コーチングでセルフトークがネガティブすぎて落ち込んでる人は変化している証拠でもあるから自分を褒めてあげよう!

セルフトークがネガティブ過ぎて落ち込んでしまう。ダメな自分が明確に見えてしまってしんどい。ネガティブ過ぎるセルフトークを上手くこと変えていきたい。

という方向けの記事です。

 

こんにちは、森昇/Shou Moriです!

ぼくも経験したからよくわかるんですけど、コーチングを実践していく過程で最初にぶち当たる問題が「私ってなんてネガティブなことばかりつぶやいていたんだろう。。。」って現実を知って落ち込むことです。

コーチングではセルフトーク(自分自身に対しての言葉がけ)をマネジメントすることが重要になります。

マネジメントする基準は「ゴールを達成している自分なら使ってる(受け入れてる)であろう言葉」なので、ネガティブだと思われる言葉を変えていく必要があります。(なので「セルフトークを変える基準は?」と言われても、「低い自己評価をしないもの以外あなたのゴール次第」ということになります)

 

だけどほとんどの人は、想像以上に自分がネガティブなセルフトークを無意識に言っていた事に気がつくため、最初はメチャクチャ落ち込みます。

人によっては、あまりにひどいことにショックになり、体調を崩してしまうほどです。

 

コーチングでセルフトークがネガティブすぎて落ち込んでる人が知るべき事

だけど実は、セルフトークがネガティブだと気がついたことは素晴らしいことであり自分がゴール側に向かって変化してる証拠でもあるんですよね。

なので逆に「ネガティブだと知ることができて素晴らしい」ともっと自分を褒めてあげてください。

変化するためには、知ることから始まる

そもそも変化するためには、「現在の自分がどんな状況にあるのか」を知る必要があります。現状把握ですね!

  • どんなマインドで生活をしているのか
  • どんなセルフトークを使っているのか
  • どんな環境で暮らしているのか
  • どんな人間関係を構築しているのか
  • どんな服を着て、どんなものを食べているのか
  • どんな仕事をしているのか

などなど

 

まずは「自分がどういう状況にあるのか?」「何になれてしまっているのか?」と置かれてる状況を理解しないことには、そもそも何をどうやって改善していけばいいのか分かりませんよね?

セルフトークを変える上で「今の自分はネガティブだらけだ」と気付けたということは、自分の状況を冷静に把握できてるって事なので、ほんとは素晴らしいんですよ。

 

コーチングを使って人生を良くしたいということはどういうこと?

そもそもコーチングを使って人生を良くしたい?と思うのは、現実が自分にとって不満だという事です。

そもそも今の生活がネガティブなものであるということ

そもそも何でコーチングを使いたいと思うのかというと、今の生活に不満を感じているからですよね?

ということはセルフトークもネガティブなものになっていて当然なんです。

 

現実に目を向けると多くの人は、自分の人生に不満を感じているけど「そうは言ってもねぇ」って動こうとしません。

だけどあなたはコーチングを取り入れて人生をより良く変えようと決意しているわけで、今のひどい現状に向き合うだけの高いエフィカシーを持ち合わせているんですよ。

エフィカシーとはゴール達成の為の自己能力の自己評価の事を言いますが、要するに自分ならゴールを達成できると自分で評価する高い自己イメージの事です。

そして目の前の現象に目を背けずに認識できるのは高いエフィカシーを持ってるからです。

つまり「セルフトークがネガティブだ」と目の前の事に目を背けず事実を認識しているあなたは、とても自己イメージが高いわけです。

 

セルフトークのコントロールをする前のあなたは、ネガティブな環境に身を置いているという前提があります。

さらには多くの人が、なんとなく気が付いているけど見てみぬふりをしているなか、あなたはちゃんと現状を向き合い、前向きに行動しようとしているわけです。

知ることができたということは、コントロールができるようになるということ

そして知ることができた(要するに意識に上げることができた)ということは、コントロール可能だということでもあります。

つまり変える事ができるという事です。

無意識的な事は自動で出来るから楽ですがコントロールが不可能なので、無意識でやっていることが悪い物だった場合、どんどん悪い方向に進んでしまいます。

たとえ自分が望んでいなくても、どんどん悪い状況に自ら陥ってしまい、気が付いたら取り返しがつかなくなってしまっている場合もあります。

 

