批判に負けそう&批判が怖くて挑戦出来ない人へのエールとコーチングマインドの使い方

こんにちは!森昇/Shou Moriです!

 

会社を辞めて独立するなり、今までの自分ではやったことないことに挑戦しようとする時に、

「失敗して批判されたらどうしよう」とか

「周りの人に否定されるのが怖いなぁ」とか

そういうネガティブな感情が湧き上がって、行動に移せなくて悩む人も多いと思います。

 

ぼく自身も、大学生の時に先生から「お前は小心者だ」と言われるくらい、他人の顔色や評価を気にして本音に素直になれずにやりたい事を諦めて後悔ばかりしてました。

 

そして社会人になって、転職に失敗した時に「正社員を辞めるなんて馬鹿だなぁ~」「お前は我慢も出来ない社会人失格だ」と周りに批判されて、正直立ち直れないくらい傷ついて人生に絶望してました。

 

そんな中、コーチングと出会い、人間のマインドの使われ方や無意識の働きを知る事で、他人の批判に対して恐怖しなくなったし、批判を文字通り活かすことが出来るようになりました。

 

実は批判や悪口って、言ってる本人の自己防衛なんですよね。

その言葉や態度には特に意味はなくて、単純に彼らのストレスのはけ口として、感情的な手法と取るわけです。

 

そしてあなたがいま批判を受けてるなら、実はガッツポーズをするくらいのことでもあります。

 

それらの理由については下の【批判に負けそう&批判が怖くて挑戦出来ない人へのエールとコーチングマインドの使い方】という動画の文字起こし記事で話をします。

動画:批判に負けそう&批判が怖くて挑戦出来ない人へのエールとコーチングマインドの使い方

 

批判が来るのは、あなたにとって好転反応

森昇/Shou Mori
どうも!森昇です!

最近面白いなーっていう現象があったんで、話をしたいなと思います。

 

批判についてなんですけど、「新しい事やろう!」って気持ちになる時って、「批判されたらこわいなー」とかってあるじゃん?

オレも昔はそう思ったことあるのね。

 

だけど実は、批判っていうのはむしろ良いことなんですよ。

 

例えばあなたが「新しいことをやろう!」と思った時に批判されるのであれば、それは「あなたがすごい変化してる証拠でもあるよ!いい状態だよ!」っていうことなんですよね。

 

例えば僕の例で言うと、毎週日曜日にYouTubeライブ配信やってるんですけど、いつも開始前に高評価をしてくれてる人たちがいるんですよね、

平根さん
オレ、いつも高評価押してますよ
森昇/Shou Mori
おぉ!ありがとう!

 

それ聞いてすごい嬉しいなって思ったんですけど、そうやって高評価をしてくれる方達がいてくれる状況がずっと続いてて、前回の1月28日にライブ配信したんですよね

森昇/Shou Mori
で、いつもの配信は高評価だけなんですけど、その回は低評価がついてたんですよ。

 

それ見て「オレは素晴らしい!!!」と思いましたね。

 

だって、まだライブ配信始まってないんですよ!?内容何も知らないって言うね(笑)

平根さん
まだ時間とタイトルだけしか知らないって言うね(笑)

 

批判とは、コンフォートゾーンを揺らがせた結果にすぎない

森昇/Shou Mori
開始時間と、話す内容(タイトル)しか告知してないのに低評価ついたんですよ。

 

だって、文字だけだよ!?本人出てないし、まだ始まってもないのに、相手のコンフォートゾーン(心地良いと無意識的に思う空間)を揺らがせたって普通にすごくない?

平根さん
すごいですよね!文字だけですもんね
森昇/Shou Mori
これが内容を見て低評価押したんだったらまだなんとなく分かるけど、何も始まってもいない状態で初めてそういう評価がついたから本当にオレはすごいなーって思ったね。

 

そんだけ「オレも成長しているんだな~」っていう実感が持てたね

批判する人の深層心理

森昇/Shou Mori
で、大事なのって「なんで相手が批判したいか?」なんですよね。

 

人って普通に生きてたら、批判された時の言葉や態度とかにフォーカスしちゃうじゃないですか?

 

だから「批判を気にしてやりたいことできない」とか、「挑戦したいけど批判が怖いからできない」とかって諦めちゃうんですよね。

 

でも「そもそも何で相手が批判したいか?」なんですよ。

 

それは何でか?って言うと、僕達ってコンフォートゾーンっていう自分にとって快適な空間みたいなものがあって、そこからはみ出ないように生きてるんですけど。。。コンフォートゾーンを簡単に言えば日常?毎日送ってる日常あなたが送っている日常ですね。

 

で、人間って非日常的なことが起こると焦ったりしません?

