このまま働き続けるか悩む方が職業と仕事を分けて考えるメリットとは?多様化する働き方で大切なのは仕事内容より「何を提供したいか」です。

こんにちは!森昇/Shou Moriです!

 

今回のライブは【このまま働き続けるか悩む方が職業と仕事を分けて考えるメリットとは?】というテーマで配信をしました!

 

「このままいまの仕事を続けてもいいのかな?」と悩んでいる方も多いと思います。

 

ぼく自身も仕事で悩んでたのですごい気持ちがわかりますし、喉に骨が刺さった感じで解決したくても出来ないもどかしさを常に感じてました。

 

ぼくのコーチングの性質上、働き方で悩まれてる方から依頼を受けます。

そしてクライアントさんにアドバイスをするのが「仕事」と「職業」を分けて考えたほうがいいよ!ということです。

 

実は世間一般的に言われてる仕事は、「仕事」と「職業」をごちゃ混ぜにしてるんです。

 

職業とは「社会に機能を提供すること」であり、仕事は手段である

たとえばタクシーの運転手で考えてみましょう!

 

そうすると「仕事」はタクシー運転手になり、「職業」は「人を運ぶ」です。

 

つまり「人を運ぶ」という機能を提供する手段として、「タクシー運転手」を仕事にしてるわけです。

 

  • 職業は「何を社会に機能を提供するのか?
  • 仕事は「職業を成し遂げるための手段

 

まずはここを抑えておきましょう!

 

職業が明確になれば、仕事が決まる

  • 職業は「何を社会に機能を提供するのか?」
  • 仕事は「職業を成し遂げるための手段」

 

という話をしました。

 

ということは、タクシー運転手の例で話をすると

職業が「人を運ぶ」事をしたいのであれば、別にタクシー運転手にこだわらなくてもいいわけです。

 

つまり

  • 職業:人を運ぶ
  • 仕事:タクシー運転手、バス運転手、京都の人力車など

 

タクシー業界のなかでしか考えれなかった物事から、バス運転手や京都の人力車が選択肢として出てきました。

 

ということは、あなたの提供したい機能を明確にすることで、タクシー業界に囚われなくてもいいわけです。

思い込みを外す事で、あなたは自由になる

これをスコトーマ(心理的盲点)が外れると言いますが、解決策はいつもあなたの思い込みの外にあります。

 

なので、いまの仕事を働き続けるか悩むあなたがやるべきことは「思い込みを外す」ことであり、「提供したい機能・価値をはっきりさせること」です。

 

そして働き方でいえば、「仕事」と「職業」を分けて考えることです。

 

あなたは、どんな機能を社会に提供したいですか?

 

というわけで、今回のライブ配信の概要について書きました。

詳しくは↓下の動画で話をしたので、ぜひ見てね^^

 

以上、このまま働き続けるか悩む方が職業と仕事を分けて考えるメリットとは?多様化する働き方で大切なのは仕事内容より「何を提供したいか」です。…でした!
森昇/Shou Moriより

 

▼いつもシェアありがとうございます!今回もぜひ▼

マインドを上手に使えるようになりたい人向けコーチングLINE@です。気楽に登録してください!

パーソナルコーチング

あなたは他人の顔色を窺って、自分を騙して生きなくていい。

もし、あなたが以前の私と同じように、人生を模索しているのであれば、コーチングマインドを身につけることで打開することができます。

なぜなら、日常の全ての問題はマインドから来ているからです。マインドの使い方に問題がある場合、どんなにいい方法論やノウハウを学び、チャンスが目の前に来たとしても活用できず、時間とお金を浪費するだけの人生になります。

パーソナルコーチングでは、あなたが6回のセッションを受けてマインドを根本から変えることで、何年も悩んだ問題・しがらみを解決して、エネルギーに満ち溢れ、充実感のある幸せな人生を送ることができます。