会社を辞めたマインドコーチが思う困ったこと・良かったことまとめ!

こんにちは!森昇/Shou Moriです!

 会社を辞めてサラリーマンじゃなくなって2年が経ちますが、困ったこと・良かったことをつらつらと書いてみますね。

 

これから会社を辞めてマインドを扱うプロのコーチとして、自由な働き方を目指す人にとってはタイムリーなお話しになると思います。

ということで、「辞めて困ったこと」と「よかったこと」をまとめてみましょう!

 

会社を辞めて困ったこと

社会的信用を一気に失う。信用ゼロからのスタート

サラリーマン(労働者)って、実はすごい信用が強いんです。

例えばお金でいえば、お金を借りたり、家や車を買ったりローンを組んだり、クレジットカードを創ったりする時も。

圧倒的に個人事業主よりも有利になります。

 

個人事業主で稼ぎやよくても「・・・あなた誰?信用無いでしょ?」的な感じで見られてしまいます。

 

特に車や家など大きな買い物をしようとしてる人は要注意。

会社や組織にいるうちに、しっかりと信用を活用して先に行動しましょう。

休みと仕事の区別が曖昧になる

これはいい意味でも悪い意味でも曖昧になります。

 

基本的にネットが常につながってる状態なので、いつでもどこでも仕事が出来るようになります。

都会に住まなくても田舎でも仕事が出来るし、日本じゃなくても海外で仕事が出来る。

 

よくも悪くも、あなたの自由に時間が使えるということです。

 

だからこそ仕事が休みの日でも急な対応を迫られることもあるし、そもそも「休み」という概念がなくなります。

 

つまり仕事とプライベートの境目がなくなるということ。

曜日感覚がマヒするし、「休み」がわからなくなります。

 

組織に勤めてたら必ず代わりの人が存在するし、システムとして人や休んだり退職しても仕事が回るようになっています。これって冷静に考えるとすごいことなんですよね。

 

個人で事業を始める人は、最初はシステムの構築に時間がかかります。

例えばブログやYouTubeで自分がいなくても価値を提供できる状態を創るわけですが、この状態になるまでは結構忙しいです。

 

だけど会社や組織には既にこのシステムがあります。

たしかに不満があるし憂鬱かもしれないけど、自分がいなくても回る仕組みが既にあるのはホントに凄いことだと知っておいたほうがいいです。

 

だから給料制とか有給とかボーナスはいいですよね〜!自由がない分、適当に仕事をしたり休んでもお金が入ってくるわけですから。

個人事業主は休んだり適当にやった分だけ減りますので、精神的なストレスやプレッシャーはかかります。

 

なのでバランスホイールという考え方をもとに、自分の時間を上手く活用していくといいですよ。

動画:バランスホイールの考えかたとコツ 長期的に人生全体を考える

基本ひとりだから寂しい

意外とこれって効くんですよ。

 

やっぱり個人で事業をするわけだから、どうするかはすべて自分で決めることにあります。

だから舵取りは自分。責任も自分。

 

とくに事業始めたての頃は上手くいかない事だらけだし、ブログやYouTubeで情報発信してもほとんど見てもらえません。途中で心が折れそうになることもしばしば(笑)

 

会社や組織に属してた時は、方針を決めるのも責任をとるのも全て上の人がやってくれてました。

 

たとえ不満があったり憂鬱だったり上司や職場のあの人が嫌いだったとしても、あなたは何も決めなくてもよかったし責任も取らなくてよかったわけです。

だけど個人で事業をすると、すべてあなたがやることになる。孤独と戦う時間が増えます。

 

ワイワイできるわけではなく、やるべきことを淡々とこなしながらミッションを遂行していく。そこにはすこし寂しさも感じます。。。

 

まぁだからこそ、人とのつながりの大切さや相手の喜ぶことをしたくなるんですけどね!

