承認欲求が強くて満たされない人が解消して楽に生きるたった2つの方法

こんにちは、森昇/Shou Moriです!

 

「人に認められたいと思っちゃうんですけど、これってダメな事なんですかね?」とクライアントさんから相談を受けたりするし、そのことで悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

 

マズローの5段階欲求でいうところの承認欲求になるわけですが、最近のネットの動向や社会を見ると

「人に認められるのはバカ」「認められたいと思ってるうちは三流」

という風潮があるように感じます。

 

ですが自己実現をしたいなら、承認欲求を満たすのは必須です。

そして僕は、承認欲求を持つことは悪いことではないという考えだし、「承認欲求をなくすと人間としての幸せ感じることができなくなるけど大丈夫ですか?」とよくアドバイスしてます。

 

実は承認欲求にも正しい満たし方があって、コーチングを使うと上手に承認欲求を解消しつつ、自己実現をすることが出来るようになります。

 

僕はマインドを扱うコーチとして活動してます。コーチングをクライアントさんに行ってますが、正しく承認欲求と向き合い満たす事で人生を楽しく生きることが出来るようになっています。

守秘義務の関係上全てをお伝え出来ませんが、特別に感想をいただいてる方もいるので読んでみてください。

>>コーチングセッションを受けた方の感想

 

というわけで今回は、人に認められたいけど満たされない承認欲求を解消する為の2ステップというテーマでお伝えします!

 

承認欲求ってなに?

まず最初に、承認欲求とは何か?を引用します。

つまり、他人が信用ならないからそれを支配する存在として振る舞いたい、あるいは自己を過大に評価した帰結として、自分が他人より優れているのは当然であると考えなければ、上位の存在として認められたいとは思わないという心理であると考えられる。

他人と自分の関係が平等であることを望む欲求。

承認欲求 – Wikipedia

「認められたい」という承認欲求で有名なのが、心理学者のアブラハム・マズローの5段階欲求です。

 

人間には段階的に5つの欲求が存在しているんだけど

  1. 生理的欲求 (Physiological needs) 
  2. 安全の欲求 (Safety needs)
  3. 社会的欲求 / 所属と愛の欲求 (Social needs / Love and belonging)
  4. 承認(尊重)の欲求 (Esteem)
  5. 自己実現の欲求 (Self-actualization)

っていう順番で一番下の自己実現の欲求が一番人間らしい欲求で一番上の生理的欲求が動物的な欲求なんて言われています。

こうやってみると承認欲求は自己実現の次に来るくらい高次元の欲求で、より人間らしい欲求なんですよね。

 

つまり「認められたい!」という承認欲求をちゃんと持つ事が出来てるあなたは、別に人間としておかしくもなんともないということです。

 

そしてさらに、

  1. 生理的欲求 (Physiological needs) 
  2. 安全の欲求 (Safety needs)
  3. 社会的欲求 / 所属と愛の欲求 (Social needs / Love and belonging)
  4. 承認(尊重)の欲求 (Esteem)
  5. 自己実現の欲求 (Self-actualization)

と1~5の順番で満たす必要があるので、承認欲求を満たさないと、自己実現の欲求を満たすステージまで到達できないという事です。

 

つまりあなたが心の底からやりたい事をやって、人間の幸せを感じたいのであれば、承認欲求を満たすのは必須だという事です!

 

承認欲求が満たされないと悩む理由

ちなみに、承認欲求に【欲求段階説(マズロー)Wiki】から引用しておくと

承認(尊重)の欲求 (Esteem)。自分が集団から価値ある存在と認められ、尊重されることを求める欲求。尊重のレベルには二つある。

低いレベルの尊重欲求は、他者からの尊敬、地位への渇望、名声、利権、注目などを得ることによって満たすことができる。

マズローは、この低い尊重のレベルにとどまり続けることは危険だとしている。

高いレベルの尊重欲求は、自己尊重感、技術や能力の習得、自己信頼感、自立性などを得ることで満たされ、他人からの評価よりも、自分自身の評価が重視される。

この欲求が妨害されると、劣等感や無力感などの感情が生じる。

欲求段階説(マズロー)wikipedia

 

ということですが、実は承認欲求には

  • 他人からの評価が基準になってる「低レベル」な承認欲求
  • 自分自身の評価が基準になっている「高レベル」な承認欲求

が存在するんです。

 

つまり、承認欲求を持つこと自体は悪いことではないけど、「人から認められたい」という他人からの評価が基準になる低レベルな承認欲求を重視することは辞めたほうがいいという事です。

 

「人に認められない自分はダメなんだ」ってなったらキツイですよね?

