親が望む自分を演じ疲れた事に気づき変えたら何年も望んだ夢に向けて動けるようになった

こんにちは、森昇/Shou Moriです!

 

  • 自分が望む理想を実現したい!
  • もっと自由に生きたい!人生楽しみたい!

僕自身も体験しましたが、自分が何年も望んでる事があるのに一向に行動に移せず時間だけが過ぎてしまうことで、後悔したり焦ってしまい

「行動できない自分は能力や才能がないからだ」

「なんでこんなムダなことばかりやってるんだろう。ほんとに嫌になる」

と、行動できない根性なしの自分に対して、自己嫌悪に陥ってしまう場合も多くあります。

 

だけど、自分が望んでいる理想に向けて行動できない根本的な理由は根性や気合いが足りないからではありません。

無意識的に自分を縛っている思考パターン」が存在するからです。

そしてそれに気づくことで、行動に移せない自分を変えることが出来るようになります。

実際僕自身も自分を現状に縛り付ける鎖に気づいて外したことで、今ではやりたいことしかやらない毎日を送れるようになりました。

今回はコーチングセッションを受講している方のフィードバックを元に解説していきます。(コーチングは守秘義務契約書がありますので、契約を結んだ上でのセッションとなりますが、匿名で掲載許可を頂きシェアしますね)

親が望む自分を演じ疲れた事に気づき変えたら何年も望んだ夢に向けて動けるようになりました

昨日~今日のコーチングのフィードバックです。

昨日セルフトークをしました。

5年後の自分はこういうことをしてるよ、と今との違いを言葉にして記録しました。

また、なぜ何年も俳優のゴールを達成できないのかトークしましたら、「両親が望む自分を演じていたから」と出ました。

ですが、演じた結果、体調を崩したので、「演じず本音で生きて両親も喜ぶようにする」としました。

そして今日、下記の変化がありました。

派遣の登録会に行ったのですが、登録を辞退しました。ゴール側から見て違和感があったからです。

おおまかに業務委託で仕事を得ていく方向に動いています。

また、個人事業主の開業届けの仕方を税務署で聞いてきました。

昨日の発見があったことで、行動に移し始めていると思いました。

コーチングセッション1回目が5月中旬だったので、まだ約1ヶ月ちょっとですが、着実にマインドが変化してますね。

動くのも「おおまかに」で十分です。逆に完璧に計画を立ててもどうせ行動してる時に修正することになるので、ある程度方向性が決まったら動きながら修正していきましょう。

アンダース・エリクソン博士が言うように、「フォーカス→フィードバック→フィックス(問題を直す)」のループが成果を出す王道です!

特に受講されてる方はどんどん僕にフィードバックを送ってください!

少しの変化でもいいのでフィードバックを送ることで着実に、最速でマインドの使い方が上達出来るようになります。

とても効果の高い方法を一つアドバイスしよう。たとえわずかでも自分が上達していることがはっきりとわかるサインを、常に確認できる状況を作っておくことだ。

超一流になるのは才能か努力か? アンダース・エリクソンp236

着実にマインドを変えるために必要なフィードバックが得られる環境を手に入れてるのでどんどん活用しましょう!

人生を変えるために必要なのは変えるべき部分を明確にすること

さて本題に戻ります。

まず前提として自分がやりたいと思ってることが、本当はやりたいことでなければそのゴールは変えたらいいですが、問題なのは今回のように、やりたいと思ってるのに行動できない場合です。

 

自分が掲げる理想に向かって動きたいと思ったら、まずは自分を縛る鎖に気づくことです。つまり自分の無意識下にある思考パターンに気づくことが必須条件になります。

なぜなら、どんなにドーパミンをだしてやる気になりワクワクしても、未来志向が上手になったりゴール側のリアリティが高まったとしても、自分を現状に縛り付けてる見えない鎖、つまりは無意識下でエラーを起こしてる思考パターンが「今の自分と現状を変える妨害」をしてしまうからです。

僕達の本能的なメカニズムとしては、「昨日までの現状を維持すること」です。

たとえ論理的に考えて現状が良くなることであったとしても、昨日までの現状が変わってしまうのであれば、行動させないようにします。ある意味前例主義ともいえますね!(笑)

 

だけど僕達は現状維持では満足できない生き物ですし、そもそも「昨日までの現状」が自分が心から望んだモノじゃない可能性が非常に高いので、「このままの人生でいいのかな」と違和感を感じるのは当たり前かなと思います。

 

「どういうことか?」というと、生まれたときから「いい会社に入りたい!」「安定的な収入を得たい!」「幸せな家庭を築きたい!」など思わないわけです。

そもそも「おぎゃー^^」と生まれたときは何も知らないので当たり前ですよね。ということは自分が望んでいるモノは必ず誰かからの影響を受けてるわけです。

それも周りが「あなたのためを思って」影響を与えてる訳なので、影響を受けた本人からしたら善意と感じるわけですが、、、

そのほとんどが本人のためになってないからこそ、多くの人がモヤモヤとした毎日をおくってしまってるんですよね。(これが自分を縛る鎖です)

