森昇がコーチングの継続を望まない理由は僕の後をついてきてほしいと思ってないから。

こんにちは、森昇/Shou Moriです!

 

コーチはクライアントさんやスクール生とは上下関係ではなく対等であるべきだし、それは絶対にぶらしたくない部分でもあります。

そしてコーチングセッションで心掛けてることは、「コーチの事を忘れるくらいゴールに没頭してもらう」という事です。

 

森昇がそばにいなくても、彼ら自身で人生を切り拓けるようになることです。

つまり「セッションを継続させない」という事ですね。

ふつうは「いかにリピーターになってもらう」ことを意識しますが、僕はその逆を意識しています。

 

コーチとクライアントの関係性を維持してリピーターにする考え方って、コーチングの生みの親である故ルータイスの信念に反するわけですよ。

「私の後ろを歩かないでください、私はあなたを指導しているのではないのだから。私の前を歩かないでください、私はあなたに従いたいのではないのだから。私の隣を歩いてください。ただ、私の友人になってください。」

私が言いたいことも、これと同じです。

私についてきてほしいと思っていません。

もちろん、あなたについていきたいと思っていません。

ダイアンと私は、あなたが影響力を身につけ、私たちとともに歩き、友人になってほしいと願っています。(p416-417

 

たしかにセッション中にビジネス理論を学びたいという方にはFCMメソッドについて「まぁゴールから考えて必要だったらどうぞ」とアナウンスしています。

各々のゴールから考えて知識と技術を得る必要があれば、森昇という機能を使えばいいと思います。

万が一の事を考えて契約終了後も連絡を取れるフォロー体制をとっていますが、コーチングでビジネスをしたい時に忘れてはいけない視点と自立・自律・主体性を促すことに機能を果たすことの大切さに書いてるように、契約期間中に結果を出すことにコミットしています。

 

というか一人の人間として接するなら、なあなあな関係性を維持し続けるより、

ある程度期間を決めてお互いを高め合ったほうが絶対に楽しいし、

依存関係って優越感は得られるかもしれないけど、コーチ側にとってもメンドクサイと思うんですよね。

 

コーチングを使うということは自分で人生のハンドルを握ること

コーチングを使うとはどういうことか?というと、自分を拠り所にして自分の生き方を決めることです。

だれかに正解かどうかを求めるのではなくて、自分の人生を主体的に生きることがコーチングを使うという事です。

 

だからこそコーチは、契約期間内にクライアントさんが自分の人生のハンドルを握って行動出来るようにマインドを整えるべきだと考えています。

 

継続をお願いされるようではコーチとして二流

僕もコーチングスクールでガッツリ習いましたが、その時に「もしクライアントに継続したいとお願いされるなら、コーチとしてのスキルは二流だからね」と何度も言われましたし、実際にセッションを重ねて真剣にやり取りを繰り返す中でそのように実感しています。

 

それにコーチングの生みの親である故・ルータイスも書籍アファメーションのあとがきでこう書いています。

「私の後ろを歩かないでください、私はあなたを指導しているのではないのだから。私の前を歩かないでください、私はあなたに従いたいのではないのだから。私の隣を歩いてください。ただ、私の友人になってください。」

私が言いたいことも、これと同じです。

私についてきてほしいと思っていません。

もちろん、あなたについていきたいと思っていません。

ダイアンと私は、あなたが影響力を身につけ、私たちとともに歩き、友人になってほしいと願っています。(p416-417

 

僕のミッションは「自由意識で自分なりの幸せ・価値基準で生きる人を育てる」です。

自立と主体性を育てる事をミッションとしてる人が、コーチがいないと行動できない人を育ててはいけないと考えています。

コーチとしては次がないのでプレッシャーが半端ないですね。

だけどそういうヒリヒリとした環境に身を置くから、コーチとしてクライアントさんの機能を果たすことができるし、コーチ自身退路を断つわけだから日々学び続けたり使いつづけることが当たり前になり、コーチ自身のマインドも大きく変化します。

 

最近の話で言えば、二十数年間の生魚&刺身嫌いというなのトラウマを克服できました!

詳しくはコーチングが人生の主役になってない?大事なのはあなたがどう生きたいか?だよ!に書いたので参考にしてみてください。

 

コーチとして機能を果たしたいならひとつの理論や方法にこだわるな

なのでクライアントさんの機能として果たすなら、僕は一つの理論や方法論にこだわってはダメだと考えてるし、

以前コーチを目指してるクライアントさんから「コーチング以外にも学んでいいのでしょうか?」と聞かれたけど、好奇心のままにどんどん手を伸ばせばいいんですよ!

