ゴールの臨場感を作り続ける大切さを実感した【社員コーチング感想4】

こんにちは、森昇/Shou Moriです!

あなたのマインドを変えるために必要なことは、ゴールを達成した自分の世界の臨場感(リアリティ)を「いま体感すること」です。

 

なぜなら、ぼくたちの脳は一つのゲシュタルト(知識の集合体。自己イメージを含む)しか維持できないからです。

 

つまり

  • これまでの辛い現状に悩むあなたのゲシュタルト。過去思考であり現状維持マインド
  • 自分の人生を切り拓き現状を変えるあなたのゲシュタルト。未来思考であり可能性を広げるマインド

どちらかしか維持できないわけです。

そして「どちらが選ばれるのか?」は、あなたが感じてるリアリティにかかっています。

 

なのでコーチングでは

  • アファメーション
  • ビジュアライゼーション
  • セルフトークを修正

をおこなうことでゴールを達成したあなたが浸ってるであろう世界の臨場感を「いま体感する」ことで脳を騙して、ゴール側の世界を選択させることで創造性をエネルギーを生み出します。

※リアリティの話は理想と現実のギャップで落ち込まなくていい!差が大きいほど良い理由をマインドコーチングの観点から説明します!を参考にしてください。

 

※本来は守秘義務があるので公表しませんが、クライアントさんの許可をもらってます。

※別のサイトより転載・加筆修正を加えて公開してます。

K・M様 会社員 50代女性 神奈川県(2016.8月ー2017年1月) 企業様からのご依頼

 

「今の状況はすごい気持ちが悪い感じがします」

「私はこの一月(3回目から4回目のセッションの間のこと)、振り返れば何も考えていなかった・・・何でだろう?」

 

名古屋でパーソナルコーチング4回目セッションを行いました。

1、2、3回目とクライアントさんと命がけの一進一退の攻防をしつつ、内部表現に働きかけを行ったりエフィカシーをガンガン上げていきました。

ちなみに2回目のセッションについては、パーソナルコーチングを受けて感情を取り戻し・不安の先には大きな経験と喜びが待っている事に気づいたを参考にしてください。

 

4回目のコーチングセッションの中で、本人も気がづかないくらいスコトーマが外れ、内部表現が書きかわり、ゲシュタルト(知識の集合体。ここではセルフイメージも含む)が崩壊していました。

関連記事:人生を変える内部表現の書き換え方法とコーチングが効果ある理由とは?

 

「今の状況はすごい気持ちが悪い感じがします」

「私はこの一月(3回目から4回目のセッションの間のこと)、振り返れば何も考えていなかった・・・何でだろう?」

 

  • 今まで正しいと思っていた価値観
  • 当たり前だと思っていた常識
  • そもそも当たり前すぎて考えることすらしない物事
  • 自分自身を縛り付けていたブリーフシステム(信念体系)

自分自身という存在を創る知識の塊であるゲシュタルトが壊れ始め、3回目から4回目は特に顕著でした。

 

過去の自分のゲシュタルトが崩壊するということは、すなわち情報空間内で自分自身の世界が終わったことを意味します。

 

そして終わりと同時に新しい世界が始まります。

すなわち、新しいゲシュタルトが構築させることになるということです。

ゲシュタルトを統合することは人生を変える上でとても重要な分岐点になり、下手をすると自分自身をさらに強固に束縛をすることになります。

 

ゴールの臨場感を作り続ける理由

ここからは、ゴールの臨場感を作り続ける理由について書いていきます。

人間の脳は一つの世界の臨場感しか維持できない

ぼくたちは多重人格者ではない限り、ゲシュタルトを一つしか持つことが出来ません。

つまり

  • ゴール側の自分(新しい世界の自分)か
  • さらに束縛する自分(過去と現在の世界の自分)か

どちらかを選ぶ。ということです。

 

ゴール側の自分のゲシュタルトを持つことが出来れば、未来思考になり、過去と現在の状況に束縛されることはなくなります。

 

だけどもし、束縛していた時の自分のゲシュタルトを再構築してしまった場合、、、

過去と現在に囚われ続けてますますスコトーマが強固になり、あなた自身を意味もなく束縛することになります。

臨場感とホメオスタシス

ここで大事になってくるのは、ホメオスタシスの作用です。

ホメオスタシスは常に現状維持の作用をもたらします。

 

たとえゲシュタルトが壊れたとしても、ほとんどの人はゴール側の世界よりも現在の世界にリアリティを感じているので、なんとしても今までの自分に戻ろうとして行動を促してきます。

 

つまりクライアントさんの

「今の状況が気持ちが悪い感じがします」というフィードバックは、

認知的不協和が起きている証拠であり

「私はこの一月(3回目から4回目のセッションの間のこと)、振り返れば何も考えていなかった・・・何でだろう?」

というのはホメオスタシスの作用で、なんとしてでも現状維持をさせようとしている証拠です。

 

この時、マインドの仕組みを知らなければ、、、

つまり「ゴール側のリアリティを高めて新しい自分のゲシュタルトを構築しよう!」としないと、

  • 目の前の状況、
  • 過去に体験したことに囚われ、
  • 現状維持マインド

にゲシュタルトを再構築することになります。

 

現状維持マインドはだれにでも起きる

「絶対に変えたい!」と思ってた自分の世界にゲシュタルトを再構築して現状維持することは誰にでも起こることです。

それくらいホメオスタシス(恒常性維持機能)は強烈です。

 

「意識」して新しい自分のゲシュタルトを構築していこうとしない限りは、僕たちは現状の方がリアリティが高いため、今まで自分自身を束縛していた世界に戻ろうとします。

 

