毎日愚痴しかない職場で3年間精神を保ち続ける事が出来た理由とコーチングのセルフトークのコントロールのコツとは?ネガティブ思考にする言葉を自己防衛しよう!

こんにちは。森昇/Shou Moriです!

 

今考えたら「めちゃくちゃ頑張ってたなぁ」って思いますが、当時働いていた職場は労働時間の8割くらいは愚痴しか出てこないような環境でした。

 

なんでそういう状態になったのかというと、ぼく以外の人達がみんな仲が悪かったからです(笑)

 

冷静に考えるたらそんな会社さっさと辞めたほうがいいですが、当時のぼくは転職に失敗した事で、限りなく自己イメージが低くくなってました。

「自分程度の能力じゃあ、会社を辞めても働き口がない」と本気で思い込んでいたので、しぶしぶ働いていた感じです。

 

仲が悪い人達が同じ空間にいる状態は、一言で表すと「ヤバい」しかありません。

 

嫌いな相手がいる時は会社やお客さんの悪口を言い、
相手がいなくなるとその人の悪口を僕に言って発散する

というある意味で板挟みのどろ沼状態でした。

 

普通の人だったら、悪口を聞き続けると精神的に参ってしまうと思います。

だぇどぼくは、マインドを上手に扱うコーチング理論を駆使して、精神的に不安定になったりうつ病にもならず、3年間働き続ける事が出来ました。

 

なので今回は、ぼくが精神を保てた理由とコーチング的方法についてお伝えをしたいと思います。

 

いつまでその職場で働くのか?期限を決める

まず最初にやったことは、自分の中で期限を決めたことです。

 

「とりあえず3年働いてこそ社会人」という風に言われて、失敗を恐れていた僕はしぶしぶ従っていたので、「とりあえず今の会社を3年で辞める気持ちで働こう」と期限を決めて毎日仕事をしていました。

 

しょうじき3年で辞めるかどうかは確定させてなかったけど、とりあえず気持の部分で区切りをつけるは非常にいいやり方だと思います。

 

つまりは暫定的なゴール設定ですね!この場合は目標とも言えると思います。

目標とゴールの違いについて、詳しくはこれだけは抑えたいコーチングで重要な目標とゴール設定の明確な違いとは?に書いたので読んでみてください。

 

マラソンでもゴールがないと途中で挫折しますが、とりあえずゴールがちゃんと決まってるから、途中しんどくても乗り越えることが出来るという感じに似ています。

 

僕のコーチングブログや動画を見て会社を辞めたいけどやめられないと悩む方は、まずは自分の中で「あと〇年でこの会社やめる」というリミットを設けてみるといいです。

 

それが暫定的なゴールになるわけですが、何でもいいからとりあえず最終地点が決まれば「じゃあ今どうするか?」と前向きに物事を考えることが出来るようになります。

 

ゴールを設定するとは、「自分で問題意識を作る」ともいえます。問題意識があることで思考パターンが変わり、今まで当たり前に生きてきた世界が変化していくわけです。

つまり、暫定でもいいからゴールを設定することで、脳が会社を辞めるための解決策を探しだしてくれます。

 

「愚痴を受け入れない!」と自分で決めて右から左へ聞き流す。自己防衛がもっとも効果的な手段

愚痴を聞いて、精神的にネガティブな状態になってしまう人は非常に多いです。

なのでぼくたちは、どんな言葉を受け入れるのか」を決めて常に言葉を観察する必要があります。

 

たとえば1回怒られて凹んでしまう人もいれば、何度も怒られてもへっちゃらな人もいますが、

メンタルが強いとか弱いとかではなく、単に言葉を受け入れず右から左へ聞き流しているだけなんです。

 

そしてさらに言えば、あなた自身の無意識に刷り込まれる信念や常識、価値観は「あなたが受け入れた言葉」によって決まってしまいます。

こういう信念体系の事をコーチング用語でブリーフシステムと言いますが、年収や職業、恋愛、体形、生き方そのものは、あなたの信念がどういう状態かによって決まる。

 

たとえば客観的に観て昔のぼくみたいな人に「絶対に今すぐ会社を辞めたほうがいいぞ!」と思う人に退職のアドバイスをするとします。

 

理屈では分かります。だって辛い職場にいても時間の無駄だし、嫌々働いても結局何もスキルが身につかないから。

 

だけど、当時のぼく自身の信念の中には「自分には会社を辞めて生きていく才能がない」というプログラムがされてました。

なのでどんなに素晴らしい意見を聞いたり、チャンスが目の前にあったとしても、「でも自分には無理」と抜け出すことが出来なかったんですよね。

「頭では分かってるけど、行動に移せない」。これは才能や能力ではなく言葉の習慣病

「頭では分かってるけど、行動に移せない」という根本的な原因は、才能や能力、根性ではないです。

 

