独学でセルフコーチングを実践しても上手く出来ず挫折した3つの理由

こんにちは、森昇/Shou Moriです!

 

現在、ぼくはコーチとしてセルフコーチングを教えたりパーソナルコーチングをしたりプロコーチ養成講座を開講していますが、2015年までの約3年間、独学でセルフコーチングをしてました。

 

結論から言えば、独学のセルフコーチングは上手くいかなかったです。

実際、やればやるほど悪循環に陥ってました。迷宮をさまよう感じ。

 

そんな感じで、「セルフコーチング上手くいかなかった原因が3つくらいあったなぁ」と身をもって体感したので、動画も交えて配信しました。

 

ということで今回は【森昇の独学セルフコーチングが上手くいかなかった時の3つの理由】についてお伝えします。

 

理由1、「セルフコーチングは独学でいいでしょ!」と現実逃避をして、目の前の快楽にお金を使っていたから

ぶっちゃけ、セルフコーチングにお金かけたくなかったんですよ笑

なぜなら当時はストレスまみれだったので、嫌な気分を解消するための消費や、本代にまわすお金でいっぱいいっぱいだたからです。

 

そして将来の投資のための読書も、気づいたら「読んで終わり」の単なる娯楽であり消費活動になってました(笑)

 

独学とはかっこいいけど、単に目の前の現実から目を背けてただけ。

ストレスを解決できない、どうしようもない自分から逃避するために、目の前の快楽を求めてました。

 

それに、「本に書いていあることやれば、なんとかなるでしょ」と思ってました。

いま思えばちゃんと現状把握して本音と向き合うべきでしたが、完全ある奢りであり、そこに待っていたのは「独学の罠」でした。

セルフコーチングは頭ではなく身体(体感)で覚えることが大事

なぜなら独学だと、そもそも自分が間違っていることにすら気づけない場合が多いからです。

 

本当だったら先生(指導者)がいて、方法が間違っていたら「違うよ!」と教えてくれるし、修正してくれます。

さらには自分の間違いを最大限少なくできるし、実際に使えてる人の体感と変化出来る環境も手に入ります。

 

これがめちゃくちゃデカい

 

どんな事にも言えますが、情報は無料で手に入っても体感は得られません。

体感を得るには、自分で試行錯誤して探し出すか、場を共有して臨場感を共有するかです。

そして後者の方が圧倒的に速くて確実です。僕はこういうところにお金を使いべきでした。

正しいコーチングはメチャクチャ効果上がるがゆえに無意識に抵抗を受ける

コーチングを実践した人達を隣で見てきましたが、控えめに言ってメチャクチャ効きます。

 

だけど効くという事は、「マインドが変わる」という事。変化は無意識にはNGです。

 

そしてコーチングを使ってマインドを変えようとすると、ホメオスタシスが働き、クリエイティブアボイダンス(創造的回避)を引き起こします。

 

なのでもしあなたがセルフコーチングを実践しても現実とマインドが変化してない場合、高確率でやり方を間違えてる可能性があります。

 

そして独学で上手くいかない時期が続くと、「なんで上手くいかないんだろう・・・」って焦るのでIQが下がり、論理的かつ冷静に判断が出来ない状況に陥ります。

 

この状態は、かなり大変だし苦痛です。

なぜなら、間違った方法を一生懸命努力してやっても、1ミリたりとも成果が出ないどころか状況が悪くなるからです。

 

例えば、パスタを店で食べたいと思ってGoogleに「おにぎり お店」と検索してるのに、「いくら次のページを選択してもパスタが検索欄に出てこない!」ってなっている状況と全く同じだからです。

 

つまりは、そもそも間違っている事に対して労力を費やしたところで時間のムダだということです。

そして見事にぼくはドハマりしました笑

 

理由2、いくら努力してもセルフコーチングの出発点が違ったらアウト!

さっき書いたことに通ずる事なんですけど先生の存在ってメチャクチャ大事です。

 

というか「誰に教わるのか」。これがメチャクチャ大事になります。

 

なぜなら最初に教わる人によって、あなたの中に一つの知識・常識が出来上がり、それを正しいと思って物事を判断するからです。RASとスコトーマの関係性です。

 

ということは「最初が間違っていたら、その時点で全てアウト」ってこと。

 

そして間違ったものを修正するためには

  • 圧倒的に知識を仕入れ自分でなんとかするか
  • 知識と経験がある人に修正してもらうか

この2つのどちらかになります。

 

後者の方が圧倒的に楽です。

なぜなら客観的に間違いを見つけて修正してもらえるうえに、先生たちも同じ失敗をしつつも乗り越えた経験を持ってます。

そして僕たちがこれから先、ドツボにハマるであろう失敗も経験しているため、失敗の先回りが出来るわけです。

 

それだけでも時間短縮になるし、さらにコーチング理論を使ってゴール達成と現状の変化を加速させることが出来ます。

 

ということは、先駆者の力を借りて時短しまくった結果、ほんらい独学してかかる時間と労力をやりたい事に費やせるということです。

 

寿命が100歳と仮定すると(恐らく日本の平均寿命は100歳は超えると思いますが)、ぼくの場合あと70年くらいを自由に使えることになります。

30代であれば、あと60年。

40代であれば、あと50年。

50代であれば、あと40年。

コーチングをつかって、自分の人生を好きなことで好きなだけ出来るようになるということです。

 

セルフコーチングのやり方がわからない部分を分かるように落とし込んでいくのが、僕のブログや動画などのコンテンツの役割なので、もっと情報配信したいですね!

