再就職に失敗し続けた絶望的な状況から抜けだして自分で仕事を作って収益を得る中でのマインドの変化の実体験談【コーチング感想】

こんにちは、森昇/Shou Moriです!

 

【コーチング感想】自分は何をしても価値がないダメ人間だと自己否定して生きる術しか知らず生き方を変えられず八方塞がりだったけど、主体性的に自分がやりたいことを出来るようになり、個人事業主として再出発して、生き方の可能性も広がりました

で紹介させていただいたSさんから、

「個人事業主として収益を得られるようになった」というフィードバックをいただきました。

ということでせっかくなので、『自分で仕事を作って収益を得る中でのマインドの変化』についてまとめていただきました。

pdfで11ページ分という大ボリューム!なお、本体験談の原本は、すべて事務所に保管してあります。

Sさん本人にもお伝えしましたが、実話だから当然ですがなかなかリアルで生々しい内容になっていて、ここまで詳しくシェアできるSさんのマインドの変化に驚きましたね。


 

こんにちは、Sと申します。

私は、2019年3月に森さんのブログを知り、5月から6か月のパーソナルコーチングを受けて、それによりマインドが変わり、今は個人事業主として活動をしています。

今回、森さんからお話を頂いて、以下のテーマで記事を書かせていただきました。

 

自分で仕事を作って収益を得るまでに至った中で、

  • 過去(コーチング実践前)からどんな感じで、事業主として自分で仕事を作って収益を得るマインドに変化したのか?
  • 労働者のマインドから事業主のマインドになって変わったこと
  • マインドが変化して今の結果になる過程で意識したこと

今、同じように悩んでいる方のお役に少しでも立つことができれば嬉しいかぎりです。

再就職に失敗し続けた絶望的な状況から抜けだして自分で仕事を作って収益を得る中でのマインドの変化の実体験談【コーチング感想】

過去(コーチング実践前)からどんな感じで、事業主として自分で仕事を作って収益を得るマインドに変化したのか?について詳しくお伝えしていきます。

コーチング実践前

2018年12月までサラリーマンとして働いていましたが、精神的理由で退職をしました。

2019年1月、まずは心身の療養につとめ、落ち着いてきたところで、これからを考え始めました。

 

ただ、退職前からそのことはうっすらイメージしていて、「デスクワークで、黙々とPC作業をするような、事務系の仕事が向いているのではないか」と思っていました。

そのこともあり、3月から職業訓練校の事務・PC科を受講し、社会に適応できるスキルを身に付けて再就職する、という目標を立てて、就職活動もはじめました。

 

職業訓練校の授業は楽しかったです。
office製品のWordからAccessまで知らないことばかり学べて、モチベーションも高まっていきました。

 

ですが、就職活動がうまくいきませんでした。
書類選考は何件か通過しましたが、面接でいつも壁を感じていました。

 

なぜなら、面接ではどもってしまい、言葉がつっかえて流暢に話せなくなっていたからです。

または、相手の迫力に押されて萎縮したり、「これは不採用になるな」とダメな自分を認めて、少しでも傷つかないようにしていました。

 

面接の前日は、会社やその業界のことを調べたりと意欲的でしたが、自分の妄想から現実に一歩踏み出た途端に怖くなり、いつも現状に戻ってしまっていたのです。

 

しだいに、「もし再就職をしても、人と折衝するとき怖くなって、以前と同じことをくりかえすかもしれない」と思うようになり、今度は在宅でできる仕事を探し始めました。

 

ですが、在宅ワークはアンケートやせどりなど、過去に経験したことがあったので、確かに人と接する機会はほぼないけど、それで生活する過酷さは知っていました。

そのため、仕事内容はよさそうでも、単価の低さに辟易して、断念。

 

それならと、派遣でデータ入力の仕事なら、採用もされるだろうし、人と話す機会もそうそうないだろうと浅はかな思い付きで、その求人へ応募をしました。

ですが、現実は甘くなく、今度は書類すら通過しませんでした。
自分の存在価値すら疑いはじめ、もうどうすればいいのかわからない状態でした。

 

その最中、心の拠り所として、森さんのブログを読むようになっていました。
最初はちょっと凹んだときに読むぐらいでしたが、就活に行き詰まるにつれて、コーチングの内容を本気で読むようになっていました。

