狂った現代社会に適応する先は精神破綻が待ってるけどどう生きますか?

こんにちは、森昇/Shou Moriです!

 

将来に希望を持てずに毎日が憂鬱で辛いと悩んでいるけど、周りの目が気になってしまい、改善することができない人は多いのではないでしょうか。

社会に適応できる人になりましょう

こどもに対して、教育者(親や先生など)が「社会に出て恥ずかしくない、一人前の大人」として社会で適応できるようになる大人に育てる為に、

常識から外れたことをすると怒鳴り散らかし

「常識から外れること=悪いこと」という考え方を植えつけ、

その中でもさらに常識から外れた人に対して「社会不適合者」というレッテルを貼り集団でイジメる。

 

ほとんどの教育者は当然のように、「いかに社会で通用して恥ずかしくない大人に育てるか。社会不適合者にならないよう真面目な大人に育てる」ことを一生懸命やっています。それも人生かけて。

 

そうして僕たちは「社会で通用する大人になっていこう」とします。

だけど世の中の状態を見ると「社会に適応する」ことはすごい間違いだし、社会で通用する大人になろうと努力するから、生きることが辛くなってしまいます。

 

狂った現代社会に適応する先には精神破綻が待っている

だって、僕たちが生きている社会は、

  • 自殺者が3万人もいて
  • 結婚しても3割は離婚して
  • 約300万人も精神疾患で辛い生活を送っていて
  • 働いている約4割は非正規雇用でいつクビになるか分かんないし
  • 真面目に我慢して働けど楽にはならず
  • 有給休暇、育児休暇の所得が世界最低レベル

が当然のごとくはびこっている社会に僕らは住んでいるわけで、それがスタンダードなんですよ。今の日本社会では!

 

なので「社会に適応できる大人になる」。つまり「過酷を極める社会で通用する」というのは、相当な精神力と忍耐力が必要になります。

だから多くの人は働き始めて、社会にはびこる「当たりまえの幸せ」や「当たり前の価値観」で行動すると、だんだん心身共に疲れきってしまいます。

 

うつ病や適応障害などの精神的な病はまさしく歪な社会に耐えきれなかったからです。

だけどそもそも世の中が狂ってるわけなので、違和感を押し殺して生き続けた結果、心が壊れて破綻するのはある意味必然です。

だから僕は「辛いなら頑張らずにさっさと逃げろ」って言ってるし、他人が決めた幸せ・価値基準でいきるなんて無理ゲーなことなんてもうやめて、「自分の幸せ・価値基準で生きようよ」と提案しているんですよね。

 

狂った現代社会で生き抜くために必要なこと

狂ってる現代社会で生き抜くために必要なことは主体性を持つことです。

自分自身に素直になると決めること

だけど多くの人は今いる環境を変えることが怖いからなかなか行動できないんです。

そのほとんどは子どものころの教育にあります。

 

僕たちはいろんな大人から

  • アレをやってはいけません!
  • コレをやってはいけません!
  • 常識的に考えて間違ってる!

と怒られて強制されてきました。

やりたいことがあっても、親や大人に許可をもらわないと出来なかったはずです。

たとえば「ゲームをしたいなら勉強しなさい」とか。やりたい事をやるためには我慢が必要だと教えられました。

 

つまり過去の経験とそれに付随した感情が情動記憶となって、僕たちの行動を制限してるわけです。

だから他人の言うことを従うのは慣れてるけど、自分で自分の気持ちに耳を傾けて、したい事を自分で決めて行動することには全く慣れていないんです。 

別にあなたに才能がないわけじゃなくて、単に慣れていないだけです。

「自分で自分の事を決めたいけど、周りの人に許可をもらわないとやっちゃダメなんだ」って、心の底に刻みつけられているだけなんですよね。

言葉を変える(言葉が人生を決める)

だからまずは自分への呪縛を解くためにも言葉を変える事です。

自分の気持ちに向き合えず行動できないのも過去に「自分で決めるな」という言葉を受け入れたからです。

コーチングではセルフトークと言いますが、いまの現実は自分が受け入れた言葉や普段から「当たり前に」使ってる言葉通りに作られています。

 

言葉は人生を決めるわけです。だからこそまずは自分の人生に主導権を戻すために「自分に素直になってもいい」と自分に言い続ける事から始めてください。

僕も実際にやった効果がある方法としては、夜寝る前と朝起きる前に「自分の素直になる。自分の本音に素直になってもいいんだ」とつぶやくことです。

 