それに「やりたい事が分からない」と悩む人は、完璧主義も承認欲求を満たす基準が低いレベルにあります。

だからこそ自分の本音を押し殺して、他人の顔色を窺い、人生消耗してしまうわけです。

 

僕もコーチングを本格的に取り入れる前は、周りの評価ばかり気になって、他人に振り回されちゃって、生きるのが辛くなってました。

一瞬満たされても、次の瞬間には虚無感に襲われるし、やりたい事が心の中に出てきても「何か言われたらどうしよう」と本音を捨て去ってましたね、、、

 

もう一度復習すると

  1. 承認欲求は人間として持っていて当然の欲求である
  2. 自己実現をしたいなら、承認欲求を満たすのは必須
  3. 他人の評価が基準の低レベルの承認欲求と自分の評価が基準の高レベルの承認欲求が存在している

ということです。

 

承認欲求を消すことができないけど解消することは出来る

承認欲求はゼロにはできないし、かといって他人の評価基準じゃあ低レベルの承認欲求では人生振り回されて辛くなるだけ・・・・

もしかしたら、「人に認められたい!」という気持ちがあるけど満たされなくて悩んでいるあなたは、他人の評価が気になって振り回されているからかもしれません。

 

だけど、それではどんなに頑張っても、他人に認められようとしていたら辛くなるだけです。

だからちょっとずつでいいから低レベルの承認欲求から抜け出すことが大事なんです。

 

そのために必要なのは、自尊心を高めることです。

コーチングではセルフ・エスティームと言いますが、主体性を高めることが承認欲求を正しく解消するポイントになります。

 

一番手っ取り早い方法は、人から認められなくても自分は自分を認めるように心がける。ということ。

つまり「もっと自分を大事にしてあげてもいいんだよ!」と、あなた自身に許可を与え続けることです。

 

ぼくも昔は「人に認められたい!」って欲求が強くて、

周りから「頑張ったね!」「凄いね!」「流石だね!と言ってもらえないと、

「オレってダメな人間なんかなあ」ってすごい不安になったし、結果が出ても満たされないし、絶望感を味わったりしました。

 

社会人になって読書に出会うまで、他人の評価基準で満たされる低次元の承認欲求は続いてました。

 

そして本からコーチング理論に出会って、ぼく自身コーチングを受けたり実践するようになって、

他人からどう思われようと、オレ自身1人の人間としての価値には変わりはない」と腑に落ちてから

「人から認められたい!」に振り回されることがなくなりました。

 

そして面白いことに自分自身の評価を基準にすることが出来た時から

自分の中で、「無理だよ」とか「人に嫌われたらどうしよう」って思い悩むこともなくなり

やりたい事もどんどん見つけることが出来たし

 

セルフ・エスティームが高くなり、主体性が持てるようになってからは

「人に認められたい!」と思って苦しんでいた当時の自分では、想像が付かないような大きい仕事をやってたり、働き方も変えることが出来ました。

自尊心を高める2つの方法!自己肯定感を高めて自分の人生を取り戻す【コーチング】

2018.01.19

 

承認欲求を解消する2ステップ(正しく満たす方法)

  1. 「人に認められたい!」という承認欲求は持ってもいいと知る
  2. 承認欲求は、セルフトークのコントロールによって高次元のレベルに変えていく

以上が、人に認められたいけど満たされない承認欲求を解消する為の2ステップです。

 

じゃあ低レベルの承認欲求はゼロになったのかと言われると、実際はそうではありません。

 

クライアントさんや情報発信を観てくれた人から

「もりしょーさんのコーチング、本当にすごいですね!」

「ブログや動画見て、悩み解決しました!」

なんて言われると、(まじ?やっぱり?)って思います(笑)

 

「認められたい欲求」は健在です。

 

ただ、

認められたい!欲求:自分で認める!欲求

=9:1

だったのが

7:3

5:5

1:9

という感じて、低次元から高次元へと少しずつ変化した感じです。

 

そして優位性を変えるために必要なポイントが、言葉です。

なぜなら僕たちのマインドは「受け入れた言葉」によって作られるからです。

そして無意識に受け入れた言葉が刷り込まれ、信念や価値観が創られる。

つまり言葉によって、僕たちの人生そのものがコントロールされているという事です。

そしてセルフトークを意識的にコントロールすることで、僕たちは間違った刷り込みから脱出できるようになるし、承認欲求も高次元へと変えることもできます。

 