 

読み込んでいくうちに、「森さんから直接コーチングを受けられる」とあったので、内容を見たら、料金に驚いてしまい、ブログや動画を見ながら自分でマインドを整えていくことにしました。

 

5月に入り、職業訓練校も終わりに近づいていましたが、就活は未だ成果はなく、行き詰まる一方でした。
帰宅しては森さんのブログを読み、今の不安を解消できる項目を探しましたが、一向に見つかりません。

 

「やっぱり自分は社会には適応できないんだ、だめなんだ、でも死ねないから生きなきゃ、どうすれば・・・」

 

気づけば、以前驚いて諦めたコーチングメニューの金額と内容のページを開いていて、何度も上下にマウスホイールを動かし、PCの前で頭の髪をかきむしりながら、一人悶えていました。

 

このとき、わかっていたのは、悶えたところで誰も助けてくれないことです。

「あなたの希望がぜんぶ叶う仕事がありますよ!」と連絡がくることはありません。

妄想の世界ではない現実の世界では、自分で行動するしかない。

それを本当はわかっていたのですが、それと向き合うことから逃げていたのです。

 

しばらくした後、肚を据えて、森さんにパーソナルコーチングの申込みをしました。

そのときは、お金を支払うこと以上に、「今を本気で変えたい、その先の未来をどうにかしたい」という気持ちの方が勝っていました。

お金はまた稼げばいい、今は森さんのコーチングを受けるしかない、と心の底から思っていました。

 

尚、補足ですが、私は今まで複数の宗教の勧誘を受けて、なかには強制的に入らされたこともありました(今は脱会しています)

また、複数の人から、ネットワークビジネスの勧誘を受けたこともあります。

当時は何も知識がなかったので、いずれも話を聞きにいき、申込みの段階までいきましたが、ほとんどが強制的で恐怖心をあおる側面があったので、寸前で断りました。

 

ですが、ある人は「これをやらないと地獄に落ちるぞ」と言ってきました。

さらには、誘ってきたときは友好的だったのに、こちらが断った途端、パタッと連絡が途絶えました。

こちらとしては、せめてフォローや謝りの一言がほしかったので、こちらからメールをしましたが、結局誰からも返信はありませんでした。

 

これらのことから、インターネット上や勧誘の高額な商材には、極度なアレルギーを持っていました。

 

ですが、森さんのブログは、なぜか不信感が湧きませんでした。
高額なサービスメニューでも、その詳細がちゃんと掲載してあります。

「これを受けないとあなたは地獄に落ちますよ!」というような恐怖を煽る文句も一切ありません。

 

一番は、ブログや動画で詳細な内容を多数発信されており、かつ動画でリアルな森さんを知れたことが要因だと思います。

 

そして、こちらに自由な選択肢があり、充分に判断できる時間がありました。
これらのさまざまな要素が合わさり、この人のコーチングなら大丈夫だと確信して、申込むに至りました。

※これは一個人の意見・感想です。
 すべての方に合致することではありませんので、迷われている場合も焦る必要はなく、第一に自分の意思を尊重されてください。

パーソナルコーチングを受けながら、どのようにマインドが変化していったのか

  1. ゴールを基準に、セルフトークをしながらマインドセットし、行動をする。
  2. 行動したことで新たにわかったことやマインドの変化をフィードバックする。
  3. フィードバックをもとに、必要ならゴールを更新し、①に戻る。

これを地道にくりかえしていきました。

 

森さんとの対面セッションでは、コーチングに関する質疑応答、自分では気づきにくいセルフトークの癖の指摘、自分だけでは書き換えが難しいブリーフシステムを根こそぎとって(書き換えて)もらったりしました。

実践1~3か月目

1~3か月目は、マインドの変化はあまり感じられず、毎日が混乱でした。
ブログを読んでいたものの、実際にやるとなると初めてなことばかりで、手探りの毎日でした。

 

大学ノートに、ゴールの内容、自分がやりたい・していきたいことを書き出し、なぜそれをしたいのかを掘り下げては、その感覚を吟味していました。

具体的には、就活をしていたので、なぜその求人に応募するのか、それは自分のしたいことなのか、給与や待遇面に魅かれてゴールを下げていないか、などとセルフトークをしていました。

