嫌々働いてた会社員時代を思い出して、能力は自己イメージが決めてる話

こんにちは、森昇/Shou Moriです!

 

自己紹介にも書いてますが、2015年までの3年間、ぼくは「このままで人生いいのだろうか」と葛藤を感じながら、憂鬱な気持ちで仕事をしていました。

「次の日を考えると夜も眠れない」という言葉を聞いたことある人もいると思いますが、ほんとその通りですよ。

 

なぜならぼく自身、

  • 未来に希望が全く持てずモヤモヤしていたし
  • 職場の人間関係のストレスがきつくて、仕事の事を考えるだけで気分が落ち込んでたし
  • 「じゃあ会社を辞めればいいじゃん」と言われても、「そうはいっても辞めた後の事が分からないから辞めようにもやめられないんだよなー」と、身動きがとれない

状態だったんですよね。

 

そのくせ、上手くいってる人のことを妬んでました。

「年収が上がっても、好きな仕事をしても、幸せにはなれんよね」と、不満ばかり言ってるけど行動しない自分を正当化してました。

まさしくルサンチマンであり、すっぱいぶどうの話にでてくるキツネ状態でした。

 

だけど、本を読む中でコーチングに出会い、「自分が悩んでる問題は、マインドの使い方が間違っているから」と知り、2016年から本格的に学んで実践をした悔過、4か月後に会社員を辞めて独立しました。

 

この記事を書いてるのが2019年の4月なので、今年で独立4年目となります。

今ではコーチングの活動を中心にいろんな分野で仕事をしていますし、やりたい事しかやらない毎日を送ってますが、会社員時代を思い出して実感するのは、、、

自分のセルフイメージでどんな能力を発揮していくのかを自分自身で決めてるんだなぁ」ということです。

 

嫌々働いてた会社員時代を思い出して、能力は自己イメージが決めてる話

憂鬱な気分で働いていた会社員時代は、

与えられた仕事だけをこなし、

めんどくさいことには首を突っ込まず、

とはいえ仕事にストレスと不満だらけの毎日

をおくっていました。

 

上司から言われてこと「だけ」は最低限やり、「メンドクサイことは誰かがやってくれるだろう」と思って放置していたり、一秒でも速く退社したいがために、ホントはやらないといけない仕事も、知らないふりをしていました。(文章だけ見ると最低ですね)

 

なぜなら、「責任のない従業員なんだ」というセルフイメージを持っていたからです。

「毎日言われたことだけやってればお金もらえるから、頑張らなくてもいいや」と思って、適当に仕事をして適当に満足をしていました。

 

そして会社員といえどもアルバイト雇用だったので、「頑張りますけど、責任は正社員の人達がとってくださいね」ってスタンスでした。(正確にはアルバイトだけど週40時間以上働けるように、社会保険がついてる契約です)

 

我ながらクソだなぁと思います(笑

 

だけど、正しいマインドの使い方を身につけてからは、嫌々働いてた時とは真逆になりました。

積極的に仕事を創ったり、ゴールと合致していれば自ら進んで仕事の依頼を受け入れたり、たとえ上手くいかなくても人のせいにしなくなりました。

「自分がしんどい思いしてるから、ちょっとくらい横柄な態度取っていいでしょ」と思って、家族や友人にキツク当たったり自己中な振るまいをしなくなりました。

 

下衆い人間から、親しみを持てる人間に、180度変わったわけです。

 

今は能力やスキルはないけど、自分なら出来る」というセルフイメージを持っているので、確かに何度も試行錯誤をして失敗もするし、予想よりもうまくいかない時もあるけど、最終的には能力もスキルも手にいえることが出来ています。

 

 

最初はブログも一文字も書けなかったし

メルマガも書けなかったし

セミナーやイベントの告知もできなかったし

セミナーでお客さんに納得ができる内容を提供できなかったし

Youtubeも四苦八苦してやっと一つの動画を投稿出来たり

サービスメニューのクレジット払いの手続きも自分で調べながら何日もかかったり

ワードプレスでブログも作った事なかったけど

全部出来るようになりました。

 

間違いなく会社員の時のマインドでは達成できない事でも、正しいマインドの使い方を身につけ、セルフイメージを変えただけで、想像が出来ないくらいの力を発揮することが出来ているわけです。

