月目】過去に興味がなくなり悩んでた事が思い出せないくらいゴールに没頭してる話

2017.10.20

生まれ変わったらより「いま何をしたいのか」を考えよう。コーチングでマインドを書き換えた方が手っ取り早い。

2018.07.11

▼いつもシェアありがとうございます!今回もぜひ▼

マインドを上手に使えるようになりたい人向けコーチングLINE@です。気楽に登録してください!

パーソナルコーチング

あなたは他人の顔色を窺って、自分を騙して生きなくていい。

もし、あなたが以前の私と同じように、人生を模索しているのであれば、コーチングマインドを身につけることで打開することができます。

なぜなら、日常の全ての問題はマインドから来ているからです。マインドの使い方に問題がある場合、どんなにいい方法論やノウハウを学び、チャンスが目の前に来たとしても活用できず、時間とお金を浪費するだけの人生になります。

パーソナルコーチングでは、あなたが6回のセッションを受けてマインドを根本から変えることで、何年も悩んだ問題・しがらみを解決して、エネルギーに満ち溢れ、充実感のある幸せな人生を送ることができます。