【LIVE配信】副業兼業できる時代に抑えたいビジネスの本質とあなたがやるべき事とは?

こんにちは、森昇/Shou Moriです!

 

副業禁止は違法で厚生労働省も副業・兼業を原則容認!あなたがやるべき事とは?という記事を書きましたが、

今週のYoutubeライブは【副業兼業できる時代に抑えたいビジネスの本質とあなたがやるべき事とは? 】というテーマの配信でした。

この記事ではライブ配信のまとめを記載してます。

メモみたいなものなので、各項を参考にしつつ動画を見てください。

➡気になるところから読む

ビジネスの本質は金儲けではなく「人を喜ばせる」こと。収入は結果。

まず僕たちが勘違いしてるビジネスの本質を話しました。

ビジネスは「人を喜ばせること」です。

 

儲かるかどうか?はあくまで結果にすぎません。

 

副業兼業を始める上で「いかに儲けるか」に走ると結局上手くいかなくなる。

なので「いかに儲けるか?」という視点でビジネスを始めると、たいてい上手くいきません。

確かに資本主義に生きてるので、お金は便利な道具だし無いよりは会ったほうがいいです。

だけど独立起業で失敗する人の共通点はお金儲けから考える。ビジネスの本質は「提供する価値」ですよ!にも詳しく書いてますが、

「いかに儲けるか?」という欲求でスタートすると詐欺に走ったり、ネットが発達してる社会において嘘はバレるし、信念がないのですべてが中途半端になります。

 

副業兼業だろうとビジネスではお客さんと対等。へこへこしなくていい

「お客様は神様」精神が骨の髄まで刷り込まれてる働き盛りの僕たちは、ビジネスをするうえで「お客さんにへこへこしないとダメだ」という価値観を持ってます。

 

だけどビジネスはお客さんとの対等な取引です。

だからこそあなたはへこへこするのではなくて自分が提供してる価値やサービスに自信を持つべきです。

 

「売り手よし、買い手よし、世間よし」近江商人の三方よしの精神ですね!

(動画ではこのえしょうにんといってますが、ただしくは「おうみしょうにん」です!)

 

ビジネスで社会に価値を提供するのは楽しくもあり苦しくもある。だけど楽しい。

「好きを仕事にする」「やりたい事を仕事にする」というのは当たり前のことです。

でも好きな事には楽しい以外にも辛いことや苦しいことはあります。

なのでビジネスを展開するなから「辛い」「苦しい」「楽じゃない」という期間というのはありますが、ちょっとストレス溜まったからと言ってすぐ辞めるべきじゃないです。

関連記事:「仕事のストレスは自分が好きで選んだ結果」と知ると働きやすくなるよ!【コーチングの目標設定】

 

自分でビジネスを展開するなら成長は必須。なぜなら失業と破産こそ資本主義の生命だから。

ぼくたちが生きている資本主義のシステムには「成長」もありますが、同時に「失業」と「破産」がセットになります。

というか「失業」「破産」は資本主義の生命線であり、これがない限り経済は成長しません。

これはビジネスを展開していく事業者だけではなく、労働契約を結んでいる労働者にも言えます。

だからこそ僕たちは常に学び、成長し続ける必要があるわけです。

 

みんなもっと、お客さんからお金もらっていい。人生かけてるんだから。

僕たちはビジネスを展開していく上で、自分が提供できる価値を安売りしすぎです。

マーケティング目的で価格を下げるならいいと思いますが、本業で叩き売りみたいなことは絶対やめたほうがいいです。

 

なぜなら副業であれ兼業であれ、ビジネスとして社会に価値を提供するために生命時間を使ってるからです。

つまりどの程度であれ、あなたは人生を賭けてるわけですよ。

ピカソがハンカチに絵を30秒かいて100万ドル請求したように、あなたもひとつのサービスを提供するまでに血の滲む努力をしているので、もっと自分の価値を認めてあげてください。

 

副業兼業したからって、みんな独立したらいいわけじゃない。

副業兼業をするとなると、絶対に独立しなければいけないと思い込んでる人も多いです。

いわゆる「サラリーマンオワコン説」ですね!