お金の管理がシビア

意外と忘れがちですが、お金は稼ぐだけじゃなくて守る力や運用する力も必要になります。

これ知らないというか考えてない人が多すぎる。

 

たくさん稼いだからといって使いすぎると、税金が支払えなくなります。ちなみに滞納すると最悪差し押さえです。

だからこそ税金対策や会計の知識は入れておいたほうがいい。

 

会社では一定の給料が一定の日にちに確実に振り込まれます。

どれだけ成績が悪くても良くても一定。これも組織の強いところ。

しっかりと経営が安定していれば個人個人にかかるストレスは減るわけです。

でも個人では、うまくいかなければマイナスになるし、お金の管理をシビアに守らないとすぐに破綻します。

 

利益や経費、税金などなど。

ほとんどの人が初めてだから、マネーに対する勉強は個人になったら絶対に必須です。

フリーになる前にしっかりと勉強しておくことをお勧めします。

もちろん自分のビジネス分野も勉強しておきましょう。

動画:早い話会計なんてこれだけですよ!岩谷誠治さん著感想

コーチという肩書は武器にならない

やたら肩書や資格にこだわるコーチが多すぎるけど、

 

そんなもん、意味ないからな!

 

そもそもコーチングという業界は、社会的な認知が非常に低い。

なので「コーチです!」といって張り切って相手に話しても、99%の確率で「コーチングって何ですか?」「コーチって何するの?」と言われます(笑)

 

だから、資格を取る事は素晴らしいことですが、認定証には1ミリも意味がないし武器になりません。

 

いろんなコーチング業界にあるような資格を取っても、あまり意味ないです。ホントに。

 

大事なのは「コーチングスクールを卒業してどうしたいか?」という部分。

もちろん知識や技術をつけることは大切ですが、資格を名乗ってお客さんが来るほど世の中甘くないということです。

 

だからこそぼくは「コーチング業界で群れるんじゃなくて、飛び出せ」といつも言ってます。

なぜならコーチング理論は人がいたら使えるので、いろんな分野に応用ができるから。まずこれを理解しましょう!

 

そして資格や肩書ではなく、あなたが生み出した価値で活動をすることをお勧めします。ホントマジで!

 

 

コーチングの用語は理解されない

そもそもコーチングはほとんど認知されてないので、専門用語を乱発しても理解されないです。

 

だからこそコーチには専門用語を分かりやすく言い換える力が必要になりますが、これ自体は自分でコーチングを使いこなして腑におとしてないと無理です。

 

つまりコーチング理論を腑に落として、自分の言葉で相手に分かりやすく説明できれば、活躍できる場所は無限大にあるということです。

 

この事実を抑えておくだけでも、あなたの事業が上手くいく確率が格段に上がります。

 

認知されてないということは、チャンスが広がってるということ。ここを理解しておきましょう!

 

会社を辞めてよかったこと

思い通りのことがすぐにできる!アイディアを形にしやすい環境が手に入る

まず最初に実感すると思います。本当に早く動けるんですよね。

これが個人で動く大きなメリットだと思います。

 

たとえば僕の場合「イベントやセミナーやりたい!」と思ったら、5秒後には開催のランディングページを創り、数時間後には告知をします。

今ではプロコーチ養成講座もやっていますが、これも「やりたい!」と思った数日後に募集ページを創りました。(日程調整で1ヶ月募集がおくれたけど)

 

独立する前はスポーツ関係のサービス業に勤めてましたが、企画から告知をするまでに最低でも半年かかってました。

組織の場合は上からの許可が必要だからどうしても時間がかかるし、上手くいくか分からない事に対してGoサインが出ない可能性もあります。

 

個人の場合は実行するまでのスピードが速いし行動回数が増えるので、経験値が溜まりやすく、スキルも上達しやすいです。

 

ブレーキをかけるのもアクセルを踏むのも自分次第。他人の意見や組織の意見はありません。

 