 

例えば友達が何か怪しい事やってみたいと思ってたり、いままでと違う事やってたら「最近大丈夫?」って聞くじゃないですか。

「それやめといたほうがいいんじゃない?」のみたいなととか。

 

だけどそれって、心配しているように思えて実は違うんですよね。

 

友人がいままでにない行動するのって、「あなたにとっては非日常的な事」じゃないですか?

 

「非日常的なことが起こったときに、僕たちの無意識は何をするか?」って言うと、「今までの日常に戻そう!」という無意識の作用が働くんですよ。

 

こういうのをホメオスタシスの原理でクリエイティブアボイダンス(創造的回避:天才的に言い訳を思いつくこと)という言い方したりするんですけど、それが実際にあなたに起こります。

 

ということは、批判っていうのはその批判にはあまり意味がない。

 

「なぜ批判になるのか?」というと、 批判した人のコンフォートゾーンの揺らぎ、ざわめき、心の圧迫感を止めたいからなんですよ

平根さん
ストレスのはけ口みたいな感じとも言えますね
森昇/Shou Mori
そうそう!それを表す「結果」として、批判っていう手段をとるだけ。

 

例えば僕の動画に低評価を押したりとか、よくわからん批判のコメントが来たりとか。ていうのがある。

 

つまり批判が来るということは、相手のコンフォートゾーンを揺らがせたということであり、「あなた自身が今までの日常から変わってる」ということなんですよね。

 

だから批判が来た人や、現在進行形で批判が来てる人、「いや、批判が来たら怖いなぁ。落ち込むだろうな」と思って行動できないのはもったいなくて、実は結構良い状態なんですよね。

 

つまり批判とは、「あなたが現状を変えているひとつのバロメーターでもあるんだよ!」っていうことなんですよ!

 

だから批判が来てる人というのは素晴らしいし、「批判が来るということは私は変化出来てるんだ!」っていうことです。

 

まあコーチング的に言えば、「現状の外のゴールに向かっているんだな~」っていうことなので、まずはあなた自身を褒めてあげてください。

 

で、批判が来たらどうしようと悩んでる人は考え方を変えてください。悩んでも全く意味ないよ!批判する人の言葉には全く意味ないですから。

 

批判はコンフォートゾーンをとどめたい無意識の手段。だから感情という名のエネルギーがあるけど意味はない

平根さん
大抵、批判に内容なかったりしますからね
森昇/Shou Mori
内容がね、ほんとクソみたいなしかないから(笑)

 

全く意味がなくて、あなたが現状変わろうとすることを止めたいだけ。単に寂しいんですよ

平根さん
かまってちゃんってことですね!
森昇/Shou Mori
ホントに批判する人の言葉とか行動ってのは全く意味がない。

 

だから「批判が怖いな」って思ってる人は、その考え方自体を変えてくださいね。

 

もし批判が来たら「 OK! 最高だぜ!」。逆にあんまり来ないようだと、「当たり障りのないことをやってるのかな」とか「情報配信してて踏み込めてないのかな」っていう風になってるかもしれない。。。

 

平根さんはどうですか?情報配信してて結構批判が来るって聞いたんですけど。

平根さん
最近はあんまり来てないですね。

 

というか低評価しかつかないです(笑)高評価が一度も付いたことないけどまあいいのかなってって思ってますね

森昇/Shou Mori
まぁ話してる内容がないようだからね
平根さん
超センシティブな内容ですからね!

 

ゴールに必要な挑戦なら、どんなに批判されてもあなたにとって正しい

森昇/Shou Mori
これすごい大事なことだと思うんですけど、平根さんの中でゴールがあって、それを達成した時にいる人たちに対して配信してるわけじゃないですか?
平根さん
そうですね!
森昇/Shou Mori
ということはそこの世界の人たちにとっては良い情報配信なわけでしょ?じゃあ平根さんが配信してる情報を求めてる人は必ずいるから大丈夫だよ!
平根さん
絶対、オレの情報役に立ってる人いますよ!
森昇/Shou Mori
欲しい人はいるけど、必要な人が見つけてないだけかもしれんね!

 

それと意外と高評価押すのが恥ずかしいっていう人もいるから、そういう人が平根さんの情報配信を見てる場合が多いのかもしれないってのもあるよね

平根さん
超繊細な情報なんで
森昇/Shou Mori
批判とか低評価つけた人って感情じゃん?