 

無職だったので、時間のあるかぎり、近所のカフェを2,3件はしごしては、ノートにひたすら書いていました。
また、マインドの変化はあまり感じられなかったと書きましたが、正確には、好ましい感覚が少なかっただけで、変化はありました。

 

事例としては、ドリームキラーが出てきたことです。
職業訓練校を卒業してからも、数か月間は担当の人から就職をしたかの確認の電話がきていたのですが、その電話がものすごく嫌でした。
おそらくコーチングを実践する前なら、ふつうに相談をして、自分に見合う求人を紹介してもらい、そこに応募していたと思います。

 

ですが、実践してからは、自分の本音が徐々に萌芽していて、「好きにやらせてほしい」という本音が、嫌という反発を生んでいたのです。
ただ、私も職業訓練校の趣旨に同意して受講しましたので、担当の人を無碍にしないで対応するにはどうすればいいのか、と考えながら電話を受けていました。

実践4か月目

4か月目から、マインドの変化を実感してきました。

ゴールの定義もだんだん理解できてきて、仕事やお金は手段であり目的ではないということも腑に落ち、個人事業主に関しても、森さんの実体験を読んだことで、働く手段のひとつと思えるようになってきました。

 

ですが、無職なので貯金を切り崩す毎日が辛く、日雇い派遣のアルバイトに応募しては途中で辞めたり、怪しい高額な業務委託の求人を検索したりと、ゴールを下げてでも、早く楽になりたいという焦りがありました。

 

それでも本音はすべてお見通しで、「ゴールを下げずに、向き合いつづけるんだ」と厳しくも愛情のある先生の感じで、「そっちではない」と常に警告を出していました。
またにわかに、コーチングを仕事にしてみたい、という気持ちも芽生えていました。

 

そんなセルフ押し問答を続けていったことや、職業訓練校からの要望に応えることを求めていた結果、個人事業主になろうという結論に至りました(個人事業主なら、就職と同じ扱いになります)。

 

これを本音は快諾しましたが、不安でいっぱいでした。

それでも、森さんのブログには、「完璧に準備ができてからしようと思っていては、準備をし続ける自分になる。えいやと飛び込み、準備は実践で身に付けていけばよい」とあったので、それを信じて飛び込みました。

 

ちなみに開業届の提出自体は、2,3分で終わりました。
あっけなく、個人事業主になれたのです。

 

ただ、事業は何も決まっていませんでした。
そのことを懸念していたのですが、案の定、職業訓練校の担当の人に、個人事業主になった旨を伝えたところ、やはり「何をしていくんですか?」と聞かれました。
本当に明確な例がなかったので、「自分のやりたいと思うことで・・・」と濁した感じで答えました。

 

すると、こんなことを言われました。
「Sさんの考えたことだから任せるけど、年齢のことも考えてくださいね」

 

現実的にみれば、30代半ばなので、当然の意見です。
それでも本音では、「自分で切り拓いていく」という意志が強くあったので、電話で言われたことが厳しく刺さりましたが、そこは一意見として受け流しました。

おそらくコーチングの実践前に同じことを言われたら、「そうですよね」と同意し、自分の行動を帳消しにしていたと思います。

 

ですが実践後では、「自分で考えて行動していく」というマインドになっていました。

これは、今まで生きてきたなかで、異例の出来事でした。

 

今までは、人の言うことに従い、自分の意見は極力言わない生き方をしていて、何か困ったことがあれば、弱い者を演じ、誰かに助けてもらおうと常にしていました。

ずる賢く、人のせいにして生きてきたのです。

 

ですが、その生き方に限界を感じ、新しい生き方をしていくしかない、と思い、コーチングを受けました。

 

その生き方のひとつが「自分で考え行動していく」。

自分で決めたことには責任をもち、主体的に考え判断し行動していく。

当時は気づきませんでしたが、今こうして書いていて、これは大きなマインドの変化だと思いました。

実践5か月目

5か月目からは、ゴールのイメージとリンクする出来事が起こってきました。

個人事業主という肩書は得ましたが、事業は興してなく、状況は無職と同じ状態でしたので、求人を検索しては、セルフ押し問答し、することが特になければカフェでセルフトークをしていました。

 