だからこそやることには責任がついてきます。

失敗も成功も。マイナスもプラスもあなたに100%返ってきます。

会社以外の世界をよく知ることができる

「会社員ってなんて狭い世界だったんだ・・・」と本気で思います。

組織の中にいると、自分が与えられた役割の中でしか物事を考えないから、違う生き方が目の前にあっても気づけないんですよね。

 

会社で働いてた時には絶対に合わない人達と出会い、衝撃を受けることで

労働者という枠やコーチング業界という枠の外にはチャンスが広がってることを知ったし、「こうあるべき」という常識や生き方に囚われてたことに気づけました。

 

本当にいろんな世界があり、ぶっ飛んだお話もたくさん聞けました。

 

だからこそあなたは、業界以外の人と絡む機会を多くすると、世の中の需要がわかりチャンスが広がります。

だって相手はコーチング業界以外の人がほとんどなので、「どんな要望や需要があるか?」は市場に聞いた方が圧倒的に早いからです。

時間も収入も自分次第になる

会社員といえどもアルバイトとして働いていて時給840円でした。そして平成9年以降平均月収は下がり続けています。

 

「頑張って働けば正社員登用もあるよ!」とのことでしたが、しょせん人件費はコストなので、経営者の視点で考えたらいい人材を安く使えたほうがいいに決まっています。

 

なのでぼくはどんなに頑張っても正社員として登用されることはないと思ってましたし、「お前の代わりはいくらでもいる」と言われて確信に変わりました。

 

現段階でも格差が広がってる状況ですが、あと15年もしたら年収100万以下と年収1億以上の超格差社会は普通になると思います。

 

それくらい社会は二分化されつつあるし、労働年数も増えるでしょう。

 

となると、「ずっと会社や組織の一員として給料所得だけで生きるのはきついな」っと思ったのは正直な考え。

 

平成29年版過労死等防止対策白書によると、昨年の総実労働時間は一般労働者が2,024時間・パートタイム労働者は1,050時間ですが個人でやると時間も収入も自分次第でコントロールできます。

 

もちろんリスクはありますが、プラスも大いにありますね。

風邪ひかなくなったし病院にお世話にならなくてもいいくらい健康的になった

嫌々働いてた時は毎年風邪を引いてたし、冬になると乾燥肌がひどすぎて病院で注射してもらったりステロイドを処方してもらってましたが、いまでは「風邪?病院?何それ?」というくらい健康的になりました。

 

ホントにこれはびっくり!

 

コーチング理論を学ぶ上で分かった事なんですけど、体調不良や怪我って無意識のSOSなんですよね。

ストレスが溜まって(この場合は苦痛のストレスであり負わなくていいストレス)、無意識的にいまの仕事が嫌だと思った結果、僕たちは体調不良や怪我という現象を起こして辞めさせます。

 

これを心理学ではクリエイティブアボイダンス(創造的回避)と言いますが、僕たちは「苦痛を避ける」という脳の性質があるので、こうして天才的に回避しようとするわけです。

 

そしてやりたい事をやるようになって、心の底から回避したい苦痛がなくなったので、体調不良や怪我などの回避行動をとらなくなりました。

 

すべての原因は外にはなくて、僕たちの内側。すなわちマインドにあったんだなぁと実感することができました。

家族との関係が良くなった

「オレはこんなに我慢して働いてるから、ちょっとくらい横柄になっても仕方ないよね」

これだけ読むと、当時のぼくは下衆すぎますが(笑)でもこういう人は多いと思います。

 

やりたくない事で消耗してると、だんだん心が壊れて人間関係も悪化するんですよね。

 

だけど会社を辞めて、サラリーマンじゃなくて個人事業主になり、自分のやりたい事をするようになって、他人にも優しく出来るようになりました。

 