コーチング的に言えば、「自分は自分の気持ちに素直になってもいいんだ」とセルフトークを変えてみてくださいということです。

人間は約6万回くらいセルフトークをしていると言われています。

そして多くの人は、褒められるよりも批判されることがほとんどなので、自分でも気づかないうちにネガティブなセルフトークを無意識に刷り込み続けています。

  • 「自分では決めれない」
  • 「周りの評価を気にして生きなければいけない」など

自分自身を痛めつける言葉ばかり受け入れてる状態なので、まずは自分にとって一番の味方である自分自身が、当たり前に心の中でつぶやいている言葉を変えましょう。

客観的な正しさより自分の心にある正しさで物事を決めてしまう

  • あなたは普段どんなことばをつぶやいてますか?
  • どんなことを当たり前だと思っていますか?

自分が何になれてるのか?何を当たり前だと思っているのか?を徹底的に吟味する必要があります。

なぜなら、あなたが受け入れた言葉が、あなたの信念や価値観や常識を創り、今のあなたが過ごしてる世界を創ってるからです。

 

​​「○○が絶対だ」という信念がある人は、それ以外の意見を持ってる人に攻撃的になるし、「上司の意見は絶対だ!」という言葉を受け入れて常識として持っている人は、それを基準にモノゴトを判断します。

年功序列が続いていた一昔前だったら問題なかったけど、今の社会では体育会系のノリは通用しなくなってるし、トラブルのもとになっています。

 

そんな感じで「あなたの中にある常識をぶっ壊す」ことが、今の狂った世の中を生きるためにやるべきことです。

そのために自分の中にある常識を創っている「セルフトークを自分で変えていく」必要があるわけです。

なのでまずは「自分は自分の気持ちに素直になってもいいんだ」って自分自身に対して言いまくってください。

 

セルフトークもダイエットと同じで、一気に変えようとするから続かないのであって、変えていくのは少しづつでいいんですよ。

最初は、毎日2回でいいから続けていくとだんだん「自分で考えて行動してみたいなぁ」と願望を持つようになります。

千里の道も一歩よりです。

自分自身に許可を与えよう

自分の本音に素直になって「自分で考えて行動してみたいなぁ」と思ったら次の段階にすすんでみましょう。

そこで何をするか?というと「自分自身に許可を与える」ことをしてほしいんですよね。

 

要するに「いちいち他人に許可をもらわず、自分の人生は自分で選んでいいんだよ」って、あなた自身に対して許可を与えて欲しいということなんです。

 

僕たちは子どものころから自分で考えて行動できないように束縛されてきました。

つまり「奴隷根性」がしみついているわけです。

だからどんなに自分の気持ちに向き合って願望を持ったとしても、他人に許可を求めないと最初の1歩を踏み出すことができなんです。

だから何かを決意しても行動できない人は、自分に許可を与えていない人がほとんどなんですよ。

 

なのでまずは行動しなければと思う前に、あなた自身に対して「自分で考えて行動してもいいんだよ」と言い続けて自分にどんどん許可を与えてください。

そうしたら自然と自分がやりたいことに行動していけるようになります。

 

人生を自分ごとに出来るから楽しくなる

コーチングを自分に使ったり、セッションをしてマインドの使い方が上手になる事で得られるものは人生を自分ごとにできる事です。

 

コーチングを通して自分を含めていろんな人の変化を見て確信したことがあります。

それは生きてて辛いとか、毎日が不満で辛いとか感じてしまう人というのは、例外なく自分で決めた価値観で毎日をいきてないからです。

 

つまり人生の主導権を周りに譲ってしまい、自分の人生が他人ごとになってるという事です。

本当は自分の気持ちの正直になってやりたい事をしたいのに、無意識的に他人の目線、言動に抑圧されて本心を閉じ込めてしまう。。。

要するに「今やっていることが辛いとか不満」など、「こんなことやりたくない!」って気持ちになっている原因は、あなたが自分の本音を押し殺して他人の価値基準で行動しているからなんですよね。

人は自発的なことしか楽しめない

だけど自分で考えて行動できる人は、同じことをしてもやりたくないと感じません。

それはなぜかというと、自分の気持ちを向き合い「これは自分がしたくて選んでる」と決めて行動できているからです。

 

だから今までやりたくない感じていたことでも、自発的にやりたいと思えば自然と「これやりたい!!」って考えに変わり、充実します。

僕自身もそうですが、自分がやりたいと思った事で満たされている毎日はとても充実しています。

前の生活に戻れないくらい楽しいです。そしてそれに至るまでには、過去の情動記憶は未来の自分に関係ないと心から理解することです。

そのためにもセルフトークをコントロールして、自分の本音と向き合う事が必要不可欠なんですよね。

 

「そうは言っても自分の気持ちがよく分からない」という人は、自分の気持ちや本音がわからない人が本音で生きる為に絶対に必要な事で解説したので読んでみてください。

 

狂った現代社会に適応する先は精神破綻が待ってるけどどう生きますか?

