セルフトークを変えてもポジティブにならない場合はイメージを見直そう

セルフトークをポジティブに変えるコツを知りたい。セルフトークを変えてもポジティブにならないから。セルフトークを効果に変えるポイントを知りたい。

という方向けの記事です。

 

こんにちは、森昇/Shou Moriです

この記事では

  • セルフトークを変えるためにイメージと向き合う大切さ
  • セルフトークをポジティブに変えるコツ

について解説していきます。

 

僕は周りから「話すとすごい元気になるね!」と言われるくらいポジティブな人みたいですが、コーチングを使う前はものすごいネガティブで人生絶望してました(自己紹介参照)大学卒業前の方が今よりも元気がなくてふけてますからね、、、、

 

で、話を戻して。

本格的にコーチングを実践して、今では独立して周りの人にもコーチングをしたりしてますが、「セルフトークをポジティブに変えるには言葉以外も大事」だと意外と知られてないみたいなんですよね。

 

セルフトークを変えてもポジティブにならない場合はイメージを見直そう

言葉だけでなく、それにくっついてる「イメージや感情」にも目を向けると効果的です。

セルフトークは「言葉 イメージ 感情」の1セットです

セルフトークを変えてもポジティブにならない場合は、「イメージを見直す」と解決の糸口がつかめる場合があります。

なぜならセルフトークとは「言葉 イメージ 感情」が1セットになってるからです。つまり言葉はかならずそれにふさわしいと「自分が決めたイメージと感情」がくっついてるという事ですね。

 

たとえば「仕事」という言葉には

  • イメージ:楽しくて他人が喜ぶこと
  • 感情:相手の喜ぶ顔が観れて嬉しい

という肯定的な情報を定義していれば、仕事に対して前向きにとらえることが出来るようになります。

その結果目の前にビジネスのチャンスが見えるようになったり、成果を出せるようになったりするわけです。

 

逆に仕事という言葉に対して

  • イメージ:我慢して自己犠牲するもの
  • 感情:しんどくて辛く苦しい

という否定的な情報を定義していれば、仕事に対して後ろ向きになり、やる気が怒らなくなります。

たとえば目の前にチャンスがあっても行動に移せないだろうし、仕事で消耗し続けるでしょう。

 

つまり「その人の定義によって」、同じ言葉でもイメージと感情が異なるという事です。

なのでよく「同じ言葉を使ってるのに食い違う」というのも、イメージと感情が人それぞれ異なるからです。

 

ということはポジティブな言葉を使っていても、本人の中で「ネガティブなイメージ」を受け入れていれば、「ポジティブな言葉を使えば使うほどしんどくなる」という事です。

つまり「ポジティブな言葉を使いましょう」というだけでは意味がなさないわけです。

だからこそセルフトークを変えてもポジティブにならない場合は、その言葉にくっついてるイメージに注目してみるといいわけですね。

 

ネガティブなセルフトークを変える例

ポイントは

  1. セルフトークを定義する
  2. ゴールを基準に取捨選択する
  3. 自分で言葉の定義は自由に決められる

ということです。

セルフトークを定義する

まずはセルフトークを明確に定義しましょう。ここからスタートです。

 

「自分が変えてるセルフトークに対するイメージと感情」はどういうものでしょうか?

セルフトークを「言葉 イメージ 感情」の3つに分解して考えてみましょう。

例えば先ほど挙げた

言葉:仕事

イメージ:楽しくて他人が喜ぶこと

感情:相手の喜ぶ顔が観れて嬉しい

みたいな感じです。

セルフトークを分解してそれぞれを明確にすることで、自分が受け入れてる情報の傾向が分かるようになります。

傾向が分かれば後は改善するだけなので、ここで8割終わったようなものです。

ゴールを基準に取捨選択する

次に分解したセルフトークを、「自分のゴール」を基準にして取捨選択していきます。

なぜならセルフトークを変える基準は自分のゴールだからです。「ゴールを達成してる自分であれば使っているであろうセルフトーク」を基準として、今のセルフトークと照らし合わせていきます。

 

 ゴールを基準とした「仕事」ということば

イメージ:楽しくて他人が喜ぶこと

感情:相手の喜ぶ顔が観れて嬉しい 

現状の自分にとって「仕事」ということば

イメージ:我慢して自己犠牲するもの

感情:しんどくて辛く苦しい 

 

そう考えると、どんなに「仕事が楽しい」とセルトークを変えたとしても、現状の自分の基準を選んでいたら、、、、

「仕事は楽しいというけど、、、我慢してしんどいのを楽しむってどういうことだ」と無意識で混乱してしまい、「そんなにしんどいならこのままでいいや」と、さらに現状維持を肯定してしまう事になるわけです。