特に親との関係はホントに良くなりました。

独立起業しても稼げない事で家族との繋がりを保ちたい無意識の本音を知ってショックだったけど、本心と向き合う事で稼げるようになったという記事に詳しく書きましたが、

やりたい事をし続けて自分の本音と深く向き合っていく事で、僕の中にあった無意識に刷り込まれた親との関係性を改善することができました。

 

ぼくたちがなぜ生きにくいのか?というと、子どもの頃の何気ない刷り込みがあります。

周りからの刷り込みによって、僕たちは自分の価値観や信じてることが創られますが、これを心理学用語でブリーフ・システム(BeliefSystem)といいます。

 

正しくないものを正しいと思い込む。

必要のないものを必要だと思い込む。

安全じゃないものを安全だと思い込む。

 

コーチングではこういう無意識に心に刷り込まれたBeliefを書き換えていきますが、コーチングスキルを使って自分と向き合い、本音とやりたい事を手に入れることが出来るようになりました。

自分の人生に責任が持てるようになった

サラリーマンをやっていて、会社を辞める前は常に誰かのせいにしてました。

 

「会社が悪い」

「上司が悪い」

「社会が悪い」

「親が悪い」

「この本が悪い」

などなど

 

とにかく自分の事を棚に上げて、周りに責任転換することで自分の身を守っていました。

だけどそれは、単に現実から逃げてただけでした。

 

自分が変わらないと、自分の人生なんて変えられないのに、臭い自分のに蓋をしてみないふりをすることで、人生そのものから逃げてました。

 

けっきょく、自分の人生の責任は自分しか取れないし、「時間の浪費=命を捨てる」ことなんですよね。

 

過去の出来事や現在の状況は、当時の自分が「正しい」「これ以外の選択肢はない」と思った結果なんです。

 

全ては当時のマインドから始まって、現実世界を創ってる。

そとに原因はなくて、誰かに変えてもらおうとしても結局現状維持になる。

 

人生を本気で変えたいなら、まずは自分が変わるしかないし、自分の人生の責任は自分で取るしかない。

 

サラリーマンとして会社や職場で働くというのは、労働力という名の生命時間を会社に渡すということなので、どうしても「会社として」という他者の人生を歩むことになる。

 

それが会社を辞めてサラリーマンではなく事業主となることで、自分で決めたことをちゃんと責任をとれるようになったし、

「自分で責任を取るんだ」というマインドセットになって、困難な事が目の前に現れても解決できるようになりました。

 

自分の人生の責任を自分でとれるというのは、本当に楽しいし毎日を充実させますね!

 

個人で自由にコーチングの知識と技術を活かしたい人へ

やったことないから、怖いのは普通のこと

そもそも日本に労働者(給料をもらって働いてる人)は約6000万人と言われていて、あなたを含めてビジネスをやったことがない人がほとんどです。

 

だから独立したいけど「何か怖い・・」「失敗がほとんどって聞くし・・」「不安定だし・・」みたいな意見は多い。

 

そりゃ初めてのことはみんな怖いです。コーチであれ人間なので、怖いもんは怖いです。

ぼくでさえ新しく挑戦するときは怖いし不安も出てきます。最近だとプロコーチ養成講座を告知した時は、次の日までお腹が痛くてトイレと仲良くしてました(笑)

 

でも5%くらいうまくいきそうだなって思ったらやってみた方が早い。

だってやってみないとわからんからね。世の中そんなもんです。

動画:悩んでもやらなきゃ分からないから、最後はえいやと飛び込んで走りながら考えるしかない事実

失敗なんて大したことない

だけどぼく自身もそうでした。

「なんか、会社辞めて個人になったら、とんでもない悪いことや失敗が起きるのじゃないか?」と・・・辞表提出した夜は眠れませんでした。

 

でもよく考えてみて。失敗しても大したことはありません。

 

紛争地帯みたいに「明日生きれるかどうか」を考えることなく、暖かいご飯が食べれてふかふかなベットで安全に寝れる。

最悪バイトして食いつなぐことだってできるし、短期的に正社員やってもいいわけです。

なんとかなります、日本だから。

 

合わせて読みたい

▶前例になる3つのメリット!憂鬱な会社辞めて好きな仕事で自由な生き方が良い理由をマインドコーチがお伝えします!