確かに自分で決めているから、自分に対して責任が生まれるし誰のせいにもできません。

だけどすべてを主体的に決めて行動するということは、それらは当然のことでありそれらがない毎日なんてつまらないです。自由には責任が伴います。

 

「私は自分の人生で責任をとりたいくない」と思えばそれでもいいですが、それは自分の人生を主体的に生きることを放棄したということです。

「自分を殺して自分の身体で他人の人生を歩む」と宣言したということでもあります。

つまり「現代の奴隷として一生他人に媚びを売って、苦しくても我慢して後悔しながら生きていく」ということです。

 

でもそれって、絶対に間違っているとおもいませんか?

だって自分の人生を生きられるのは自分しかいないからです。

僕もあなたもこの世に生まれたのは、誰かの変わりの人生を歩むためではなくて、自分の人生を自分で決めて創って社会に価値を提供していくためだからです。

世界的に見たらとてつもなく恵まれている日本でどう生きたい?

ぼくたちは生きる為に生まれてきましたが、幸運なことに世界的に見ても狂った日本社会はとてつもなく恵まれています。

  • 世の中には餓死と隣り合わせで生きている地域もあれば、
  • 紛争まっただ中でこの瞬間に死と隣り合わせで生きている地域もありますが

幸いにこのブログを見てくれている人は、飢餓にもあってないし、紛争まっただ中ではないはずです。

 

生きる為に生まれるという最低限の欲求は満たされ、自己実現が出来る環境の中で生きているはずです。

だから他人のモノサシで、他人の目を気にして、他人に許可をもらった幸せ・価値基準でいきるなんて辞めて欲しいと思ってます。

 

あなたは狂ってる現代社会でどう生きますか?

せっかく恵まれてる環境にいるので「自分に素直になる」と決めて「自分自身に許可をあたえて」ほしいです。

「これまでの自分」は「これからの自分」とは関係ないし「今までの自分をまるごと捨てる」から人生が変わります。

無理矢理「(狂った)社会で通用する人になる」なんて無謀でムダな考えはさっさと捨てて、自分なりの幸せ・価値基準でいきていきましょう。

ここまで読んでくれているあなたなら、絶対に変わることができますよ。

 

以上、狂った現代社会に適応する先は精神破綻が待ってるけどどう生きますか?…でした!
森 昇/Shou Moriより

 

追記:LINEマガジンをはじめました!

「コーチング視点を身につけてマインドと人生をアップデート」をテーマにしたLINEマガジンをはじめました!

ブログでよく聞かれる仕事や職場の人間関係の悩みやコーチングの実践ポイント、ビジネスのことなどを体系的にまとめて発信しています。

無料でバンバン良質な情報を流しますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

▼いつもシェアありがとうございます!今回もぜひ▼

仕事の苦しみ・職場の人間関係のストレスする
マインドコーチング受付中!

誰にも相談できずに、ずっと一人で抱えている「職場の人間関係のストレス・仕事の苦しさ」「自分には何もない、この先どうなるのか?と将来の不安で悩む毎日」「変わりたいけど変われない自分への憤り」「他者と比べて落ち込む劣等感マインド」を、最短6回〜9回のセッションで解消して、『人生を切り拓くマインドの使い方』を森昇に直接会って修得したい方へ


※定員になり次第、恐縮ですが6ヶ月お待ちいただくか募集終了となりますので今すぐご確認ください。

ABOUTこの記事をかいた人

森昇/Shou Mori

【『あなたを仕事の苦しみ・職場の人間関係のストレスから解放する』マインドコーチ】
東証一部上場企業を新卒入社後10ヵ月で退職→転職先を1日で行けなくなり辞める→人間不信になり2ヶ月引きこもった後、3年間フリーターとして働く→コーチング&ビジネス実践しまくる→4か月で独立して、やりたいことだけする生活を送っている。岐阜県生まれ岐阜在住。

⇒詳しいプロフィールはこちら!

⇒LINE@で相談等する