 

たしかにスルガ銀行みたいな前時代的な会社は資本主義の原則通り淘汰されていくでしょう。

そして日本の生産性は世界と比べて低いし、変化についていけないので、サラリーマンだけで定年退職は難しくなります。

だけど「全員が全員、会社を辞めなければいけないのか?」というとそうではなくて、それぞれのライフスタイルに合わせた上で、副業兼業をやればいいです。

 

実際僕のセッションを受けてたクライアントさんも会社辞めずに高い生産性発揮できるようになってますし、副業兼業をすることで勤めてる会社での結果も上がってる方もいます。

 

あなたがやるべきことは「想い」を強くすること。

ビジネスとは「人を喜ばせること」であり、楽しくもあるけど苦しく辛いことも当然あります。

だからこそ、あなたが副業や兼業するときに最初にやるべきことは「想い」を強くすることです。

「想い」がない人が上手くいかないのは、成功していまうと辛いのがさらに辛くなるから。

そもそも想いがないビジネスとはHave toなビジネスです。

つまりHave toだから、あなたが行動するほど無意識は辛くなり、自尊心はさがります。

 

そしてビジネス活動するほど社会に影響を与えてしまうので、さらにあなたのHave toが心を蝕み、万が一結果を出せたとしても何も満足できない人生となってしまいます。

 

ゴールがあるからビジネスで辛くても楽しめる。

だからこそあなたがやるべきことは「想い」を見つけて強くすることです。

コーチングではゴールと言います。ゴールがあなたの創造性とエネルギーを発揮して、ビジネスを加速させますし、辛いことがあっても乗り越える力を与えてくれます。

関連記事:絶対抑えたい!苫米地式コーチングゴール(目標)設定5つの手順をプロコーチがまとめました!

 

好きを仕事にする。やりたい事を仕事にしても辛いことはある。速く走りたい人が練習キツくてやめたら意味ないよね。

「好きを仕事にする」「やりたい事を仕事にする」というのは当たり前のことです。

 

だけど「楽」とは違います。「楽」は単なる現状維持です。

あなたが持つのは「楽しい」という基準です。

 

例えば速く走りたい人が練習が辛いからと言って速く走る事を辞めるでしょうか?辞めないですよね。

それと同じで、あなたが好きな事とかやりたい事を仕事にしても、必ず辛いことやキツイ事はあります。

その状態になった時に心の支えになるのが「想い」であり、ゴールだという事です。

関連記事:好きな事で生きるのは楽じゃないけど嫌な仕事より1億倍楽しくて幸せ

 

ブログ、Twitter、Instagram、Youtubeなどはあなたの「想い」を効率よく伝える手段。枝葉にしか過ぎない。

「副業兼業をする時に何から始めたらいいですか?」という質問をいただくことがあります。

 

ブログで稼ぐとかYoutubeで稼ぐみたな事を聞きたいのだろうけど

ブログ、Twitter、Instagram,Youtubeなどはあなたの想いを効率よく伝える手段であり、枝葉にしかすぎません。

 

そして「想い」と「手段」を繋ぐのがマーケティングやライティング、ブランディングです。

 

ビジネスをして人に喜ばれることをすると社会に役に立ってる実感を得られる。

「ビジネス=金儲け」という価値観を捨てて、本質を理解した上で活動を行うと、「あなたの情報に出会ってよかったです!」「助かりました!」「面白かったです!」と感謝されます。

 

人は孤独であるけど、関係性の中で生きてるので、一人では生きていけません。縁起ですね!

なのであなたがビジネス活動をして、感謝されると、あなたは自然と社会の役に立ってることに喜びを感じることが出来るようになります。

 

そうなるとさらに社会に価値を提供出来るようになるし、結果をしてお金も集まりやすくなるという構造があるわけです。

 

「想い」とは高いゴールとエフィカシー。未来に確信を持つこと。

「想い」とはゴールという話をしました。

コーチングでいうゴールとは、現状の外のゴールであり、ビジネスを行う上で抽象度の高いゴールは必須です。

そしてゴール設定と共に大事なのが、エフィカシーを高める事。

 

「私はゴールを達成できる能力がある」と自分自身に評価して、最高の未来に確信を持つことが、想いを強くする効果的な手段となります。

関連記事:セルフコーチング初心者が3か月でエフィカシーを高める3つのポイント

 

価格は自分の想いで決める。

あなたがビジネスをして提供する価格なんですけど、たしかにマーケットなどに左右される場合もありますが、価格は自分の想いで決めればいいです。

 

つゴールを達成してる自分の基準で決めるという事です。

「ほんとはこれくらいの値段で提供したいけど、、、」と思い、価格を下げるという事は、あなたの自己評価を下げる事になります。

つまりあなたのビジネスにおける価値提供も低いレベルでしかできなくなるし、社会が良くならないという事です。

 

お客さんからお金をもらえないのは「ビジネス=金儲け=気持ち悪い」という無意識があるから。お金は気持ちよく受け取っていいし義務。

「お金をもらってはいけない」。そう考えてる事業主も多いです。

 