 

楽ではないし簡単ではない。常に考え続けることになるけど、可能性は無限に広げる

ただ簡単ではないです。毎日勉強するし、アイデア出しまくるし、よく考えるし、戦略練るし、やっても思ったように効果でないこともたくさんあるし。

 

楽に働けると思ったら大違いです。そういう人は昔のぼくみたいに情報商材のカモにされます(笑)

 

だけど10年前はスマホはなかったし、YouTubeはここまで大きくなかったし、独立起業のハードルもメチャクチャ高かったですが、今ではコストゼロで個人で活動できる社会になっています。

 

そしてこれから時代は想像を超えるくらいどんどん変化して、コーチングの需要が刻一刻と変わります。

 

「その都度新しいことをやり続けることが大切かな〜」っと最近特に思いますね!LINE@スクール始めたのもそういう意図があります。

 

単純に今流行りで独立起業を簡単にやろうと思っている人は失敗します。確実に。

そのあたりのこともYouTubeLINE@で話していきます。是非登録してね!

 

気合いと根性で頑張るのではなく、ちゃんとしたシステム作りが大切になりますフリーになるということ。

 

つまり「学ばないヤツには一生かかっても個人で活動するのは無理だけど、学びと実践を続ける人にはチャンスが用意されてる」ということですね!

 

あなたは人生を変えたいならバッターボックスに立ち続けるべきだけど、毎打席ホームランを打つ必要はないです。

100本空振して1本ヒットが出ればいいです。それくらい失敗しても打席に立ち続けてバットを振り続けることが大切!!

 

というわけで未来を見据えて、立ち上がる力を身につけておきましょう!

やりたい事だから、目の前に困難が現れても乗り越えられるし、やりたい事しかない毎日はなにものにもかえられない充実感と生きてる心地良さを与えてくれますよ!

 

以上、会社を辞めたマインドコーチが思う困ったこと・良かったことまとめ!…でした!
森 昇/Shou Moriより

 

▼いつもシェアありがとうございます!今回もぜひ▼

マインドを上手に使えるようになりたい人向けコーチングLINE@

パーソナルコーチング

もし、あなたが以前の私と同じように、人生を模索しているのであれば、コーチングマインドを身につけることで打開することができます。

なぜなら、日常の全ての問題はマインドから来ているからです。マインドの使い方に問題がある場合、どんなにいい方法論やノウハウを学び、チャンスが目の前に来たとしても活用できず、時間とお金を浪費するだけの人生になります。

パーソナルコーチングでは、あなたが6回のセッションを受けてマインドを根本から変えることで、何年も悩んだ問題・しがらみを解決して、エネルギーに満ち溢れ、充実感のある幸せな人生を送ることができます。



プロコーチ養成講座
開拓者として生きるための半年間

あなたもわずか6ヶ月でプロコーチとして確実に独立し
開拓者として、活躍できる場所を自由に創れるようになる事で
『時間』・『お金』・『働き方』に依存せずに、
100%人生を謳歌したくありませんか?

パイオニア・プロコーチとして活躍するための真髄をすべて伝授します。

ABOUTこの記事をかいた人

森昇/Shou Mori

岐阜県生まれ岐阜在住。4年間会社員として働き、2016年4月よりコーチング理論と月300冊以上の読書で得た知識を元にゼロの状態から独立。 日本で唯一の社畜奴隷解放クリエイター。認知科学、脳科学などの科学技術をベースとしたコーチングと発信力を鍛えて、好き勝手生きるFCMメソッドを岐阜市・名古屋市を中心に展開中。
⇒詳しいプロフィールはこちら!

⇒LINE@はじめました!