将来の仕事が不安で悩んでも未来は来るし過去には逃げれないから今を全力で生きるべきなんだよね

森昇/Shou Mori
将来の仕事に対する不安で毎日悩んでるけど、去年と変わらない生活を送ってる人は多いのではないでしょうか?

 

こんにちは!もりしょー(@Mo_uriS)です!

 

ぼくも2015年までは同じ事で悩んでました。

だけどコーチング理論を徹底的に使って憂鬱な毎日から脱出することが出来て、今では独立してコーチングを通していろんな人と話をします。

 

そしてぼく自身の感覚と、いろいろな人と話をする中で

森昇/Shou Mori
未来はいつかやって来るし、過去には逃げられない

と感じるし

森昇/Shou Mori
だからこそ最高の未来を願いつつ、今を全力で生きるしかないよね?

と思うわけです。

 

未来はいつかやってくるし、過去には逃げられない

動画:未来はいつかやって来るし、過去には逃げられない

 

僕たちの周りを見てみると「あの頃は楽しかったなあ」「あの時もっとやりたいことやればよかったなあ」と、過去に戻りたいと思いながら現在を生きている人が多いですが

残念ながらこの世にはドラえもんはいないので、どんなに頑張っても、どんなに大金を積んだとしても過去には戻れません。

そして未来は、どんなことをしてもいつか必ずやってきます。

悩み続けて行動しなくても、2020年はあと2年2ヶ月でやってくるし、2027年はあと9年2ヶ月でやってきますよね?

つまり、時間だけを無駄に浪費するということ

嘆いても・行動しても・何もしなくても、未来はあなたの前にやってくるし

「過去に逃げよう!」「過去に逃げたい!」といくら願ったとしても

過去は刹那瞬ごとに、あなたの前から遠ざかるのが世の中の原理原則です。

 

僕たちの現実は、何にロックオンするかで決まる

コーチング元祖・ルータイスの『アファメーション』という書籍には

「事故しないように気を付けて」と奥さんから言われると「事故しないように気を付けなきゃ」と夫の中で意識付けがされてしまい、事故を起こしやすくなる

という例がありますが、僕たちの無意識には論理的に考えて「いい」「悪い」は関係ありません。

「じゃあなにがいい悪いの基準が決めるのか?」というと、あなたの中にある重要度です。

つまり「あなたが何にロックオンしているのか?」ということで、あなたにとって必要な情報が選ばれるということです。

 

ロックオンとロックアウト

コーチングには、「ロックオン」「ロックアウト」という用語がありますが

「なにかにロックオンする」ということは、あなたの無意識の中で「これは『私にとって』重要な物だ」という認識になり

認識に対しての行動をとるように促した結果、現実化するというわけです。

不安にロックオンするから、不安が現実化する

そして多くの人は将来に対して漠然とした不安だったり、「こうなってほしくない」という願望を持っています。

特に日本人は『不安に対してお金を払う』と言われるくらい、不安に対して漠然とした恐怖心を持っています(植えつけられていると言ってもいいかもしれません)。

 

ですがここまでに書いたように無意識にとっては「常に考えていることが重要」なので

あなたが不安にロックオンすればするほど、不安に思っていたことや最悪だと思ったことを実体験することになります。

 

もしかしたらあなたも、こういう状況を経験したことがあるかもしれません。

 

だけどそれは「運が悪い」とか「ツキがない」わけじゃなくて、単純にロックオンするものを間違えていたからです。

ロックオンしたことを無意識が大事にするなら、あなたは何を意識したいの?

だからこそ僕たちは「何を意識して、意識を外すか」という事を考える必要があるわけです。

つまり

森昇/Shou Mori
未来に対する不安や起こってほしくないことばかりに目を向けるのを辞めませんか?

ということであり

森昇/Shou Mori
起こった出来事を変えるのは難しい(認識を変えるのは簡単)。だけど未来を変えるのは簡単で、可能性は無限大に存在しているけど、あなたは何を選びたいの?

