体を鍛えるとやる気が出る理由と初心者がやるべき事とは【心身一如】

体を鍛えるとやる気が出る理由を知りたい。初心者がやるべき事を知りたい。

という方向けの記事です。

 

こんにちは、森昇/Shou Moriです!

この記事では

  • 身体を鍛えるとやる気が出る理由
  • 身体を鍛える前に初心者がまず最初にやるべき事

について解説していきます。

 

僕はマインドコーチとしても活動してますが、「いまいちマインドが変わらない」と悩む人には身体を鍛えることをおススメしてます。

鍛えるというと筋トレとかウェイトトレーニングなど、ハードな運動を思い浮かべると思いますが、僕は散歩でも十分だと思ってます。

とにかく身体を動かすことが大切だということです。

 

体を鍛えるとやる気が出てくる理由

快楽ホルモンがでてハッピーになれるからです。そして心と身体はつながっているので身体を鍛えるとエネルギーが高まりやすくなるからです。

今回は僕がいつもやってる散歩を例に挙げます。

筋肉を動かすと快楽ホルモンが出るから

体を動かすと脳から快楽ホルモンのベータ・エンドルフィンが出てきて脳の働きをよくしてくれます。

だけどなぜ「歩くこと」がいいのでしょうか。

その理由は、全身の筋肉量の70パーセントはふともも、お尻に集中しているからです。

ふともも~お尻回りの筋肉を動かせば、それだけ脳に強い刺激を与えられます。

やる気が出ないのは刺激になれてるから

それに加えて散歩だと、外の景色を見ながら歩くことで目からいろいろな情報は入ってきて、ますます脳が活発に動くようになります。

 

歩けば意欲も戻ってくるし、あなたが感じている壁を破る手だても見つかるんです。

「そもそもなぜやる気がでないのか?」というと、刺激になれて物足りないからです。

 

例えば僕はマインドコーチとして正しいマインドの使い方を教えてますが、ゴール設定をする理由も新しい刺激を創る為であり、アティチュードを変える理由も脳に刺激を与えるためです。

そうすることで思考が働きやすくなり、マインドの変化も早くなるというわけです。

人間は楽をしたい生き物だけど、前頭前野が発達してるため、常に刺激(快楽)を求める矛盾した生き物です。

だからこそ娯楽や社会が発達したわけですが、僕たちはドーパミンなどの快楽物質を分泌する必要があるという事です。

 

そのためにはゴール設定が必要不可欠です。

だけどゴールとはWantToで自発的に決めるものであり、思考は情報空間における運動なので、どうしてもエネルギーが少ないと抽象思考しにくくなります。

 

なので身体を動かすことで、抽象思考に必要なエネルギーを出してるというわけです。

ぼくは今年に入ってから散歩をするようにしていますが、その効果を実感しています。

歩き終わって家に帰ってきた時には気分爽快、頭はさえ、斬新なアイディアやブログで書く内容がドバドバと浮かんできて、夢や希望がとめどなくあふれてきます。

心と身体はつながってる(心身一如)

昔は心と身体は別々のモノだとう認識が常識でしたが(二元論ですね!)、認知科学などの研究が進むと、心と身体は抽象度が違うだけで同じということが分かってきました。

仏教の‘禅’の世界でいう「心身一如」ですね!

この世は情報で出来ていてます。情報空間と言いますが、情報空間の一番したの抽象度であり物理法則が働く世界の事を物理空間と言います。要するに現実の事です。

 

僕達がコーチングで書き換えるマインドという言葉には「脳と心」の両方を含んでますが、指してることは同じで単に抽象度が違うだけなんですよね。

例えば「頭にきた」という表現の場合

  • 心(情報空間):頭にくる出来事だと認識する
  • 脳(物理空間):血圧が下がる、アドレナリンが分泌させるなどの生体反応

という感じで、違う抽象度なだけで同じことを言っていて、僕たちコーチは脳と心を1つの単語として「マインド」と言っています。

 

なので心(情報空間)と身体(物理空間)は繋がっていて、コーチングは情報空間から働きかけて物理空間も変えていくんですけど、散歩などの運動は身体を変えて心へと働きかけてるわけです。

 

なので「やる気が出なくて上手くいかない!」って心がモンモンとしている人は、身体を動かして鍛えるとやる気が出てくるし、気づいたら悩みが解決できるようになったりするのでおススメです。

 

体を鍛える初心者がやったほうがいい事

ぼくがやったほうがいいと思うのは、自分の身体について知ることです。

特に「骨と筋肉の位置関係」は何となくでいいから知っておいた方がいいと思ってます。

自分の身体に触れてみよう

自分の身体について知るためにやるべきことは簡単で、ネットや書籍で骨格や筋肉の画像を見つつ身体を触ってみることです。

 

なぜ身体を鍛えたり運動する前に身体を触ったほうがいいのか?というと、身体を動かした結果、怪我につながる恐れがあるからです。

たとえば健康のために毎日一生懸命走ってたけど、腰や足の筋肉なり骨を痛めて通院することになる人もいますが、これも無理矢理身体を動かしたらです。

 

例えばふくらはぎの骨は1本でしょうか?2本でしょうか?こたえは2本です。

画像を見てもらうと分かるように、

  • 親指側:脛骨→身体を支えるメインの骨
  • 小指側:腓骨 →運動を補助するための骨

となっています。親指側にある脛骨という骨は小指側にある腓骨の5倍くらいの大きさです。

 