それでも、コーチングやコンサルティングに関する求人を探すようになり、ゴール側のにわかなイメージが、徐々に明確になってきていました。

 

そしてあるとき、本音がビクッと反応した求人に出会いました。

コーチング事業をしている会社での事務職の求人でした。
「ここで働ければ、経済力も身につくし、自分のやりたいこともできるし、なによりコーチングに携われる!」
モチベーションはグッと上がり、早速応募しました。

 

そして一次選考として、その企業のセミナーに参加しました。
そこで、その企業の開催しているコーチングスクールのアナウンスがあり、自然と受講を申し込んでいました。

やはり本音では、コーチになりたかったのです。
尚、求人の方は残念ながら不採用でしたが、ひとつ事業の柱を作り始めることができました。

 

ただこのとき、負い目を感じていました。
それは、森さんのコーチ講座を受けておけばよかったと思ったことです。

 

受けたスクールの内容は、いざ受けてみると、森さんから教えてもらったこととは違い、関わる人も違うので、自分の中で妙な距離感を持ってしまいました。

ひとえに、コーチングならどれも同じだろう、と勘繰っていたのです。

 

ですが、教える人やスクールが違えば、内容もやり方も違うことは明白です。
確かに共通している部分もありましたが、やはりそれぞれの考えで理論を体系づけているので、多少の違いはあり、それが自然です。

 

対面セッションのとき、森さんにそのことを伝えることが怖かったですが、正直に伝えました。

すると森さんは、「自分がしたいと思って選択して、そのことでわかったことがあったのですから、その感覚を大事にしてください!」と言いました。

 

やはり、あくまで自分が主体なのだと、実感しました。

常にそのとき必死に考えて判断したことがベストである。

また、判断して行動したことで、新たにわかることがある。

人に好かれたい、傷つきたくない、恥をかきたくないというブリーフシステムが色濃く残っていると気づきました。

実践6か月目

6か月目は、自分を主体にして考えて行動できていると、自分でもわかるようになっていました。
スクールを卒業し、コーチとしてもデビューしました。

 

それでも、お金が入ってくるわけではありません。
あくまで、自分でビジネスをしていかなければなりません。

卒業したあと、コーチとして活躍している自分がイメージできず、「なんでコーチになったんだろう・・・」と批判的にさえなっていました。

 

そのため、最後の森さんとのセッションでも、自分の心を慰めてください、という話し方をしていました。

森さんはどんなときもクライアント主体で考えさせますが、このときはその批判心に寄り添ってくれました。

ですが、今思えば、これはただ人や物のせいにして、自分を正当化していただけでした。

森さんもあえて寄り添ってくれましたが、今思えば、させてしまってすみませんでした、という気持ちです。

 

そのスクールで学んだことを自分はどうしていきたいのか。
これに始終尽きます。

 

そのため、数週間後、自分自身を振り返ろうと、スクールを再受講しました。
そのときには批判心もなくなっていたので、見えていなかった部分がどんどん見えてきました。

森さんの教えにはなかったけど、クライアントさんに役立てるところがいっぱいある。
それにちゃんと共通するところもあり、理解が深まる。

 

明らかに、マインドの変化でした。
自分の在り方しだいで、まわりの人・物・環境の見え方がガラッと変わりました。

森さんとのコーチング終了後

森さんの6か月のパーソナルコーチングが終了してからも、森さんのブログを読んだり、セルフトークやゴールの更新を継続しています。

 

気づけば、セルフコーチングをして思考するようになっていました。
自分で主体的に考えて行動するようになりました。
実践前と比べると、明らかにマインドは変わりました。

 

そして今年になり、つい先日、初めてクライアントさんにコーチングセッションをすることになりました。
仰天でしたし、実践前の自分から見たら腰を抜かしていると思います。

 

このときのセルフイメージは、以下のようなものでした。

「クライアントさんに全力でコミットして、悩みを解決して、理想の自分を自分自身で実現してもらえるようにする」

そのために必要な知識・方法を調べたり、練習したりし、これで完璧という概念はなく、とにかくできる準備をして望もう、というスタンスでした。

 

さらに、自分の稼ぎのことはほとんどなく、相手にどれだけ貢献できるかだけを考えていました。
これは聖人君子面しているわけではなく、正直な感想です。

昨年にはなかった感情で、それだけゴール思考になっているのだと感じます。

 