 

感情のエネルギーって結構強くて、論理すっ飛ばして冷静に考えたらできないことをやっちゃうんですよね

平根さん
けっこう本能に近いですからね

 

価値があるものは、必ず批判される

森昇/Shou Mori
逆に言えば、批判が来るということは平根さんはすごい価値を出しているってことでもあるんですよ
平根さん
オレの情報結構レアだと思うんですよ。わざわざ実名顔出しであんな情報出している人そうそういないですからね
森昇/Shou Mori
その情報が何かっていうのを気になる人は調べてください。ここでは僕は言わないので。平根さんのゴールに関わるからね
平根さん
オレ、源氏名とか一切使ってないですからね。たまに源氏名使ってる人とかいるじゃないですか?それ見て勝ったなって(笑)

 

まあ親にバレたら一番やばいくらいですけど、別に特に問題はないですよ。

しみけんさんいるじゃないですか?AV男優やってること言わなかったんですけど、バレた時に撮影現場に乗り込んできたらしいですよ(笑)

 

一瞬俺もそういうこと起こるのかなって不安になったんですけど、逆にそこまで親のコンフォートゾーンを揺らがてたっていうことはすごいことだと思うんですよね

森昇/Shou Mori
いや普通にすごいよね。相手のコンフォートゾーンを思いっきり揺がせたってことだからね
平根さん
殴り込みまで来るのってなかなかないですからね

 

やりたい事に文句言ってくる人は、やりたい事を我慢してる人。挑戦を批判する人は、人生の主人公として生きていない人。

森昇/Shou Mori
というわけで結局何が言いたいかって言うと、

 

もしあなたが人生において何かを変えていきたいという風に思っているのであれば、批判っていうのは一つのバロメーターとしていいことだよ!

ってことです

平根さん
日本社会で大抵やりたいことをやってたらなんか文句言ってくるやついますからね
森昇/Shou Mori
いるね!そういう人って大抵やりたいこと言ってないんだよね
平根さん
「オレは我慢してやってるのに、お前は楽しそうにしやがってクヤシー!!」みたいな(笑)

 

「じゃあやりたいことやればいいじゃん」って言うと、「でもやりたいことやるわけにはいかないんだよ」て言ってきて。

 

なんだよそれ!って思いますね

森昇/Shou Mori
多分寂しいんだよ。つまりに反してくる人はツンデレってことだな
平根さん
あぁ、確かに!
森昇/Shou Mori
「批判が来て怖いな・・・」っていう人は、「そんなことないよ!」っていうこと。

 

「批判してくる人はツンデレですよ」っていうことを知ってほしいな。っていうことと。

 

批判が来て、さらにステージが上がったなと思うし、相手のコンフォートゾーンを揺らしてしまったことをシェアたいなと思ってこの動画を撮りました。

 

そして「批判が来てるあなたはすごいよ!」ってことです。それでは!

動画:批判に負けそう&批判が怖くて挑戦出来ない人へのエールとコーチングマインドの使い方

 

以上、批判に負けそう&批判が怖くて挑戦出来ない人へのエールとコーチングマインドの使い方…でした!
森昇/Shou Moriより

 

▼いつもシェアありがとうございます!今回もぜひ▼

マインドを上手に使えるようになりたい人向けコーチングLINE@

パーソナルコーチング

セッションで身につくマインドの正しい使い方(無意識の扱い方)は、1度身につけると一生使える技術です。



プロコーチ養成講座
開拓者として生きるための半年間

あなたもわずか6ヶ月でプロコーチとして確実に独立し
開拓者として、活躍できる場所を自由に創れるようになる事で
『時間』・『お金』・『働き方』に依存せずに、
100%人生を謳歌したくありませんか?

パイオニア・プロコーチとして活躍するための真髄をすべて伝授します。

ABOUTこの記事をかいた人

森昇/Shou Mori

岐阜県生まれ岐阜在住。4年間会社員として働き、2016年4月よりコーチング理論と月300冊以上の読書で得た知識を元にゼロの状態から独立。 日本で唯一の社畜奴隷解放クリエイター。認知科学、脳科学などの科学技術をベースとしたコーチングと発信力を鍛えて、好き勝手生きるFCMメソッドを岐阜市・名古屋市を中心に展開中。
⇒詳しいプロフィールはこちら!

⇒LINE@はじめました!