だけど日本人の多くが小指側にある腓骨という細い骨で体重をささえるような立ち方および運動をしているので、身体を動かせば動かすほど怪我のリスクを高めてしまってるわけです。

脛骨で体重を支えなければ、股関節に重心が正しくのらないので、下半身の筋肉で無駄に支えるしかなくなります。

そうすると常に負担をかけてるので下半身が痩せにくい身体になったり、筋肉を骨のように固くして支えるしかなくなり、本人でも気づかないうちに緊張と痛みがコンフォートゾーンになってしまいます。

つまり本人の中ではリラックスしてるつもりでも、身体からしたら全くリラックスできてないわけです。

 

そして筋肉が固まった状態で運動をするので無理やり筋肉に負担をかける事になり、最悪の場合、肉離れや骨折などの怪我を引き起こしてしまいます。

運動する前より身体の調子が悪くなり、通院費もかかってしまう。。。これでは何のために身体を鍛えてるのか分かりません。

なので僕はクラアントさんとかに運動の相談を受ける時は、「自分のカラダを触って意識にあげることで重心を正しく骨にのせることが出来てるか確認したほうがいい」とアドバイスをしています。

自分のカラダに意識を向けることがやる気を起こす事に繋がる

ネットや書籍で骨格や筋肉の図を見ながら自分のカラダに触れて、「ここが脛骨か、、、思ったより太くて内側にあるな」と最初は意識に上げるだけで良いです。

自分のカラダがコンフォートゾーンになってる状態が分かれば、無意識は自動的に正しい位置に重心を合わせようとするし、そうして身体を触ることが抽象度に上げることに繋がるので、実はそれだけでやる気が起きたりします。

なぜなら実際の身体のポジションと、本来あるべき身体のポジションが正しいかな?という確認作業は抽象化するからこそできる事だし、抽象的な思考をすることが情報空間における運動だからです。

なので自然と抽象思考することになり、自然とやる気も湧いてくるようになるという事です。

それと身体に触れると快楽物質も出るので、自然とリラックスにもつながります。

 

心と身体はつながってると知ると変化が早くなります

というわけで、身体を鍛えるとやる気が出る理由や初心者が身体を鍛える時にやったほうがいいことについて書いていきました。

 

ポイントは心と身体はつながってるという事です。それが分かれば変化も早くなります。

「なんかやる気が起きないなー」と思うときは間違いなく身体の調子が悪いし、身体の調子が悪い時は精神的に弱ってます。

片方だけが良い状態はないという事ですね。

 

なので精神的に落ち込んでる時は、無理矢理でもいいから身体を動かすことで回復への糸口をつかめるし、逆に身体の調子が悪い時は、リラックスしたりゴールの再設定や自己イメージをメンテナンスしてマインドを書き換えることで健康になれたりするわけです。

 

もちろん抽象度の関係上、抽象度が高い方にアプローチすれば低い方は効果的に変わるし手っ取り早いですが、物理空間が一番臨場感が高いので、身体を変えて変化できるという実感を得るのもアリです。

そのためには自分のカラダをよく観察して意識に上げていきましょう。意識に上がれば変えることが出来るようになります。

身体を鍛えるって楽しいですよ!

 

以上、体を鍛えるとやる気が出る理由と初心者がやるべき事とは【心身一体】…でした!
森昇/Shou Moriより

 

追記:LINEマガジンをはじめました!

「コーチング視点を身につけてマインドと人生をアップデート」をテーマにしたLINEマガジンをはじめました!

ブログでよく聞かれる仕事や職場の人間関係の悩みやコーチングの実践ポイント、ビジネスのことなどを体系的にまとめて発信しています。

無料でバンバン良質な情報を流しますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

▼いつもシェアありがとうございます!今回もぜひ▼

着実にマインドの使い方を身につけるコーチングサービス

誰にも相談できずに、ずっと一人で抱えている「職場の人間関係のストレス・仕事の苦しさ」「自分には何もない、この先どうなるのか?と将来の不安で悩む毎日」「変わりたいけど変われない自分への憤り」「他者と比べて落ち込む劣等感マインド」を、最短4回〜9回のセッションで解消して、『人生を切り拓くマインドの使い方』を森昇に直接会って修得したい方へ


あなたが手にするのは人生が変わる圧倒的な「体感」と「確信」。

ABOUTこの記事をかいた人

森昇/Shou Mori

『あなたを仕事の苦しみ・職場の人間関係のストレスから解放する』マインドコーチ:森昇/Shou Mori 誰にも相談できずに、ずっと一人で抱えている「職場の人間関係のストレス・仕事の苦しさ」「自分には何もない、この先どうなるのか?と将来の不安で悩む毎日」「変わりたいけど変われない自分への憤り」「他者と比べて落ち込む劣等感マインド」を、最短4回〜9回のセッションで解決し、自分と未来に誇りと確信をもって幸せに生きるための『人生を切り拓くマインドの使い方』を修得させるプロフェッショナルとして、マインドコーチングを提供しています。岐阜県生まれ岐阜在住。
⇒詳しいプロフィールはこちら!

⇒LINE@で相談等する