 

そんな感じでぼくは「セルフイメージが自分の能力を制限しているんだなぁ」と実感していますし、セッションを通してサポートさせて頂いてるクライアントさん達も、セルフイメージがどんどん変わって、最初の頃とは別人になってるんですよね。

「いやいや、最初の頃の悩みはどこいったの?」と、当時悩んでたことがどうでもよくなるくらい、未来思考になってるし、未来を確信できるセルフイメージになってるから、

「いま出来なくても、出来るようになればいいか」

「達成方法わからんくても自分なら何とかしてるでしょ」と、

前向きに考えられるようになってるし、僕が知らないうちにどんどん問題を解決しているんですよね。

 

僕達には間違いなく、自分に対するイメージによって自分の能力を制限している部分はあるわけですが、それを書き換える術を身につけたことで、自分の限界値をどんどん広げることができてるんですよね。

なのでホントに、「僕たちの現実は自分が持ってるセルフイメージ通りに具現化しようとするんだな」と日々実感してます。

 

まずは理想の自己イメージを決めてなりきる

なので現実を変えたいなら、「自分の理想とするイメージを徹底的に妄想をしてなりきって、創り上げていく」と、現状を変える突破口になるので、どんどん妄想をして自分の最高のイメージを作ってみましょう。

どんなことでも、最初は妄想から始まります。「こうなったらいいな」とニヤニヤすればいいんです。

そこには他人の目線や評価、物事のつじつまを無理やり合わせる必要ありません。

 

「自分がどうありたいのか」

「自分がどんな人間になりたいのか」

出来る出来ないは関係ありません。だって妄想ですから。

 

妄想は遊びです。だからこそとんでもなく場違いでも、自分らしくなくてもOKです。

 

全ての意味ある永続的変化は、内側から始まり外側へと広がる 

コーチング元祖のルータイスの言葉ですが、自身のセルフイメージの妄想からあなたの変化は始まり、思考となり、具体的な方法となって現実世界に現れてきます。

 

自分の理想を叶えるのは、「空腹になったときに、お腹を満たすイメージをして、実際に定食屋を探す」のと要領は同じです。

いま真剣に悩んでる問題を解決するのは、そこまで難しくありません。ただ僕たち自身が「その問題を解決するのは難しい」と思い込んでるだけです。

 

あなたは、どんなセルフイメージで毎日働いていますか?

自分がもってるセルフイメージ通りに現実が動きます。

 

もし憂鬱な気分で働いているのであれば、コーチングを取り入れて、セルフイメージを書き換えて、楽しく仕事をしてほしいと思います。

下衆い働き方をしてた僕でさえ変えることが出来から、ここまで読んでくれているあなたなら、絶対にできますよ。

マインドを変える事は焦らなくて大丈夫なので、地道に変えてきましょう。

 

以上、嫌々働いてた会社員時代を思い出して、能力は自己イメージが決めてる話…でした!
森昇/Shou Moriより

 

セルフコーチング実践上達への道
★セルフコーチング実践入門ロードマップ★ 

▼いつもシェアありがとうございます!今回もぜひ▼

仕事の苦しみ・職場の人間関係のストレスする
マインドコーチング受付中!

誰にも相談できずに、ずっと一人で抱えている「職場の人間関係のストレス・仕事の苦しさ」「自分には何もない、この先どうなるのか?と将来の不安で悩む毎日」「変わりたいけど変われない自分への憤り」「他者と比べて落ち込む劣等感マインド」を、最短6回〜9回のセッションで解消して、『人生を切り拓くマインドの使い方』を森昇に直接会って修得したい方へ


※定員になり次第、恐縮ですが6ヶ月お待ちいただくか募集終了となりますので今すぐご確認ください。

ABOUTこの記事をかいた人

森昇/Shou Mori

【『あなたを仕事の苦しみ・職場の人間関係のストレスから解放する』マインドコーチ】
東証一部上場企業を新卒入社後10ヵ月で退職→転職先を1日で行けなくなり辞める→人間不信になり2ヶ月引きこもった後、3年間フリーターとして働く→コーチング&ビジネス実践しまくる→3か月で独立して、やりたいことだけする生活を送っている。岐阜県生まれ岐阜在住。

⇒詳しいプロフィールはこちら!

⇒LINE@で相談等する