僕も実際にクライアントさんやスクール生に伝授することは、セルフトークのコントロールです。

一言一言、徹底的に言葉と向き合い、意識的にコントロールする術を身につけてもらいます。

 

自分自身が普段何気なく使っている言葉のクセを根本から治すので、最初は難しく感じるかもしれませんが、

慣れれば日に日に自分の変化を体感することができるし、人生そのものを変えることもできます。

コーチングを人生に取り入れた変化については、森昇のコーチングセッションを受けて自分で人生を切り拓いた方達の感想にまとめてあるので参考にしてください。

 

なのでもしあなたが、「人から認められたいって思っちゃうのはよくないこと?」と思ってるなら

まずは「人から認められたいよね、そうだよね」と受け止めてあげて、

「誰かから認められても、認められなくても、自分の価値は変わらないよ」

って自分自身に語りかける言葉(セルフトーク)を変えてみましょう!

 

言葉を変えれば、人生が変わります。ホントに!

 

認められたい!という承認欲求は持ってもいいと知ると生きやすくなる

最後にもう一度書いておくと、

  1. 「人に認められたい!」という承認欲求は持ってもいいと知る
  2. 承認欲求は、セルフトークのコントロールによって高次元のレベルに変えていく

以上が、人に認められたいけど満たされない承認欲求を解消する為の2ステップです。

 

『自灯明 法灯明』という釈迦の言葉にあるように、

他人が決めた基準、価値観、常識、顔色を拠り所にするのではなくて、自分自身を拠り所にする。

 

あなた自身一番の味方は、あなた自身です!

そしてあなたを守る一番の武器は「言葉」であり、セルフトークのコントロールです。

 

言葉が変われば、思考が変わって

思考が変われば、行動が変わって

行動が変われば、人生が変わりますよ!

 

どんどんコーチングを使って自分自身を満たしてあげて、サクッと自己実現しちゃいましょう!

<解説動画>

動画:コーチング 承認欲求は無くすことが出来ない理由とは?

動画:コーチング 承認欲求を他人じゃなくて自分で満たすコツ

 

​​以上、承認欲求が強くて満たされない人が解消して楽に生きるたった2つの方法…でした!
森 昇/Shou Moriより

 

↓次のおススメ記事はこちら!↓

【必須】コーチングの効果を発揮して人生を激変させる3つのポイント

2018.05.29

好きな事&やりたい事の正しい見つけ方と止めるべき他人比較【コーチングライブ】

2018.03.20

▼いつもシェアありがとうございます!今回もぜひ▼

LINE@ではマインドをさらに変化させたい方向けに毎週1回コーチング動画を配信しています!気楽に登録してください!

>>LINE@の登録&詳細はこちらをクリック
※「コーチングの知識・技術・働き方・生き方」を軸にLINE@情報を配信中!正しいマインドの使い方・考え方等を動画コンテンツで週1配信!!個別トークで動画コンテンツのフィードバックを取る事で学びをさらに深めてマインドを変える機会を得る事ができます。 >>LINE@の詳細はこちらをクリック

パーソナルコーチング

私が「コーチングを使って、好きな事だけする人生を生きる!」と言った時、みんなに笑われ否定されました。

でもコーチングを実践し続けて、生き方そのものを変えると、、、

あなたも、今の悩みを全て解消しながら、未来に確信が持てるようになり

100%Want toで自由に楽しく生きるマインドを手に入れたくありませんか?



ABOUTこの記事をかいた人

森昇/Shou Mori

岐阜県生まれ岐阜在住。福岡大学スポーツ科学部スポーツ科学科卒業。働き方で悩み人生を変えるラストチャンスな人向けにマインドコーチングを提供しています。のべ数十万人に読まれてるブログ&YouTubeチャンネル運営者。日本で唯一の社畜奴隷解放クリエイター。新卒10ヵ月で退職→転職先を1日で行けなくなり辞める→3年間アルバイト→コーチング&ビジネス実践しまくる→3か月で独立して人生が180度変わる。普段は岐阜と名古屋を拠点にしつつ、日本中や海外から仕事の依頼を受けて活動しています。月300冊以上読書する本好き。
⇒詳しいプロフィールはこちら!

⇒LINE@はじめました!