 

なので自分が達成したいゴールに向かって行動したいのであれば、まずやるべきことは「変えるべき部分を明確する」ことになります。

 

親が望む自分を演じ疲れたマインドを変えるコツ

何年も理想を望むだけの自分を変えるコツは、ここでいうとゴール側を基準にして自分を現状に縛り付ける鎖(無意識的な思考パターンでありbeliefsystem)に気づくことです。

自分を現状に縛り付ける鎖に気づくことが頑張ることより大切

早速フィードバックありがとうございます!

>また、なぜ何年も俳優のゴールを達成できないのかトークしましたら、「両親が望む自分を演じていたから」と出ました。 ですが、演じた結果、体調を崩したので、「演じず本音で生きて両親も喜ぶようにする」としました。
行動できない(してない)原因が必ずあるわけで、それはほとんどの場合、今の自分の意識に上がってない物になります。

なので「なぜ?」と深掘りして、無意識の思考を意識にあげるのはとても重要ですね!

こうして無意識的に組み込んでいた本音(beliefsystem)に気づくことで、「自分が何に囚われていて、足枷にしていたのか?」に気づけるようになります。

今回のように自分で本音の奥底と向き合い、ゴール側からから考えて全てのモノゴトを取捨選択していくことがとても大切になるので、これからも自分と向き合っていきましょう^^!

こうして落ち込む事があっても、自分の力で前向きな行動に変換できたのは、まさしくコーチングを実践してるからです。

なので着実にマインドも現状も変化してますので、実はすごいことをやっていることは認めて褒めてあげてくださいね^^

僕達自身を縛り付けてる見えない鎖は、たいていの場合子どもの頃に形成された常識なり価値観なり思考パターンです。コーチング的に言うと beliefsystem です。

 

そして僕もあなたも、自分が意識・無意識かかわらず持っている beliefsystem によって今この瞬間の行動を選択していくので、「頑張る」「努力する」よりも、まずはマインドを変えることの方が大切なわけです。

 

僕自身の経験談は独立起業しても稼げない事で家族との繋がりを保ちたい無意識の本音を知ってショックだったけど、本心と向き合う事で稼げるようになったにまとめてありますが、やはり親なり親しい人達の影響は大きいです。

それも自分にとっては「当たり前」のことなので、そもそもそれ自体が自分の行動を束縛してる原因だとほとんどの場合気づけません。

当たり前すぎて疑問にも思わないわけですし、気づけば変わってしまうわけなので、無意識的に「気づかせないように」仕向けてきます。(これが創造的回避です)

だけど逆に言えば、「気づけば変えられる」と言うことです。意識にあげる事が出来れば、自分を縛る鎖を外して行動に移せるようになります。

「なぜ?」と深掘りして、無意識の思考を意識にあげる

具体的な方法としてここで一つあげるなら、ゴールの世界を基準にして「なぜ?」と深掘りして、無意識の思考を意識にあげることです。

なぜなら何年も悩んでると言うことは、「意識出来てない部分」に原因があるからです。そして僕達を現状に縛り付ける原因は無意識下の思考パターン(beliefsystem)にあります。

 

また、なぜ何年も俳優のゴールを達成できないのかトークしましたら、「両親が望む自分を演じていたから」と出ました。 ですが、演じた結果、体調を崩したので、「演じず本音で生きて両親も喜ぶようにする」としました。

僕達の脳はリアリティが高い情報を現状として選ぶ性質があるので、「俳優としてすでに生活している」という世界観をつくります。

この「実際、私はすでに俳優として生活している」という世界観をアファメーションなりビジュアライゼーションなどを駆使してリアルになると、「未だに行動していない現状の自分」に違和感が起きます。(これがマインドを変えるコツです)

ちなみにビジュアライゼーションのコツについてはビジュアライゼーションの効果を出すコツ【イメージと現実を分ける】コーチングにおけるゴールの臨場感の上げ方【抑えるべき点もセットで】を参考にしてください。

そしてゴール側の世界を基準するようになることで、はじめて自分を現状に縛る鎖を意識にあげて認識できるようになるわけです。

親や親しい人達の影響が強い場合が多いのであれば、まずは自分の両親や家族、親戚、友人が自分に何を望んでいるかを知ることが大切です。

 