今現在も、現状の外に行くのが怖くて、つい言い訳をしたり、本来聞くべき人がわかっているのに、違う人に聞いてしまうこともあります。

 

それでも、それらの行動をしたことで、「やっぱりこっちの方向だ、逃げずにいこう」と自分を勇気づけられ、実際にその方向に行動でき、結果、現状の外に行けています。

 

森さんの言うように、コーチングは魔法ではなく、地道なものです。
それでも、コーチングを実践してから約8か月ほどですが、その時間と行動した量によって、確実な変化がある・あったと断言できます。

長文になりましたが、お読みいただき、ありがとうございます。

 

労働者のマインドから事業主のマインドになって変わったこと

  • ゴール側に進むことで、そのマインドに同調した人たちと出会い、関係するようになりました。
  • 相手に同意や金銭を求めることがほぼなくなりました。
    ときには欲が出てきてしまうことは否めませんが、基本、相手に心を埋めてもらおうということはなくなり、自分で埋めて、むしろ相手の心を埋めてあげられるようになろう、と思うようになりました。
  • 自分で主体的にものごとを判断し、行動するようになりました。
  • 自分の本音に嘘をつかず、肯定するようになりました。
  • 嫌な感情が湧いても、セルフトークでその感情の湧いた理由を言語化するようになり、そのことで、イライラしたり八つ当たりすることもなくなり、すべて自分の過去の経験に原因があると思えるようになりました。
  • 雇用されることも、お金を得るひとつの手段として捉えるようになり、自分でお金を稼ぐことができる、と思うようになりました。
  • 自分だけの世界で生きていては、何も成長はないと思いました。
     人と接することで、さまざまな気づきが得られる(頂ける)とわかりました。
  • 相手のことを本気で考えられるようになりました。
  • ゴールのことを始終考えるようになり、過去のことやちょっとした不和が気にならなくなりました。
  • 自分ですべてをやろうとしなくなりました。
    自分でできることはしながらも、頼るときは頼り、独りよがりをしなくなりました。

 

マインドが変化して今の結果になる過程で意識したこと

  • 自分の本音に嘘をつかない。
  • 行き詰まったら、時間をつくってゴールの更新。
  • 自分の気持ちの分析。
  • ゴールのことを言わない。
    ※「これは今言うべきだろうか・・・」と葛藤がありながらも、口から思わず出たときは、そのまま言っています。変に否定すると、相手は余計怪しみ、自分を否定してセルフイメージを下げ、さらに落ち込んでしまいます。
  • 辛いけど誰にも言えないときは、森さんに相談したり、またはゴールにとって必要な感情だろうと想像しつづけて、とことん付き合う。

 

大きな財産を得た8ヶ月と人生のステージの移行と飛躍

全ての感想やフィードバックはクライアントさん自身の言葉で紡ぎ出されますが、実践者の言葉には重みがありますね。一文字一文字に気持ちが込められています。

 

最初にも書いたとおりSさん本人にもお伝えしましたが、なかなかリアルで生々しい内容になっていて、ここまで詳しくシェアできるSさんのマインドの変化に驚きましたね。

最初お会いした時はまさに火種が消える寸前の状態でしたが、今ではとても燃え上がり輝いています。

 

それと原稿を読んでいるときに気づきましたが、「人と折衝するとき怖くなる」というトラウマを持っていた人が、今では人に大きく関わる仕事をしていて、「性格とか思考のクセも変える事ができるんだなー」と改めて実感しています。

 

過去のトラウマを消し去るほど、ゴール思考になるということですね!

それに「ゴールが先、手段や方法は後」というコーチングの原則通りに現状が変わっていてとても面白いなと思います。

 

しかもトラウマを克服して、過去の自分ではあり得なかった自分で価値を生み出す側になり、人と深く関わる仕事をしているので「本当にコーチングは効果があるなー」と読んでいて思いましたね!

 

わずか8ヶ月ですが、そこで得た経験はSさんにとって何物にも代えがたい財産だし、「不可能だと思っていた状況から人生を変える事が出来た」という経験が、これからの人生をさらにより良いモノにするキッカケになります。

過去も現在も未来も固定されてません。マインドが変われば人生は変わりますよ。

これからも応援してます!