だけど相手はあなたの提供しているサービスに価値を感じて、お金を払いたいと思っているので、ビジネスをする上でお金をいただくのは「義務」です。

逆に「そんなお金なんていいですよ」と断るのは「私にはあなたが思ってるほどの価値を提供できません」という意思表示であり、相手を否定する行為なので、お金はちゃんと受け取るべきです。

 

そのためにも「ビジネス=金儲け=気持ち悪い」という常識を一度壊す必要があります。

なのでまずは本音に素直になって、想いを創る事から始めるべきです。

関連記事:独立起業しても稼げない事で家族との繋がりを保ちたい無意識の本音を知ってショックだったけど、本心と向き合う事で稼げるようになった

 

価格を上げるのは怖いけど、ゴールから考えて必要なら上げてしまったほうがいい。

価格を上げるのは、正直恐いです。

「お客さん来なかったらどうしよう、、、」と膝が震えるくらいの気持ちになります。

だけど、なぜ価格を上げようと思ったのでしょうか?

それはあなたの中で「もっと価値を提供できる」という確信を持ったからです。

 

ということは、価格を維持するよりは上げたほうがよりゴール達成に向かうことができるし、あなたの想いも強くなり、ビジネスで結果が出やすくなります。

 

利益はあなたの理想を達成して社会により高い価値を提供するためのコスト。

「お金の稼ぎ方」とおなじくらい「お金の使い方」も大事です。

使い方を考える時に「利益」について正しく理解する必要があります。

 

利益というのはホントは尊ざしなくて、利益とは「理想を達成して社会により高い価値を提供するための生産コスト」です。

あなたがビジネスで利益を出すということは、使えるお金が増えるという事です。

つまりあなたが「利益を使ってゴール達成の為に自己投資が出来るようになる」という事であり、「自己投資の結果、さらに高い価値が提供出来るようになる」という事です。

 

なので世間で言われる利益とは存在しないわけです。

 

「失敗を恐れるな」というのは無意味な言葉。失敗はありません。

世間的に言う失敗は幻想です。

「失敗=悪」という社会常識があり、「失敗してはいけない」という刷り込みによる価値観が創られ、「だから失敗を恐れるな!」という言葉が生まれました。

 

だけど失敗とは「上手くいかない方法が分かっただけ」なので、恐れるも何もありません。

もし恐れるとしたら「なにもしないこと」です。

なにもしないということは、成功も失敗も分からず、結局なにも得られずに時間だけ浪費するからです。

 

辛すぎるならゴール設定もビジュアライゼーションもアファメーションもやらなくていい。自分で決めればいい。

創造的回避の話ですが、「ゴール側の自分ならやっているのか?」という基準で「やるか」「やらないか」決めればいいという事です。

疲れてる状態が当たり前すぎて、ゴールに向かえない場合もある。車にガソリンない状態。

「ゴールが設定できない」「やりたい事が分からない」という状態の人は、エネルギーが少なくなっている可能性があります。

つまり行動したくてもエネルギーが少なくて出来ないという事です。

 

車でいうガソリンがない状態で、目的地(つまりゴール)を設定しても、そもそもガソリンがないからエンジンがかからない状態だという事です。

 

なのでそういう人は、まずは美味しいご飯をたべたり、よく寝たり、体を動かしたりしてエネルギーの回復に努めるべきです。

 

やるべき事、やりたい事なら勝手にやってる。

本当にやりたければ、勝手にやってます。

「よし、やるぞ!」と気合いを入れるというよりは、「まぁゴールを基準にしたらやってるよね」という感覚です。

だからこそまずは具体的な行動ではなくて、マインドの使い方です。

つまり「想い」を強くして、その世界観をコンフォートにすることが大事だという事です。

関連記事:コンフォートゾーンの作り方 苫米地英人著解説まとめ。現状から抜け出す方法を身につけて望む成功を手に入れよう!

 

<動画参考書籍>

以上、【LIVE配信】副業兼業できる時代に抑えたいビジネスの本質とあなたがやるべき事とは?…でした!
森昇/Shou Moriより

 

セルフコーチング実践上達への道

正しいマインドの使い方をマスターして、人生をもっと楽しく生きたいあなたへ

★セルフコーチング実践入門ロードマップ★ 

▼いつもシェアありがとうございます!今回もぜひ▼

毎週1回コーチングLINE@限定配信

パーソナルコーチング

私が「コーチングを使って、好きな事だけする人生を生きる!」と言った時、みんなに笑われ否定されました。

でもコーチングを実践し続けて、生き方そのものを変えると、、、

あなたも、今の悩みを全て解消しながら、未来に確信が持てるようになり

100%Want toで自由に楽しく生きるマインドを手に入れたくありませんか?