セルフコーチングが上手くなるコツは自分の下手さに気づいてほめること

こんにちは、森昇/Shou Moriです!

 

物事のすべてに当てはまりますが、上達のファーストステップは自分の下手さに気づくことなんですよね。

そしてこの法則は、セルフコーチングの上達にも当てはまります。

 

セルフコーチングをもっと上手に使えるようになりたいなら、実践するなかでセルフコーチングが使えてない自分に気づくことが大事です。

 

ぼく自身コーチングを実践し続ける中で、いろんな気づきや得たものをシェアするなかで

「投稿内容見て勇気が湧きました!」とか

「コーチングの説明が理論的な分かりやすいですね!」と

「YouTubeやLINE@動画を見て、新しい気付きを得ることができました!」などなど

嬉しい言葉をいただくことがあります。

 

だけど、そもそも僕はセルフコーチングを一度挫折したし、

ブログや動画を投稿する時に、そもそも何をシェアすればいいか分からなったし、

誤字脱字も多かったです(それは今でもかな笑)。

 

だけど人間って面白いもので、やればやるほど上達していきます。

失敗は上手くいかない方法が分かっただけだし、下手なのは上手くなる伸びしろしかないわけですよ。

 

セルフコーチングが上手い人も最初は下手だった

どんなにセルフコーチングが上手に見える人や、マインドを上手に使って第一線で活躍している人も、最初はみんな下手でした。

 

いまの状態になるまでに、そうとう試行錯誤を繰り返して、過去の自分よりもレベルアップしてます。

いきなりレベル1から100まではいけないんですよね。

 

だけどその過程をしらずに上手い部分だけ見てる人は、「昔も上手なんだ。やっぱ成功者は私とは違うな~」と先入観を持っていますが、そうではありません。

 

「上手なあの人と私とは違うなぁ~」とは、相手への冒涜であり、自分に対して言い訳であり、現実逃避であり、自己否定してるだけにすぎません。

 

セルフコーチングの下手さに気づくためには高いゴールが必要

セルフコーチングに限らず、どんなことでも最初は誰でも上手くできません。

 

イチロー選手も最初から野球がものすごい上手だったわけじゃないし、

本田圭佑選手も最初からサッカーがものすごい上手だったわけではありません。

 

始めた当初は、下手だったはずです。

だけど下手さに気が付いて、「これではまずいな。このままではじぶんの夢を叶えることができないぞ」と思い、たくさん練習して世界を代表するまでのレベルになったんですよ。

 

つまり下手さに気づくとは、高いゴールを持つ必要があるという事です。

なのでもしあなたがセルフコーチングが上手く使えなくて悩んでるのであれば、すでに高いゴールを持ってます。

 

まずはその事実に気づきましょう!

 

そして「下手な自分で落ち込むなんて自分らしくなかったな!」とセルフトークを修正して、どんどんコーチングを実践しましょう!

高いゴールを持ち続けて自分に対する要求が高くなると、自然とコーチング理論を学び始め、実践して、フィードバックを取るようになります。

そうしたらコーチングを使う感覚が磨かれ、気づいたら上達してます。

 

最大の失敗は、何もしないこと

もし何かに挑戦しようとして、「失敗したらどうしよう」とか「上手くいかなかったらどうしよう」と思っている人は真面目に考え過ぎです。

 

ぶっちゃけ、今までやったことがないことは思うようにできない可能性の方が高いんですよ。

 

なのでぼくは、クライアントさんやスクール生に、

いいじゃん失敗しても!上手くいかない方法が分かるだけだから!」とよく言います。

 

そうすると面白いもので、「あ!失敗してもいいんだ!」という事実に気づき、上手くいかないながらもどんどん行動してるんですよね。

 

だからこそ

するようになるわけです。

彼らなりに現状の下手さに気づき、失敗してもいいと腑に落ち、高いゴールに没頭した結果ですね!流石^^

 

でも失敗してもいいというのは当たり前のことで、子どもの頃はほとんど失敗してるんですよね。

ハイハイから立つ時とか、転びまくってたと思います(笑)

 

だけど成長して学校のテストを間違えたりや部活動で失敗した時に、笑われたり怒られたりして、

「失敗してはダメなんだ」という刷り込みを受け続けた結果、

失敗することに対する強迫観念というか、ネガティブな刷り込みは入ってるだけです。

 

こういった刷り込みをいいものに変える方法をコーチングでは内部表現を書き換えと言いますが、詳しくは下の記事を参考にしてください。

人生を変える内部表現の書き換え方法とコーチングが効果ある理由とは?

2018.07.06

 

ほんらい失敗とは、上手くいかない方法が分かっただけです。

一番ダメなのは、何もしないこと。これがある意味最大の失敗と言えます。

だって、時間だけが過ぎて結局なにも得ることができないから。

 

だからそんな難しい顔して、できないことについて悩んでも時間だけが過ぎてもったいないから、

「とりあえずやろう」くらいの気持ちで、最初はやればいいです。

 

下手が多いほど行動すれば上手くなるし、人生も豊かになる

それと意外と忘れがちですが

下手なことが多いとほど、行動すれば上手くなるし、人生も豊かになります。

 

RPGみたいなもので、最初は雑魚敵に勝つにも一苦労だけど、

たくさん敵と戦って経験値を稼いでレベルが高くなるほど、

今までじゃ絶対に勝てなかった敵にも勝てるようになるのと同じです。

 

最初は下手でも全然問題なくて、そっからどれだけ数をこなしていくか。

どれだけ行動して経験値を積んでレベルアップしていくかが大事なんですよ。

 

下手に気づいたあなたは素晴らしい!伸びしろですね!

 

下手だからって落ち込む心配は全くなくて、

どんどん数をこなして、昨日よりも何か一つでもいいから上手くなることをを意識してください。

 

千里の道もまず1歩から。って言うじゃないですか。

 

ということでまずはとりあえずやってみて、自分の下手さ加減を知り、セルフコーチングのポイントを3つほど抑えてどんどん行動していきましょう!

 

このブログやYouTube、LINE@動画では、セルフコーチングのポイントをかなりシェアしてるので、それもぜひ参考にしてください。

>>YouTubeチャンネルはこちら!

>>LINE@はこちら!

 

自分以外に言い訳をして何も挑戦しないで時間を無駄にする人よりも、下手な自分と向き合い、日々成長してるあなたの未来は間違いなく明るいですよ!

 

以上、セルフコーチングが上手くなるコツは自分の下手さに気づいてほめること…でした!
森 昇/Shou Moriより

 

↓次のおススメ記事はこちら!↓

「現状維持は楽」は嘘!エネルギーが少ないの嘘。だからコーチングを使ってゴール思考に変わり行動出来る自分になろう!

2017.10.25

セルフコーチング上達したい人こそブログ書こう!マインドの書き換えにおススメ!

2018.07.05

▼いつもシェアありがとうございます!今回もぜひ▼

毎週1回コーチングLINE@限定配信

パーソナルコーチング

私が「コーチングを使って、好きな事だけする人生を生きる!」と言った時、みんなに笑われ否定されました。

でもコーチングを実践し続けて、生き方そのものを変えると、、、

あなたも、今の悩みを全て解消しながら、未来に確信が持てるようになり

100%Want toで自由に楽しく生きるマインドを手に入れたくありませんか?