 

なぜなら100%絶対普遍で完璧な理論は存在しないからです。

風邪を治す時に、注射を打つのか、薬を飲むのか、葛根湯を飲むのか、安静にするのか、座薬にするのか、ウェイトトレーニングをするのか、、、方法はいろいろあります。

ボクシングであれば、ジャブだけじゃなくて、ストレート、アッパー、フック、クロスカウンター、ボディブローなど、ダウンさせる方法がいろいろあります。むしろジャブだけだと相手に秒殺されるはずです(笑)

それは再現性を重視しているコーチング理論にも言える事で、全てを理論に当てはめて考えるのではなくて、コーチは理論は抑えつつ、クライアントさん自身に合わせてアプローチを変えるべきです。

 

つまりコーチとして機能を果たすならひとつの理論や方法にこだわっては、クライアントさんの変革の可能性を狭めてしまうし、

「薬飲んだんですけど風邪が治らないんです、、、」

と定期的な通院に来るように、

「コーチングの効果がいまいち実感できないので、継続コーチングお願いしてもいいですか?」

となってしまうということです。

 

それはコーチとしての機能を果たしてるとは言えませよね。

 

というわけで最後にもう一度ルータイスの著書アファメーションのあとがきを載せておきます!

私にはみなさんのサポートが必要です。私を助けてほしいのではなく、あなたの周囲の人を助けてあげてほしいのです。

私の友人で、平和創設部隊のきっかけとなったアレックス・ディクソンが、1994年に無くなりました。

生前、私の師になってほしいと彼に依頼しました。

すると、「君のレースはきつすぎる。全工程を一人で走ったらきっと死んでしまうよ。リレーだと考えるといい。できるかぎり一生懸命走ったら、あとは次の人にバトンを渡すんだ」と言いました。

私は”バトンを渡す”ためにこの本を書いています。

あなたにバトンを渡し、あなたの脚で愛のためにレースを走ってほしいと願っていますーコミュニティ、職場、家族、協会などで活躍してほしいのです。

私だけではすべてのことはできません。もちろんあなただけでもできません。

でも、みなさんと私は強力すれば、さまざまなところで始めた小さなことが、やがて大きくなるでしょう。

周囲の人にもバトンを渡してください。周囲の人から「どうしたらあなたのようになれるのですか?」と聞かれるような人になってください。

そして「こうすればいいんです」と答え、多くの人から真似されるような人になってください。

(中略)

「私の後ろを歩かないでください、私はあなたを指導しているのではないのだから。私の前を歩かないでください、私はあなたに従いたいのではないのだから。私の隣を歩いてください。ただ、私の友人になってください。」

私が言いたいことも、これと同じです。

私についてきてほしいと思っていません。

もちろん、あなたについていきたいと思っていません。

ダイアンと私は、あなたが影響力を身につけ、私たちとともに歩き、友人になってほしいと願っています。(p414-417

ルータイスと同じで、僕もあなたに依存ではなくゴールに邁進する事を望んでいます。

なので「もりしょーさんのコーチング受けたら変われますか?」という依存マインドの人はお断りしています。

なぜならあなたの人生の主役はあなたしかいないからです。

 

「私の人生をより良くしてゴールに邁進できるように手助けをしてくれ!」と心の底から手助けを望む人に対して、時間を惜しみなく使いたいです。

「自由意志で自分なりの幸せ・価値基準で生きたい!」と強く望み、現状を打破したい人と一緒に歩んでいきたいです。

あなたはどういう信念を持った人ですか?

​これから、どんな信念をもっていきたいと願っていますか?

 

コーチとクライアントさん、スクール生は上下関係じゃなくて、対等であり、自立・主体性から考えると依存させてはダメです。

相手を一人の人間として接しましょう!

 

以上、森昇がコーチングの継続を望まない理由は僕の後をついてきてほしいと思ってないから。…でした!
森昇/Shou Moriより

 

セルフコーチング実践上達への道

正しいマインドの使い方をマスターして、人生をもっと楽しく生きたいあなたへ

★セルフコーチング実践入門ロードマップ★ 

▼いつもシェアありがとうございます!今回もぜひ▼

マインドをアップデートする動画コンテンツで週1配信。詳しくは下のリンクから登録してください。

→詳細が気になる方はこちらをクリック

パーソナルコーチング

私が「コーチングを使って、好きな事だけする人生を生きる!」と言った時、みんなに笑われ否定されました。

でもコーチングを実践し続けて、生き方そのものを変えると、、、

あなたも、今の悩みを全て解消しながら、未来に確信が持てるようになり

100%Want toで自由に楽しく生きるマインドを手に入れたくありませんか?



ABOUTこの記事をかいた人

森昇/Shou Mori

のべ数十万人に読まれてるブログの著者&YouTubeチャンネル運営者。岐阜県生まれ岐阜在住。社畜奴隷解放クリエイター。マインドコーチ、中小企業コンサルコーチ、陸上短距離100m200m実業団・プロ・指導者向けの専門マインド&テクニカルコーチ、プロコーチ養成講座の講師とサポートなどしてます。
⇒詳しいプロフィールはこちら!

⇒LINE@はじめました!