The following two tabs change content below.
森昇/Shou Mori

『あなたを仕事の苦しみ・職場の人間関係のストレスから解放する』マインドコーチ

社会人としての夢を描けないまま、東証一部上場企業を新卒入社後、たくさん読書をする中で、「このまま働き続けても未来がない」と危機感を覚え、10ヵ月で退職。

そして転職先を精神的ストレスで1日で行けなくなり辞めてしまう。

転職大失敗後に親しい人たちから批判されまくり、人間不信になって2ヶ月引きこもった後、3年間フリーターとして働く。

「こんな生き方で人生を終えたくない」ともがき続けたときに、コーチングと出会って衝撃を受けた後、コーチングとビジネスを実践しまくる。

その結果、3か月で独立して、やりたいことだけする生活を送り、晴れて自由の身に。趣味活動や、創作活動に打ち込んだり、好きな場所へ好きな時に行ったり、自分が興味関心を持っていることや、大好きな人たちと自由につながる毎日を送っている。

岐阜県生まれ岐阜在住。

心の底からやりたい仕事をして人生を楽しく豊かに生きるためのマインドの使い方、思考、戦略をブログや動画、メルマガで配信中。現在メルマガにて「仕事の悩みを解消するコーチング動画講座」を期間限定で無料公開中。

詳細はこちらにて。

⇒詳しいプロフィールはこちら!

追記:無料メルマガをはじめました!

自分なりの幸せ・価値基準で生きる」をテーマにしたメルマガをはじめました!

ブログやYouTubeでよく聞かれる、コーチングの使い方や仕事の悩みを解消するコツ、ビジネスの事などを体系的にまとめて配信します!

さらに「仕事の悩みを解消するためのマインドの使い方」を習得できるように、5つのコーチング動画プログラムにまとめて、今だけ無料公開中!

メルマガとコーチング動画講座をもとに、あなたにも仕事の苦しみ・職場の人間関係のストレスを解消する状況を作っていただき、自分と未来に誇りと確信をもって幸せに生きてもらいたいと思います。

無料メルマガでもバンバン良質な情報を流しますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

▼いつもシェアありがとうございます!今回もぜひ▼

無料のメルマガ開始!

仕事の悩みを解消する5ステップコーチング動画講座を
期間限定で無料公開します!
↓ ↓ ↓

メルマガと合わせて配信するコーチング動画講座では

【1話】頑張っても仕事の悩みが解決出来ない本当の原因
【2話】コーチングを使って現状を変えるために最初にやるべき事
【3話】悩みを解決して次々と理想を実現するマインドを作る3ステップ
【4話】どんな働き方をするのか?を決めるより重要な事
【5話】9割の人が知らないモチベーション低下の原因と対策

についてお伝えしていくことで、

仕事の苦しみ・職場の人間関係のストレスを解消する状況を作っていただき、自分と未来に誇りと確信をもって幸せに生きるためのプログラムです。

ABOUTこの記事をかいた人

森昇/Shou Mori


『あなたを仕事の苦しみ・職場の人間関係のストレスから解放する』マインドコーチ

社会人としての夢を描けないまま、東証一部上場企業を新卒入社後、たくさん読書をする中で、「このまま働き続けても未来がない」と危機感を覚え、10ヵ月で退職。

そして転職先を精神的ストレスで1日で行けなくなり辞めてしまう。

転職大失敗後に親しい人たちから批判されまくり、人間不信になって2ヶ月引きこもった後、3年間フリーターとして働く。

「こんな生き方で人生を終えたくない」ともがき続けたときに、コーチングと出会って衝撃を受けた後、コーチングとビジネスを実践しまくる。

その結果、3か月で独立して、やりたいことだけする生活を送り、晴れて自由の身に。趣味活動や、創作活動に打ち込んだり、好きな場所へ好きな時に行ったり、自分が興味関心を持っていることや、大好きな人たちと自由につながる毎日を送っている。

岐阜県生まれ岐阜在住。

心の底からやりたい仕事をして人生を楽しく豊かに生きるためのマインドの使い方、思考、戦略をブログや動画、メルマガで配信中。現在メルマガにて「仕事の悩みを解消するコーチング動画講座」を期間限定で無料公開中。

詳細はこちらにて。

⇒詳しいプロフィールはこちら!