自分を縛る鎖を明確にして取捨選択するための基準は、「これまでの自分」ではなく「ゴール側の自分」となります。

今回の場合だと「両親が望む自分を演じていたから」という結論に至りました。

だけどその鎖はゴール側の理想世界に必要ないモノですし、両親が望む自分を演じた結果、体調を崩したので(実際かなりひどいメンタルの状態でしたが、今ではいい感じになっています)、本人の中で自分を縛る鎖を外すことにしたそうです。

 

「今までの自分をまるごと捨てる」から人生が変わる!プロコーチが教える自分を変えるコーチングのコツでも解説しましたが、こうして「今までの自分」を手放していくことで、思考パターンを変えることが出来るようになります。

思考パターンを変えるということは、認識出来る情報を変えると言うことであり、行動パターンを変えると言うことです。

実際に自分を縛り付ける鎖を外したことで、何年も望んでいたゴールに向かって画像でシェアしてる事以外にもいろいろな行動をされてますし、着実に現状を変えることが出来ています。

 

まずは意識にあげることから始めていこう

ここまでお伝えしたように、「行動に移す必要は頭では分かってるけど実行に出来ない」のは、気合いや根性がないからではなく、マインドに原因があります。

 

現状ではなくゴール側の世界を基準として、「自分にとって本当に必要としてるゴールなのか?」「自分に制限をかけてるbeliefsystemは何なのか?」など、現状把握が正しく出来てないからこそ、原因が分からず打開策を作れないわけです。

意識出来てる部分だけを変えようとしますが、僕達は無意識が大部分を占めてるので、分かってる部分ではなく分かってない部分を変えることがとても大切です。

 

意識だけで何とかしようとするのではなく、無意識的な思考パターンを丁寧にデザインすることが、現状を変える第一歩です。

特に自分を縛り付けてる鎖であり、思考パターンです。beliefsystemを変えることが具体的な行動よりも先にやるべきことです。

つまりマインドを変えることが現状を大きく変えることになるというわけです。

 

何を達成するかは、ほとんどの場合、何を信じるかによって決まります

アファメーション ルータイス著p37

自分にとっては当たり前すぎることを丁寧に吟味して、信じてることを取捨選択して、自分の無意識の影響を受けていたことに気づけば、枷が外れるようにすんなりと行動に移せるようになります。

数年かかっても外せなかったマインドブロック、自分を縛り付ける無意識の鎖を、数ヶ月や数日で外せるようになり、慣れてくれば自分を束縛している鎖を外すのが楽しくなってきます。

その結果、自分を制限する無意識の妨害がなくなり、自分が望む理想世界を主体的に選択出来るようになります。

僕達はどんどんコーチングを実践して自分を縛る鎖を外し、変えるべき部分を変えて、何年も足踏みしていたゴールや新しいゴールの世界へと進んでいきましょう。世の中は可能性ばかりですし楽しいですよ。

以上、親が望む自分を演じ疲れた事に気づき変えたら何年も望んだ夢に向けて動けるようになった…でした!
森昇/Shou Moriより

→次のフィードバックはこちら:自分を縛る過去の価値観を捨てたことでやりたい事が次々出てくるようになりました

 

コーチングサービス、クライアントさんの声をみてみる

追記:LINEマガジンをはじめました!

「コーチング視点を身につけてマインドと人生をアップデート」をテーマにしたLINEマガジンをはじめました!

ブログでよく聞かれる仕事や職場の人間関係の悩みやコーチングの実践ポイント、ビジネスのことなどを体系的にまとめて発信しています。

無料でバンバン良質な情報を流しますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

▼いつもシェアありがとうございます!今回もぜひ▼

着実にマインドの使い方を身につけるコーチングサービス

誰にも相談できずに、ずっと一人で抱えている「職場の人間関係のストレス・仕事の苦しさ」「自分には何もない、この先どうなるのか?と将来の不安で悩む毎日」「変わりたいけど変われない自分への憤り」「他者と比べて落ち込む劣等感マインド」を、最短4回〜9回のセッションで解消して、『人生を切り拓くマインドの使い方』を森昇に直接会って修得したい方へ


あなたが手にするのは人生が変わる圧倒的な「体感」と「確信」。

ABOUTこの記事をかいた人

森昇/Shou Mori

『あなたを仕事の苦しみ・職場の人間関係のストレスから解放する』マインドコーチ:森昇/Shou Mori 誰にも相談できずに、ずっと一人で抱えている「職場の人間関係のストレス・仕事の苦しさ」「自分には何もない、この先どうなるのか?と将来の不安で悩む毎日」「変わりたいけど変われない自分への憤り」「他者と比べて落ち込む劣等感マインド」を、最短4回〜9回のセッションで解決し、自分と未来に誇りと確信をもって幸せに生きるための『人生を切り拓くマインドの使い方』を修得させるプロフェッショナルとして、マインドコーチングを提供しています。岐阜県生まれ岐阜在住。
⇒詳しいプロフィールはこちら!

⇒LINE@で相談等する