 

理由3、セルフコーチングをすると一度は無意識の反発を受ける

コーチングを使うというのは「自分をもう一度作り直す」と思ってください。

 

つまり、あなたの世界そのものがガラリと変わるため、その分ホメオスタシスの引き留めも大きいということです。

 

コーチング理論をもとにゴールを設定すると、いまのマインド・現状に混乱を引き起こすことになります。

それこそが僕たちを変えるエネルギーになり、問題解決の創造性を発揮させます。

 

人が創造性を発揮するときは、混乱と無秩序の中にいるときです。

もし状況が、すでに自分が想定する”あるべき姿”であったとしたら、私たちの無意識は創造性を生み出したりしません。

混乱と無秩序の状況にいるからこそ、無意識レベルで創造性が発揮されるのです。

では、創造性を発揮するために、私たちはどのような方法をとればいいのでしょうか。

それが、私たちがゴールを設定するにあたり、意図的に今の現状を一度壊すという方法です。

ゴールを設定することによって、混乱を引き起こし、秩序を回復するためのエネルギーと創造性を生み出すのです。

夢を叶える方程式 苫米地英人著p120

コーチングにおける正しいゴール設定の方法は絶対抑えたい5つのコツ!苫米地式コーチングゴール(目標)設定のやり方をプロコーチがまとめました!を参考にしてください。

 

話を戻すと混乱を引き起こして変化するときは、楽しさやワクワクだけではありません。恐怖・怒り・不安・焦燥感・絶望・孤独感も感じるでしょう。

 

そして隙あらば、ホメオスタシスが全力で現状(という幻想)に引き留めます。

 

なので本気で現状を変えたいなら、「一緒に現状を変えていく仲間」と「変化できる環境」に身を置いたほうがいいです。

環境と人間環境を変えずにセルフコーチングを実践して自分を変えるのはかなり難しい

成功するための要素を単純に3つに分けると

  1. 使う時間を変える
  2. 付き合う人を変える
  3. 自分がいるべき環境を変える

この3つに分けられます。

 

3つのうち、2,人間関係と3,環境は全力で変えたほうがいいです。

 

大事なことなので、もう一度言います。

付き合う人と環境は、全力で変えてください。

 

僕たちの脳はリアリティが高い方を現実だと判断します。そしてコーチングは騙されやすい脳の機能を利用して、理想世界(ゴール)の臨場感を高めることで、ホメオスタシスをゴール側に働かせる手法です。

 

ですがどうしても、目の前に広がる物理世界の方が臨場感は高いので、「よし、やるぞ!」と気合いを入れても3日坊主になってしまいます。

 

3日坊主は性格や能力ではなく、環境であり臨場感が原因です。

全てはゴールから始まります。なのでまずはゴールを設定して、リアリティを高め、環境を変えるべきです。

 

そしてコーチングを使うということは、現状の外のゴールと言われる周りからするとハチャメチャな夢を持つことになります。

 

その時、あなたの親しい人(今まで付き合いがある人)は、「そんなの君らしくないよ」「それは無理でしょ」と大抵否定してきます。ドリームキラーです。

 

なのでコーチングを取り入れる時は、環境と人間関係は意識して変えたほうがいい。

コーチングを学んだ人ですら現状維持に引きずり込まれるくらい、環境と人間関係のリアリティは強力です。

 

こうして文章を沢山書いたり動画配信するのはコーチングを理解して、自分に対してコーチングを実践できる人が増えて欲しいからです。

 

読めてなくてもコーチングを受ければ確実に上手きますが、それは費用的にキツいという人は何度も何度も本やブログを読み、動画を見て、最低3年は愚直にセルフコーチングをしてください。

それは無料でできるし、当時と比べて実践者の体感が得やすくなっているので、セルフコーチングを実践して腑に落とすハードルも低くなっています。

 

全てはゴールから始まります。ゴールありきです。

なのでまずは正しいゴール設定を身につけることから始めてましょう!

設定方法については絶対抑えたい5つのコツ!苫米地式コーチングゴール(目標)設定のやり方をプロコーチがまとめました!にまとめたので参考にしてみてください。

 

ここまで読んでくれたあなたの人生が、もっとよくなりますように!

 

以上、独学でセルフコーチングを実践しても上手く出来ず挫折した3つの理由…でした!
森昇/Shou Moriより

 

▼いつもシェアありがとうございます!今回もぜひ▼

マインドを上手に使えるようになりたい人向けコーチングLINE@です。気楽に登録してください!

パーソナルコーチング

あなたは他人の顔色を窺って、自分を騙して生きなくていい。

もし、あなたが以前の私と同じように、人生を模索しているのであれば、コーチングマインドを身につけることで打開することができます。

なぜなら、日常の全ての問題はマインドから来ているからです。マインドの使い方に問題がある場合、どんなにいい方法論やノウハウを学び、チャンスが目の前に来たとしても活用できず、時間とお金を浪費するだけの人生になります。

パーソナルコーチングでは、あなたが6回のセッションを受けてマインドを根本から変えることで、何年も悩んだ問題・しがらみを解決して、エネルギーに満ち溢れ、充実感のある幸せな人生を送ることができます。