 

なのでこの場合、「仕事が楽しい」とセルトークを変えても、「イメージと感情」がゴールにふさわしくないので、ここを意識しながらセルフトークを変えていきます。

言葉:仕事

イメージ:我慢して自己犠牲するもの楽しくて他人が喜ぶこと

感情:しんどくて辛く苦しい相手の喜ぶ顔が観れて嬉しい

自分のゴールを基準としてセルフトークを再定義したら、それを繰り返し何度も意識していきます。

 

セルフトークを変えるもっとも大切なコツは「慣れ」なので、なんども新しいセルフトークに慣れましょう。

そしてなんども書きますが、「言葉 イメージ 感情」が1セットとなってセルフトークです。常に「言葉 イメージ 感情」を意識することが、ぽじてぃなセルフトークに変える王道です。

自分で言葉の定義は自由に決められる

言葉にくっついてるイメージと感情は固定化されてなくて、自分で決めたにすぎません。

なぜならコトバの定義は人それぞれ違うからです。

そしてその設定を何度も繰り返して慣れてるだけにすぎません。

つまり「自分で言葉にくっついてるイメージも感情も定義を変えられる」という事です。

もちろん時間はかかるかしれませんが、

意識に上げて定義を明確にするゴールを基準にして取捨選択する新しいセルフトークを意識して慣れる

の繰り返しです。

 

セルフトークはネガティブもポジティブも自分で決めてる

ほとんどの人は「ネガティブなセルフトークが自分に必要だ」と無意識的に思ってる可能性があります。

 

「いや、そんなことない!」と怒ってるかもしれませんが、「言葉を使ってる時のセルフイメージはどうなっているのか?」を意識に上げてみましょう。

ゴールによってセルフイメージが決まりますが、逆に考えれば「セルフイメージがゴールを見分ける判断材料になる」とも言えます。

 

つまり、どんなにポジティブなゴールを意識してたとしても、「自分にはできない」というネガティブなセルフイメージを手放さない限り、無意識からしたらネガティブなセルフトークは必要と判断します。

 

そして僕たちはゴールふさわしいセルフイメージ通りに行動して、言葉も選びます。

だからこそ「セルフトークが変わらない」と悩むのであれば、「自分はどういうセルフイメージを持ってるだろう?」と探り、見直していく。

そしてスロットで絵柄を揃えるように、ゴール・セルフイメージ・セルフトークを揃えましょう。

それが出来ればマインドはどんどん変化していきます。

 

以上、セルフトークを変えてもポジティブにならない場合はイメージを見直そう…でした!
森昇/Shou Moriより

 

追記:LINEマガジンをはじめました!

「コーチング視点を身につけてマインドと人生をアップデート」をテーマにしたLINEマガジンをはじめました!

ブログでよく聞かれる仕事や職場の人間関係の悩みやコーチングの実践ポイント、ビジネスのことなどを体系的にまとめて発信しています。

無料でバンバン良質な情報を流しますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

▼いつもシェアありがとうございます!今回もぜひ▼

着実にマインドの使い方を身につけるコーチングサービス

誰にも相談できずに、ずっと一人で抱えている「職場の人間関係のストレス・仕事の苦しさ」「自分には何もない、この先どうなるのか?と将来の不安で悩む毎日」「変わりたいけど変われない自分への憤り」「他者と比べて落ち込む劣等感マインド」を、最短4回〜9回のセッションで解消して、『人生を切り拓くマインドの使い方』を森昇に直接会って修得したい方へ


あなたが手にするのは人生が変わる圧倒的な「体感」と「確信」。

ABOUTこの記事をかいた人

森昇/Shou Mori

『あなたを仕事の苦しみ・職場の人間関係のストレスから解放する』マインドコーチ:森昇/Shou Mori 誰にも相談できずに、ずっと一人で抱えている「職場の人間関係のストレス・仕事の苦しさ」「自分には何もない、この先どうなるのか?と将来の不安で悩む毎日」「変わりたいけど変われない自分への憤り」「他者と比べて落ち込む劣等感マインド」を、最短4回〜9回のセッションで解決し、自分と未来に誇りと確信をもって幸せに生きるための『人生を切り拓くマインドの使い方』を修得させるプロフェッショナルとして、マインドコーチングを提供しています。岐阜県生まれ岐阜在住。
⇒詳しいプロフィールはこちら!

⇒LINE@で相談等する