セルフトークも同じです。

普段僕たちは無意識にセルフトークをしていますが、ネガティブなセルフトークを無意識にすると、どんどんネガティブな思考になり、気が付いた時には主体的に行動できなくなっている場合があります。

だけど現状のセルフトークを知ることができたので、時間はかかるけど(とはいっても1月くらいあれば目に見えて変わるけど)、ネガティブからポジティブなセルフトークへと変えることができるようになるということなんです。

 

だからネガティブなセルフトークに気が付けたということは、ほんとうに素晴らしいことであり、人生を良くするためのチャンスでもあり、いい方向に変化している証拠でもあるということなんですよね。

 

なのでネガティブなセルフトークをしていると感じた時は、あなた自身に対して「ネガティブなセルフトークに気づけて偉い!次は○○というセルフトークを意識しよう」とネガティブなトークからポジティブなトークになるようにコントロールしてあげてください。

 

自転車に乗る練習と同じで、最初はなかなか上手くできないけど、何度もやっていくうちに慣れてきて意識しなくてもセルフトークがいい方向に変化していきます。

なのでまずはネガティブなセルフトークを見つけたら自分を褒めて、意識的にコントロールしていきましょう。

 

変化はネガティブから始まる

「ネガティブなものはいけない」という社会的な洗脳の結果、ネガティブなセルフトークをしていたら自己嫌悪に陥るという思考パターンが組み込まれていますが、そもそも変化は最初はネガティブから始まります。

だって、変化するということは、今の自分に何かしら不満があるという事だからです。

そしてネガティブというのは、本来悪いものではないという事。

いままで当たり前に、何も疑問に思わなかったモノゴトが、ゴールというよりよい未来の基準ができたことで、明るみに出ただけの事です。

なのでネガティブなセルフトークで落ち込んでしまいう人は、変化している証拠でもあるから自分を褒めてあげよう!

そうすることで、あなたはどんどん自己嫌悪に陥る現状を打開して、主体的な人生を送れるようになります。

 

以上、コーチングでセルフトークがネガティブすぎて落ち込んでる人は変化している証拠でもあるから自分を褒めてあげよう!…でした!
森 昇/Shou Moriより

 

追記:LINEマガジンをはじめました!

「コーチング視点を身につけてマインドと人生をアップデート」をテーマにしたLINEマガジンをはじめました!

ブログでよく聞かれる仕事や職場の人間関係の悩みやコーチングの実践ポイント、ビジネスのことなどを体系的にまとめて発信しています。

無料でバンバン良質な情報を流しますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

▼いつもシェアありがとうございます!今回もぜひ▼

着実にマインドの使い方を身につけるコーチングサービス

誰にも相談できずに、ずっと一人で抱えている「職場の人間関係のストレス・仕事の苦しさ」「自分には何もない、この先どうなるのか?と将来の不安で悩む毎日」「変わりたいけど変われない自分への憤り」「他者と比べて落ち込む劣等感マインド」を、最短4回〜9回のセッションで解消して、『人生を切り拓くマインドの使い方』を森昇に直接会って修得したい方へ


あなたが手にするのは人生が変わる圧倒的な「体感」と「確信」。

ABOUTこの記事をかいた人

森昇/Shou Mori

『あなたを仕事の苦しみ・職場の人間関係のストレスから解放する』マインドコーチ:森昇/Shou Mori 誰にも相談できずに、ずっと一人で抱えている「職場の人間関係のストレス・仕事の苦しさ」「自分には何もない、この先どうなるのか?と将来の不安で悩む毎日」「変わりたいけど変われない自分への憤り」「他者と比べて落ち込む劣等感マインド」を、最短4回〜9回のセッションで解決し、自分と未来に誇りと確信をもって幸せに生きるための『人生を切り拓くマインドの使い方』を修得させるプロフェッショナルとして、マインドコーチングを提供しています。岐阜県生まれ岐阜在住。
⇒詳しいプロフィールはこちら!

⇒LINE@で相談等する