あなたが無意識的に何を信じて、何が自分にふさわしいと思っているかどうか

たったこれだけです。

 

太り過ぎると生活習慣病と言われ、さまざまな身体の不調を引き起こしますが、

「分かるけど、自分には無理」と自己否定してしまうのは、ネガティブな言葉をため込み過ぎた言葉の習慣病とも言えます。

 

「頭でわかってるけど無理だよね」とネガティブな状態になってしまう場合、まずやるべきことは「どんな言葉を受け入れてるか?」を吟味して、変えていく事です。

 

セルフトークマネジメントで効果を着実に出すコツは言葉を意識に上げる事【コーチングスキル】でも詳しく書きましたが、自分が無意識的に受け入れてる言葉が意識にあげることが出来れば変えること出来るようになります。

つまり、「過去がどうだ」とか「いまがこんなにダメで~」などに囚われなくても、言葉の習慣病に気づき、意識して変えていくことで、あなたは別人に変われるということです!

 

まずはセルフトーク(自分に対しての言葉がけ)をコントロールして、出来ない自分のイメージを変えていこう!

いままで書いたように、僕たちの信念を決めていくのは「あなたが受け入れた言葉」です。

 

愚痴ばかりの環境にいて相手に同調してしまうと、知らず知らずのうちに自分を過小評価してしまい、辛い現状から抜け出せなくなります。

なのでまずは、あなた自身が「どういう言葉を受け入れていくのか?」というのは、本当に注意深く観察して選択したほうがいいです。

愚痴や批判は、右から左へ長そう

そして僕は愚痴の巣窟の中で、「自分は愚痴を受け入れず、聞き流していく」ということをとにかく徹底的に決めて毎日仕事をしていました。

 

「そうなんですね~」とか
「難しい問題ですね~」とか

 

相手に完全に同調するのではなく、一歩引いた感じで相手の言葉を返しつつ、「自分はネガティブな言葉を受け入れない」と自分自身に語り続けました。

 

このように、言葉をコントロールしてく方法をコーチングでは『セルフトークのコントロール』と言います。

 

  1. まずはネガティブな言葉を受け入れないと決めて
  2. 実際に自分の受け入れる言葉を取捨選択する

 

これを意識してやるかどうか?で、今まで書いたように、あなたの人生そのものが180度変わってきます。

 

一番いいのはその環境からさっさと抜け出すことです。

 

だけど、もし当時のぼくと同じ境遇にいる人は、

  1. まずいつまで職場にいるのか?を期限を決めて
  2. セルフトークをコントロールして自己防衛する

この2つを意識して言葉の習慣病を治し、自分を守って欲しいと思います。

再生リスト:セルフトークのコントロールのコツ・やり方

以上、毎日愚痴しかない職場で3年間精神を保ち続ける事が出来た理由とコーチングのセルフトークのコントロールのコツとは?ネガティブ思考にする言葉を自己防衛しよう!…でした!
森昇/Shou Moriより

 

追記:LINEマガジンをはじめました!

「コーチング視点を身につけてマインドと人生をアップデート」をテーマにしたLINEマガジンをはじめました!

ブログでよく聞かれる仕事や職場の人間関係の悩みやコーチングの実践ポイント、ビジネスのことなどを体系的にまとめて発信しています。

無料でバンバン良質な情報を流しますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

▼いつもシェアありがとうございます!今回もぜひ▼

仕事の苦しみ・職場の人間関係のストレスする
マインドコーチング受付中!

誰にも相談できずに、ずっと一人で抱えている「職場の人間関係のストレス・仕事の苦しさ」「自分には何もない、この先どうなるのか?と将来の不安で悩む毎日」「変わりたいけど変われない自分への憤り」「他者と比べて落ち込む劣等感マインド」を、最短6回〜9回のセッションで解消して、『人生を切り拓くマインドの使い方』を森昇に直接会って修得したい方へ


※定員になり次第、恐縮ですが6ヶ月お待ちいただくか募集終了となりますので今すぐご確認ください。

ABOUTこの記事をかいた人

森昇/Shou Mori

【『あなたを仕事の苦しみ・職場の人間関係のストレスから解放する』マインドコーチ】
東証一部上場企業を新卒入社後10ヵ月で退職→転職先を1日で行けなくなり辞める→人間不信になり2ヶ月引きこもった後、3年間フリーターとして働く→コーチング&ビジネス実践しまくる→4か月で独立して、やりたいことだけする生活を送っている。岐阜県生まれ岐阜在住。

⇒詳しいプロフィールはこちら!

⇒LINE@で相談等する