ってことです。

 

なぜなら、未来があなたに向かってきて「ロックオンして重要だと思ったものを現実化しよう!」と無意識が行動を促すからです。

 

どうせだったらハッピーなことにロックオンしよう

森昇/Shou Mori
大事なのは、無駄に不安や恐怖にロックオンしないと決めることだ

ということを書きましたが

たとえばアファメーションをしたり、セルフトークをコントロールしたりして、自分の意識でロックオンする対象を変えるんです。

 

そして過去が遠ざかり、未来が近づいてくるんだったら

どうせだったら楽しいことにロックオンしたほうがいいと思いませんか?

決めるから、楽しくなる

そういう意味でもコーチングを使ってWant toのゴールを設定するというのは大事なことだし、楽しいからWant toではなくて、Want toにすると決めるから楽しいということです。

因果は、常に常識と逆だと思ってください。

 

 

現在を疎かにしない

そしてさらに大事なのは、未来がやってくるからといって現在を疎かにしない事です。

「やってもやらなくても未来がやってくるんだったら、わざわざ行動しなくてもいいでしょ」

と思う人もいるかもしれませんが

残念ながら頭で考えている情報空間での出来事は、実際に物理空間に落とし込む必要があります。

行動しないと現実にはならない

それを僕たちは「行動」と言いますが、多くの人は行動を疎かにするから「願えば叶う」という部分だけフォーカスして怠けています。

 

メルヘンな思想に現実逃避をするんじゃなくて、あなた自身の手でちゃんとつかみ取りましょう!

Want toの未来だったらなおさらです。

なんなら、「とりあえずやってみるのもOK」と個人的には思っています。

最後は実際にやらないと分からない

だって、どんなに頭でイメージをしたとしても、最後の最後ではやってみないと分からないから。

「完璧に頭の中にイメージができてから行動します」というのは、一生現状維持を続ける人の常套句です。

 

当然、分からないから不安もあります。
だから不安がでたら褒めてあげるんですよ。

そして褒めた上で、あなたは未来をもっと良くしたいなら、それを実現するための行動をすべきです。

 

それがまさしくコーチング元祖ルータイスの言う

ルータイス
機会を逃さず、逃げ道を与えない

であり

ルータイス
目標と態度を一致させる

ということです。

 動画:未来はいつかやって来るし、過去には逃げられない

 

森昇/Shou Mori
あなたは今、何にロックオンをしていますか?どうせ未来が来るんだったら、ハッピーな事にロックオンをして現在を生きましょう!

以上、将来の仕事が不安で悩んでも未来は来るし過去には逃げれないから今を全力で生きるべきなんだよね…でした!
森 昇/Shou Moriより

 

▼いつもシェアありがとうございます!今回もぜひ▼

マインドを上手に使えるようになりたい人向けコーチングLINE@です。気楽に登録してください!

パーソナルコーチング

あなたは他人の顔色を窺って、自分を騙して生きなくていい。

もし、あなたが以前の私と同じように、人生を模索しているのであれば、コーチングマインドを身につけることで打開することができます。

なぜなら、日常の全ての問題はマインドから来ているからです。マインドの使い方に問題がある場合、どんなにいい方法論やノウハウを学び、チャンスが目の前に来たとしても活用できず、時間とお金を浪費するだけの人生になります。

パーソナルコーチングでは、あなたが6回のセッションを受けてマインドを根本から変えることで、何年も悩んだ問題・しがらみを解決して、エネルギーに満ち溢れ、充実感のある幸せな人生を送ることができます。



プロコーチ養成講座
開拓者として生きるための半年間

あなたもわずか6ヶ月でプロコーチとして確実に独立し
開拓者として、活躍できる場所を自由に創れるようになる事で
『時間』・『お金』・『働き方』に依存せずに、
100%人生を謳歌したくありませんか?

パイオニア・プロコーチとして活躍するための真髄をすべて伝授します。

ABOUTこの記事をかいた人

森昇/Shou Mori

岐阜県生まれ岐阜在住。4年間会社員として働き、2016年4月よりコーチング理論と月300冊以上の読書で得た知識を元にゼロの状態から独立。 日本で唯一の社畜奴隷解放クリエイター。認知科学、脳科学などの科学技術をベースとしたコーチングと発信力を鍛えて、好き勝手生きるFCMメソッドを岐阜市・名古屋市を中心に展開中。
⇒詳しいプロフィールはこちら!

⇒LINE@はじめました!