【効果的】分かっていてもやめられないクセを絶対に直す!脳機能を使ったとっておきの方法

こんにちは、森昇/Shou Moriです!

 

禁酒・ギャンブル・DV・拒食症・過食症・借金続き・なんとなくの友人付き合い・スマホ依存・サラリーマン依存・他者依存など

「これやめられたら、いろいろ楽になるのになあ・・・でもやっぱりやめれない!」って事は誰しもあるとおもいます。

 

でも実は、脳機能を使った「悪いくせをやめる方法」があるので、それについて紹介します!

 

僕たちのやめられないクセは、親の影響をかなり受けている!

まず質問です。あなたはコーヒー派ですか?紅茶派ですか?

 

こう聞かれた時に「コ-ヒー(もしくは紅茶)好きだからコーヒーです!」って無意識に答えると思います。

 

だけどそうやって何気なく答える90%の出来事が、子どものころの親のモノマネをであることがとても多いんです。

 

つまり、あなたの好き嫌いというのは

実は親の影響をかなり受けているってことなんですよね!

 

そしてそれはコーヒーや紅茶以外に、あなたがいつもやっている習慣についてもいえます。

 

例えば

タバコを吸うようになった人は高確率で親が喫煙の経験があったり
読書が好きな人は親も本を読んでいたり
公務員が良いという人は親も公務員だったり
スポーツが好きな人は親も何かしら運動をしていたはずです。

 

ですが、クセに関していえば、自分が気づいた時点で直すことが出来ます。

 

本当に辞めたいと心から思えば、人は意外に辞めようとするんです。

身体に悪いと知ってタバコを吸っていた人も、本当に体が悪くなったらタバコをやめますから。

本気で「やめる!」ってモチベーションさえあれあば、たいていのクセはやめることが出来るんです!

 

本人が気づいてない悪いクセが一番やっかい

だけどクセがすべて悪いわけじゃなくて、いいクセもあれば悪いクセもあります。

 

ですが、「私は自分のいいクセや悪いクセが分かってる!」と思っている人は、実は要注意です。

 

なぜかと言うと、いいクセ・悪いクセの判断は自分ではなかなか気が付きにくく、

あなたが「直さなくてもいいクセだ!」って思っているものが、

実は、あなたにが気づいていない悪いクセだったりする場合が結構多いからです。

 

「私はなんて他人に気を遣える人間なんだ!」って思って人の分まで代わりにやってあげたとしても、相手からしたら「本当は自分でやりたいのに・・・」って思っているかもしれませんよね?

 

つまり「周囲に迷惑をかけているのに、本人が気が付いてないクセ」。これが、あなたが直すべきクセなんですよ!

 

ですが直すもなにも、人に指摘されるまで全く分からないから、かなり厄介なんですよね。

 

無意識にやっているやめられない悪い癖を知る方法と注意点

ということは、あなたがまずやるべきことは

無意識にやっているやめられない悪いクセを自分で知る

ってことになります。

 

もしパートナーがいれば、相手に指摘をしてもらえばいちばんですが、パートナーがいない場合は、あなた自身の過去を振り返って「他人から指摘されて不快に思ったこと」をもう一度吟味します。

 

なぜかというと、他人から指摘されて不快に思うということは、無意識的には悪いと思っているからです。

そこを意識して吟味することであなたの気が付かなかった部分を見つけやすくします。

 

ですが、注意点が一つ。

過去を吟味するときは、他人事のようにやってください。

 

なぜかと言うと、過去を思い出すとその時感じた感情まで一緒に思いだす危険性があるから。

その時の怒りでイライラしたり、自分やパートナーを責めてしまう事になりかねないからです。

 

あくまでも他人事のように吟味するとこで、不快に思った事を「素晴らしいアイディアだ!」と思って、生かす方向に転換することが出来るようになります。

 

やめたくてもやめられないクセを治す具体的な方法

ここからはやめたくてもやめられないクセを治す具体的な方法について、脳機能を使ったとっておきの方法を紹介します。

クセを4つの分類に当てはめると直すモチベーションが湧く

そしてクセは4つの分類に分けることが出来ます。

まず、あなたがこうなりたい!って目標を持ちます。

 

「嫌々働いている職場を辞めて独立起業する」って目標でもいいし、「数年後に結婚したい!」、「5年後に年収1億円稼ぎたい!」でもなんでもOKです。

(あくまで暫定です。ゴール設定の本質とは離れてますが、分かりやすい例を挙げています)

 

そしてその目標を実現するために、やめるべきクセ、やめないでいいクセを上の図に合わせて洗い出していきます。

 

縦軸は、目標にプラスかマイナスかを表し
横軸は自分で気づいているか気づいてないか

を表していて、

A:目標にプラスで、本人が気づいてるクセ
本人に指摘して伸ばす

B:目標にプラスで、本人が気づいてないクセ
指摘しないで伸ばす

C:目標にマイナスで、本人が気づいてるクセ
目標を再確認する

D:目標にマイナスで、本人が気づいてないクセ
絶対に直す!

ってな感じで4つに分類分けをすることが出来ます。

カテゴリー分けした時に、「A」と「B」ならどんどんクセを伸ばせばいいですが、C」と「D」なら絶対に直すべきです。

 

ですが大丈夫!あなたがこの表を元に自分のクセを洗い出している時点で、あなたの脳はいいクセと悪いクセをちゃんと認識しています。

 

直すにはまず、現状を把握する必要があります。

解決しようにもまず状況把握が出来てないと、動き出せません。

ですが、上の図に合わせてカテゴリー分けをしているあなたは、既に自分の状態を把握できています。

 

さらに貴方にとってプラスになる目標を決めているため、悪いクセを直そうと解決策をどんどん思いつくことにようになり、直すために行動を起こせるようになります。

 

ぼくたちがなかなか解決できない原因は、自分でその原因が認識できてないからです。

逆に言えば、認識さえできればこっちのもの。

 

だからこそこうして紙に書いたりシェアすることで、無意識の悪いモノを見つけることが出来るようになってモチベーションも上がり、効果的にクセを治すことが出来るようになりますよ!

 

<まとめ>

  • やめる!とモチベーションが出ればやめることが出来る
  • 自分が悪いと思っているクセよりも、いいと思っているクセの中に問題がある場合が多い
  • 目標を立てて、4つの分類に分けることで今まで気が付かなかった悪いクセを任しくすることが出来る

 

以上、【効果的】分かっていてもやめられないクセを絶対に直す!脳機能を使ったとっておきの方法…でした!
森昇/Shou Moriより

 

▼いつもシェアありがとうございます!今回もぜひ▼

正しいマインドの使い方・考え方等を動画コンテンツで週1配信。詳しくは下のリンクから登録してください。

→詳細が気になる方はこちらをクリック

パーソナルコーチング

私が「コーチングを使って、好きな事だけする人生を生きる!」と言った時、みんなに笑われ否定されました。

でもコーチングを実践し続けて、生き方そのものを変えると、、、

あなたも、今の悩みを全て解消しながら、未来に確信が持てるようになり

100%Want toで自由に楽しく生きるマインドを手に入れたくありませんか?



ABOUTこの記事をかいた人

森昇/Shou Mori

のべ数十万人に読まれてるブログの著者&YouTubeチャンネル運営者。岐阜県生まれ岐阜在住。社畜奴隷解放クリエイター。マインドコーチ、中小企業コンサルコーチ、陸上短距離100m200m実業団・プロ・指導者向けの専門マインド&テクニカルコーチ、プロコーチ養成講座の講師とサポートなどしてます。
⇒詳しいプロフィールはこちら!

⇒LINE@はじめました!