そして、変わりたいけど結局現状を変えることが出来ない人や、

書籍やDVD(動画)を見たりセミナーを受講しても結局現状が変わらない人が、

コーチングを実践して一番躓く部分でもあります。

セッションは命がけ。常にリラックスしながらも最新の注意を払う

そういう意味でもセッション常に命がけです。

なぜならリアリティの作り方を間違えると、クライアントさんを依存させたり現状維持に固定してしまうからです。

 

新しいゲシュタルトを獲得する作業は、コーチングセッションにおいても

声のかけるタイミングや間の取り方、

どれくらいの抽象度で働きかけをするのか等

一番神経を注ぐタイミングでもあります。

 

そしてコーチがいない場合で大事なのは

  • 「自分はもっとできる人間なんだ」と自分自身を認めてあげること
  • 「自分自身がやりたいことをやってもいいんだよ」と自分自身に許可を与えてあげること

です。

 

つまり過去の自分を基準にするのではなくて、

未来の自分を基準にしてリアリティを高めるて「いま体感すること」が大事だという事です。

 

ゴールの臨場感を高めるとはエフィカシーとセルフエスティームを上げること

「自分はもっとできる人間なんだ」とあなた自身をとにかく褒めて、認めてあげます。

そしてあなたなりに、いろんなこと(自分のやりたいこと)が出来ている自分のイメージをつくることで、エフィカシーが上がります。

 

「やりたいことをやってもいいんだよ」と自分自身に許可を与えて

今まではやっていない事だったり、

やってみたいけど方法が分かんないから辞めておこうと保留にしたことを

楽しくやっている自分のイメージを作ることでセルフエスティーム(自尊心)が上がります。

 

エフィカシーとセルフエスティームの2つが高まれば高まるほど、

新しい世界の自分のゲシュタルトを構築することが出来て、

今までの自分では考えもつかなかった物事が見えてくるようになり、

しがらみがどうでもよくなり、未来側のことについてしか興味を示さなくなります。

関連記事:なぜコーチングを取り入れると今の悩みや過去の囚われがなくなり思い出せなくなるのか?

 

セルフコーチングを使っていくことや

パーソナルコーチングを受けてコーチとセッションをすることは

手間と時間短縮などの違いはあれど

「今までの自分の世界を終わらせること」を理論的にやっています。

 

過去や現在の状況にしばられているあなた自身の世界を終わらせることを決意して、ゲシュタルトを崩壊させ、新しい世界を自分の手で創り、未来を変えていくという作業をしています。

 

「世界が終わるから、世界が始まる」

つまり

「今までの自分と決別するから、現状を変える事ができる」

ということです。

 

だからこそ僕たちは

今の自分の世界をそのまま維持しても創ることが出来ない世界をゴール(目標)として掲げ

今までの自分のゲシュタルトを崩壊させて

新しい自分のゲシュタルトを構築することが、とてもとても大事になります。

 

「自分はもっとできる人間なんだ」と自分自身を認めてあげてください。

「自分自身がやりたいことをやってもいいんだよ」と自分自身に許可を与えてあげてください。

 

なぜなら、自分の新しい世界のゲシュタルトは、自分自身で決意して創ることから始まりますから。

 

今回のセッションでは、クライアントさん自身で上手くゴール側のゲシュタルトを構築できたので、セッションの途中からは次々とやりたい事が出てきて、未来思考になりました。

 

あなたは、どんな世界を創っていきたいですか?

 

それが

『全ての意味ある永続的変化は、内側から始まり外側へと広がる』(ルータイス)

ということです。

 

以上、ゴールの臨場感を作り続ける大切さを実感した【コーチング受けた感想4】…でした!
森 昇

 

コーチングサービス、クライアントさんの声をみてみる

 

↓次はこちらの記事がおススメ!↓

これまでの自分を捨て去り、刹那瞬に生きる新しい世界の主になるか?君主論から読み取る認知とリアリティー。

やりたくない仕事を我慢してやってる人は既に才能の塊を持ってるよ!

追記:LINEマガジンをはじめました!

「コーチング視点を身につけてマインドと人生をアップデート」をテーマにしたLINEマガジンをはじめました!

ブログでよく聞かれる仕事や職場の人間関係の悩みやコーチングの実践ポイント、ビジネスのことなどを体系的にまとめて発信しています。

無料でバンバン良質な情報を流しますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

▼いつもシェアありがとうございます!今回もぜひ▼

着実にマインドの使い方を身につけるコーチングサービス

誰にも相談できずに、ずっと一人で抱えている「職場の人間関係のストレス・仕事の苦しさ」「自分には何もない、この先どうなるのか?と将来の不安で悩む毎日」「変わりたいけど変われない自分への憤り」「他者と比べて落ち込む劣等感マインド」を、最短4回〜9回のセッションで解消して、『人生を切り拓くマインドの使い方』を森昇に直接会って修得したい方へ


あなたが手にするのは人生が変わる圧倒的な「体感」と「確信」。

ABOUTこの記事をかいた人

森昇/Shou Mori

『あなたを仕事の苦しみ・職場の人間関係のストレスから解放する』マインドコーチ:森昇/Shou Mori 誰にも相談できずに、ずっと一人で抱えている「職場の人間関係のストレス・仕事の苦しさ」「自分には何もない、この先どうなるのか?と将来の不安で悩む毎日」「変わりたいけど変われない自分への憤り」「他者と比べて落ち込む劣等感マインド」を、最短4回〜9回のセッションで解決し、自分と未来に誇りと確信をもって幸せに生きるための『人生を切り拓くマインドの使い方』を修得させるプロフェッショナルとして、マインドコーチングを提供しています。岐阜県生まれ岐阜在住。
⇒詳しいプロフィールはこちら!

⇒LINE@で相談等する